元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
単行本ここまで読んだよ自分用メモ6
ONE PIECE 巻50 (50) (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻50 (50) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

テニスの王子様 42 (42) (ジャンプコミックス)テニスの王子様 42 (42) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
許斐 剛

商品詳細を見る

金色のガッシュ!! 33 (33) (少年サンデーコミックス)金色のガッシュ!! 33 (33) (少年サンデーコミックス)
(2008/06/18)
雷句 誠

商品詳細を見る

犬夜叉 53 (53) (少年サンデーコミックス)犬夜叉 53 (53) (少年サンデーコミックス)
(2008/04/18)
高橋 留美子

商品詳細を見る

 今回は完結物が多く。
テニプリはまあ、不満足すぎるラストと言うか…早期から話としては成り立ってないしな。
キャラだけで読むんだから、最終話らしい全員のキャラにも焦点を当てて欲しかった。(無茶言うなあの人数w)
おまけが小説って、それもあれだし、歌詞丸ごと漫画に挿入もあれだ。これ以上語るまい。
 逆にガッシュのラストが文句なしだったわ。
シェリーとブラゴにうるっときた。
…会えないラストが花なのかなぁ…。
 犬夜叉も単行本は後何巻かな?気になるところで終わってます。最近殺生丸が保父さんにしか見えん…。(笑)
 ワンピースはどうして嫌いなキャラがいないんだろうと言うくらい、人間的に惚れるのばかり集まってくるのかね。
この人の漫画のドラマ性は設定も含めて神。
絵柄はいつまでも慣れないけど、スタイリッシュではある。^^;

e_02.gif
↑久しぶりに漫画読んだ。ならワンクリック♪
夜のジンファンデル
夜のジンファンデル夜のジンファンデル
(2006/08)
篠田 節子

商品詳細を見る

 暗いよ湿ってるよ薄ら寒いよ。
何かもう篠田節子を梅雨時に読むのはやめておきなさいよって言うくらい、知りすぎた。(爆)
あーこの人、こういうカラー以外は書かんのね。というか、何書いても篠田色。拍手物。
時々読むにするが吉かもなぁ。独特の世界観が見事すぎて、引きずられるもん。
岩井志麻子と言い、女ってじっとり系ホラーが美味いよね。
 ちなみにジンファンデルとは葡萄の事でした~。

e_02.gif
↑ほほぅ。ならワンクリック♪
入浴剤281 5つの美湯 すべ☆うる・もっちり スキムミルク(ミルク)
n-279-283.jpg

 正しいミルクの匂い。スキムミルクスキムミルク。
ただし…

何で色が薄黄色?!(ノ ゜Д゜)ノ = ┻┻

そこは白だろ!乳白色だろ!
思ったよりすべすべにはならず。ミルクがもう少し濃厚であれば…。
★まとめ
色・薄黄色
ファーストノート・ラストノート・スキムミルク
湯・潤い感じず。微妙。

e_02.gif
↑まあ、デイリーだし。ならワンクリック♪
入浴剤280 5つの美湯 すべ☆うる・しっとり フコイダン(ティーツリー)
n-279-283.jpg

 あれ?表示はつるつるとかなんとかだったはずなんだけど…??しっとり?はて。
今の今まで『フコダイン』だと思ってた。
フコイダン…何ですか?それ。
ティーツリーも何だっけという感じ。
で、しっとりなのかつるつるなのか、どっちだ。(どっちの効果もない)
 匂いは白樺系でした。
 色は粉は濁った灰緑色なのに、溶かすと紫と言う驚くべき変化。
袋が黄緑なのに、紫て…。
珍しく色が濃いです。特に語るべきはなし。
★まとめ
色・濃い目紫
ファーストノート・ラストノート・最後まで白樺。結構強く匂う
湯・変化無し

e_02.gif
↑さすが視力悪。ならワンクリック♪
入浴剤279 5つの美湯 すべ☆うる・うるすべ コエンザイムQ10(スイートシトラス)
n-279-283.jpg

 暑い時は爽やかにねー。
うーん、思った以上にいい匂い!
甘いけど爽やかな。
 色は黄色透明。
 やっぱり粉は少ないんだけど、さっぱり入れます。
コエンザイムが入ってるかどうかなんて微塵もわからんけど。
★まとめ
色・黄色
ファーストノート・ラストノート・甘く爽やか
湯・普通

e_02.gif
↑大概効果なんて一回でわからんけどね。どんなのでも。ならワンクリック♪
猟奇の社怪史
猟奇の社怪史猟奇の社怪史
(2006/05/22)
唐沢 俊一

