元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ハンドクリーム万能説
 秋冬に備えて買ったハンドクリームですが、薬用で一番刺激の少ない、余計なものは何も入っていない最低限の物を選んで買っても、毎年余らせるわけです。(無駄なし度で言えば年がら年中使えて安心のワセリンが一番なわけですが、冬は固まるので致し方なく。)
 そりゃなるべく肌には何も付けずに越した事がないと思ってるから、消費も進まんわけですが…。

 まぁ大体毎度冬の終わりに駆け込みでガンガン消費に努める事となります。シーズン越して保管しようとは思わないのね。
アトピー的な手荒れ部分以外の手の保湿は勿論、ボディのカサつき、顔にも塗っちゃう。
そうすると専用品よりも何故かしら調子良く肌が仕上がっちゃう事に気づいた。ボディクリームも美容クリームも要らんぞこれ…。(なおニベアにあらず。かつアトピー的な部分には相変わらず刺激になるのでこちらはワセリンが基本。)
 極めつけは髪の毛にも。
アウトバストリートメント的に使うと、これもトリートメント要らずにするっするになる。
こいつ一体何なのさ…。
(結局の所、シリコンの効果じゃなかろうか―と思ったら別にシリコン系入ってなかったわ。)

 べた付かない点ではワセリンよりいいかもです。オールマイティにいけるし。
これでアトピー部分にさえ刺激が無ければ、もうこの一品で年中過ごすのに…。結局ワセリンは別途必須かぁ、ちぇっ。
 あ、あとハンドクリームは革製品の手入れにも使えちゃったりもします。結構万能なんだなぁと感心しちゃいました。ワセリンみたく家具のお手入れも出来たり…はどうなんだろうな。