元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
民間防衛

 byスイス政府。
またとんでもない本を読んでいます。
 これね、スイスが国民にいざって時はこうして生き抜け!と教えるために作ったのですよ。
だから『都市型サバイバル』が学べる本なのです。
…なんと。
 大自然の中のサバイバルとは違って、都市型と言うの、より役に立ちそうじゃありませんか?

 とは言えこれは国として一致団結、機能して行こうと言ものですので、個人で生き延びるものというよりは、いざという時に国民全員が知るべきお約束が書かれている形です。
これねぇ…日本も欲しいわ。
 スイスは侵略せねど無抵抗ではない、徹底抗戦すると言う国ですので、有事(自然災害だけでなく)には国からの連絡がどこへ行き、どう伝搬され、お近くのどこどこに通達が行きますとか、こういう人はこういう役目を果たす事になりますとか。
そうだよなぁ、こういう事は先に徹底しておかないと、連絡が断たれて烏合の衆になるのが大打撃だもん。

 勿論備蓄の事やなんかも書かれますが、火災の時の消火の仕方(屋根裏が燃えた場合とか、場所により説明。扉を閉めたままとか、事細か。)や放射能に汚染された時の対処法など、身を護る事に徹底して頁が割かれています。
本当に、日本もこれ、作って国民全員に配るべきだよ。
 果ては混乱時に、何の情報を信じるか。
敵の偽情報を見極め、安易に内側から崩される様な国になるなと、もうシビアな、でもそんな事まで想定に入れている事に本気度を感じた。
 これだけするのにはいろいろ設備も足りないけど、有事を知ると言う普段からの心構えが何よりも大事だなと思いました。
情報や知識こそが身を救う。