商品詳細を見る

 うーん、猟奇事件ファイル。
…やっぱりどう社会派的に読んでも気分の悪いもんは悪いわ。
自分の精神状態でこういうの平気な人でないと読むべきじゃないね。
元々子供の喜びそうなハッピーエンドで陰的要素のない話が好きなくせに、読んじゃうんだよなぁ~。
 別に残酷表現があるとかでなく、事実ありのままの事件を並べているんですけど、やっぱり想像が横道に入ると胸糞悪い。
事件そのものもですが、犯人とか、付随したいろいろが。
まあこういうのに嫌悪感があるうちは、社会的に一定以上の精神衛生を保っているとみてもいいのかな。『シラカワノ~』も問題だけどさ。
人格柔和だけどこういうのが趣味と言う人もいるのも確実だし。
そういう人たちって、精神タフねぇ…。(素直に感嘆。)
 おっと、なんか本の感想とはズレたな。
入浴剤278 溶岩風呂入浴料
n-278.jpg

●鹿児島県桜島の火山灰使用。
●レモンジンジャーの香り。

…珊瑚が産卵した海かと思った。(っていうくらいに灰が漂っている。)

最初これも溶ける成分かと思い、一生懸命掻き回してたよ。書いてくれって…。OTL
 レモンジンジャーの香りは粉の時しかわずかにしませんでした。入れると散る。
 汗はまあ、じんわり掻く感じでしょうか。
特たる効果を覚えず~。
 色は淡いイエローオレンジ。
★まとめ
色・淡いイエローオレンジ、透明
ファーストノート・わずかなレモンジンジャー
ラストノート・匂い飛びます
湯・緩やかな発汗

e_02.gif
↑ゆっくりがお奨め。ならワンクリック♪
入浴剤277 5つの美湯 つや☆ぴか・すべすべ 酒粕エキス(モモ)
n-273-277.jpg

 モモ…?にしてはさくらんぼとかに近いかな。ちょっと甘酸っぱいの。
ピンクはピンクなんですが。
酒粕と言うのでもっと潤うかと思いきや、まあちょっと湯質がオイリーなだけで終わる。あらら。
残り香は強いです。
★まとめ
色・濁りピンク
ファーストノート・甘酸っぱいさくらんぼ
ラストノート・強い残り香
湯・若干オイリー

e_02.gif
↑うん、まあ可愛い仕上がり。ならワンクリック♪
入浴剤276 5つの美湯 つや☆ぴか・つやつや コラーゲン(ジャスミン)
n-273-277.jpg

 『お肌よろこぶシリーズのコラーゲン』はヤバイと聞いていたけど、アソートだからついてきたね!(笑)

除虫菊は当たり外れの確率がおおむね外れの方向性なんですが(ry
 で、問題の匂いなんですが…あれ?普通??(==;
ていうか、これは本当にあのコラーゲンなのか?
普通にけっこういい花の香り。(爆)
しかしジャスミンにもあらず。
バター系の匂いしないし。
 とりあえずジャスミンが青と言うのは納得はいきません。(笑)
コラーゲンも、勿論不明~。
★まとめ
色・透明青
ファーストノート・ラストノート・ジャスミンでない、ちょっと甘い花の香り。
湯・普通

e_02.gif
↑地雷じゃなくて良かった。ならワンクリック♪
雨毒
雨毒雨毒
(1998/11)
黒岩 重吾

商品詳細を見る

 黒岩重吾氏。
ベテランだし、文章が安定しすぎていて純粋に話の筋だけに集中しちゃうなー。
 ていうか、どの筋も似てね?(--;
基本風俗女性と初老作家のいろいろ。設定は違うんだけど。
 短編集なのでさくさく進みますが、さすがに何本か目でちょい胃にもたれる感じ。
うーん、そういうテーマ、モチーフ集なら仕方がないが。
 私としては短編集はテーマ・イメージで分けてもらわんでも、違う風味でいろんな味を楽しめる方がいいなぁ。
ま、これはその作者を良く知らん時に有効だよね。
その作者の風味をすでに知っていて、その味だけが好きならこれでいいんだけどね。
 篠田節子氏に続き、じっとりとした本が続くよ。^^;梅雨にぴったり?(苦笑)
入浴剤275 5つの美湯 つや☆ぴか・つやきら アロエ(ミント)
n-273-277.jpg

 うーん、ミント。なんだろう、いつも感じる歯磨き粉以外にちょっとお菓子っぽくも思ったな。
とは言え、ミント。
爽やかでアロエの部分は全くわからず。
 色は綺麗なグリーン。透明。
他に語るところないなぁ。
★まとめ
色・透明グリーン
ファーストノート・ラストノート・ミント
湯・変化無し

e_02.gif
↑ま、ミント自体特徴ありすぎだしね。ならワンクリック♪
入浴剤274 5つの美湯 つや☆ぴか・うるつや セラミド(マリン)
n-273-277.jpg

 げふげふげふっ。どこまでも

マリン!!

