元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
日本って、大変!?「国際」的な高校の青春事件簿

 日本語の授業的なエッセイを思い出した…。
 この本自体も、生徒は高校生ですが、日本語を教える先生の面白い、また文化の相違を感じられる外国文化の子供たちとのエピソード集です。
まぁ、昨今ありがちなテーマで、ネットでもよく見る話です。

 ただ、日本語を知らない人に日本語を、『日本語以外の言語で』説明出来なきゃ日本語は教えられませんと言う当たり前のジレンマが、よーく解りました。
 語り手である先生(著者)は、日本語を深く理解しようとする段階で、どうしても英語もペラペラにならなければいけないと言う外から見れば笑える(本人当惑の)状況で生きています。
 逆も然りで、生徒たちも苦労します。
母国語以外を覚える、教わる、教えるって、大変な事なんだなぁと感じました。
 …大体日本人ですら日本語を正しくなんて教えられないもんね。グラマー始め謙譲だの丁寧だの、怪しいもんだよ。

 あとは文化の違いで、『貴重品』と言う概念をイコールお金だと思っているのは日本人だけで、他は貴金属(お金などただの紙きれであり、国が無くなれば意味がない物質に過ぎない)だの、親の形見だの、水だの、自分が大事にしている何かだの…成程、説明しづらい、そしてそれを選んだ子等に、否定も出来ない秀逸なエピソードだなぁと。
 もう一つ、本の感想文で短く『死』について書く子に手抜きじゃないかと疑って探りを入れてみると、その子の国は殺し合いだらけの国で、そこにいる誰よりもその子が一番死を身近に体験していた事が解ったとか、あるいは国の教育によって感想文すら『世間が喜ぶ答え』で書き上げてしまう子達がいるとか。(その国の子等は皆が同じ内容の感想文を、示し合わせてもいないのに上げて来る。)
 その子たちは、感想文と言うものが『自分の』感想だと言う概念自体がなかったようで、国家単位での思想教育の成果を見せつけられ、著者さんは怖かったそうです。
 ここら辺はただ単に面白おかしく語ればいいと言う異文化エピソードエッセイとかとは違い、ちょっとドキッとするエピソードで読み応えがありました。