すげー、香水のマリン系と寸分違わぬマリンだわ。(´Д`;)←好きでない。
しかし製品としては褒めとくぞ。
 綺麗なグラデーション透明青になるし。
 ただ、セラミドって…何?
原材料にも書いてなくて、何がセラミドなのか混乱した。
 感じとしてはさらっと、キュッと、かな。湯質は。
★まとめ
色・透明青
ファーストノート・ラストノート・最後までマリン。
湯・若干ギュッって感じ。

e_02.gif
↑まあ、いける。ならワンクリック♪
入浴剤273 5つの美湯 つや☆ぴか・つるるん パパイヤ酵素(オレンジ)
n-273-277.jpg

 開けるとオレンジの甘い香り♪
お、これは当たりか~…と思っていたら、

なんで解けてからあの独特の苦味な匂いが出てくるのさ?!(ノ ゜Д゜)ノ = ┻┻

こ、これは除虫の某入浴剤と一緒!ヒキまくったあの匂いと一緒!!(それよりは水っぽく薄められてはいますが。)
ち…っ。
 色は薄いオレンジ。ていうか粉が足りんよね。
酵素の効果はギリギリで肌がギュッとなるのがわかるくらい。
くー…このシリーズ、ジェットコースターだよ。(--;
★まとめ
色・薄すぎオレンジ
ファーストノート・甘いオレンジ
ラストノート・なんだこの苦味
湯・肌は多少ギュッとなる

e_02.gif
↑今日からこれで。ならワンクリック♪
奇怪動物百科
奇怪動物百科 (ハヤカワ文庫 NF (299))奇怪動物百科 (ハヤカワ文庫 NF (299))
(2005/06/23)
ジョン・アシュトン

商品詳細を見る

 いきなり『人間』の項目から始まるので借りてしまった。(笑)
ほとんどファンタジーの産物の動物名なんだけど、そうじゃないのも混じっているのがミソ。
知らない名前、多いなぁ~。
単純好奇心から。
 にしても、意外と学術的というか古典を網羅していて、読むのが辛いページも多く…。(==;;
うん、好きなところだけ読むがいい。(ぇー)
 ちなみに原書がえらい高いんですけど、文庫本だとこんなに安いのは何故??
ピーターと影泥棒・下
ピーターと影泥棒 下 (3)ピーターと影泥棒 下 (3)
(2007/06)
デイヴ・バリーリドリー・ピアスン

商品詳細を見る

 前の話と比べてよりハラハラ感が増している。
どうしても舞台が何でもありの無人島でなく、秩序ある街の中でだからかなぁ。
善意のしがらみとか、そういうあたりの追い詰められ感が。(大げさだけど。(苦笑))
 敵が強大と言うか、厄介すぎるのもポイント。子供だけで勝てるか?これ。
私ゃあれには勝てんと思う。(--;影泥棒っていうレベルじゃないよ。
なんかね、ワンピースでに出てくるような悪魔の実能力者だよ。(笑)
 いろいろと原作へのオマージュが散りばめられていて、そういう点でも楽しめました。
これ、まだまだ続くのかね??
次も出たら多分押さえとくかなー。
厨房ガール!
厨房ガール!厨房ガール!
(2007/09)
井上 尚登

商品詳細を見る

 表紙イラストがまたビビッドで。こういう塗り、好き。
 うーん、しかしこれはこのひとつで終わりか?
どうも始まりからラストまで盛り上がりと言うか常に単調なんだよね…。(短編7つ)
目先が変わるわけでも人間関係が進むわけでもなく。
痛快キッチンミステリーと書いてるけど、特に痛快じゃなかった…。
 ヒロインの元警察官の設定もあんまり生き生きしてないし、それぞれのキャラもちょっと薄いんだよなぁ…。まさしく味がぼやけてる感じ?
設定だけで書くとバラエティに富んでるんだけど、ビジュアルとして浮かんでこないし、このキャラだったらこんな台詞、行動をとる!っていうのが掴みきれないまま終劇で。
 ヒロインに絡む恋敵もなんか当て馬だしなぁ…。
 そういう味のコントラストの割りに、ヒロインがすぐに男を投げ飛ばす件とかだけが浮いてる気がして。
 料理にまつわる話の引き出し方はいいと思うんだけど、まあ、よくすぐにそれだけで事件解決の糸口にするなぁと言うか、これから起こる事を阻止出来るなぁみたいな。(ま、こりゃ短編ミステリーの宿命か。)
 どこがどう悪いとは判定できないんだけど、惹きつけられる部分がなくこじんまり終わっちゃった感じ。はまらず。

e_02.gif
角川のカラーってこんなだっけ?↑ならワンクリック♪
The Book
The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another dayThe Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day
(2007/11/26)
乙一

商品詳細を見る

 ジョジョの第四部を舞台に乙一がノベライズした作品ですよー。ふふふ、読みたかったんだぁ♪
なんせジョジョは個人的に四部大好きだし!
岸辺露伴先生~♪♪♪
 それにしても乙一が『夏と花火と私の死体』を書いたのが16歳の時だとは凄い話だなぁ。

 はっきり言って面白かった!
ちゃんと漫画で頭の中で擬音まで再現されますよー。
キャラが登場した最初のページの内はやたらとキャラの特徴が濃密過ぎる行動とってると思うんですが、ページが進むとその力の入り加減も適度に薄れてくるし。
 唯一の途中おかしいなぁと思った点は『時間を聞かれたら腕時計見せずに自分で時間を口に出して教えてやればいいじゃん』という所だけ。
携帯電話の普及率が低かった時代っての外してもそこはおかしいだろう、と。
 それにしてもページのあらん限りいろんなキャラやエピソードの欠片を盛り込んであって、やっぱりジョジョ好きが書くと違うなぁと思ったり。
オリジナルキャラも、若干既存のスタンド能力が被るところはあれだけど、非常にキャラとして個性的でした。
いや、私なら「そりゃどんどん復讐してやって」と思うくらい彼の母の扱われ方はひどかった。ありゃ身も凍る。千帆ちゃん可哀想だけどさ。
 他の部のノベライズは正直食指が動かないんだけど、これは当たり。良かった。
想定も豪華。荒木さんのイラストもある。

e_02.gif
↑ファンならいっとけ。ならワンクリック♪
不思議な石のはなし
不思議な石のはなし不思議な石のはなし
(1996/09)
種村 季弘瀬戸 照

商品詳細を見る

 来た!

カラーで、石で、伝奇なエピソードと私の心の琴線にきゅんきゅんくる組み合わせが!!(*ノノ)
あー、もう石がカラーで載ってるだけでも好きなんですけど。(//▽//)
宝石でなく、石、な。
 『ヴィーナスの曜日』とか、『読書の石』とか『石を生む、成長する』とかの話が良かったなぁ。
大好きなガーネットの話もあり、満足満足♪
 もうね、こういう本語らせると趣味の局地で褒めるしかせんから、私ゃ。
ただ唯一の欠点は、文字だけの白黒ページまでもカラー用の紙だっつーところ、な。その分値段高いよね?
入浴剤272 とろ~りゲルマのお風呂
n-272.jpg

●とろみのゲルマニウム温浴。うるおいながらすっきり!

 …とろみなんぞどこにもないんですが??(==;はぁ?
めちゃくちゃ溶かしたんですけどねっ、どこがとろみなのかと。
お肌には若干いいかもしれませんが、汗もちょっとは掻くかもしれませんが…

謳い文句が嘘なのはちょっと。(ノ ゜Д゜)ノ = ┻┻

減点過ぎる。ちっ。
すごい期待していただけにちっ。
 色は鮮やか過ぎる朱色~赤透明。
匂いはジンジャー。
★まとめ
色・朱~赤透明
ファーストノート・ラストノート・ジンジャー
湯・とろみなどない。汗少々、美肌少々。

e_02.gif
↑このパッケージ、期待するよね?ならワンクリック♪
高野優の子連れ地球上陸大作戦 サンフランシスコ編
高野優の子連れ地球上陸大作戦 サンフランシスコ編高野優の子連れ地球上陸大作戦 サンフランシスコ編
(2004/04)
高野 優

商品詳細を見る

 あ、この人の妊娠出産本は読んだ記憶が。
おおおー、その後のお子さんと一緒の旅行本か。
思わず手に取り。
半分漫画、半分字の漫画エッセイ。
読みどころがたくさんあってすごくおもしろかったよー。
子供と他文化と旅の感動てんこ盛り♪
 漫画なのに読み応えがある本って好きです。
何故か今回、時々絵柄が西原氏に見えたのが謎ですが。(苦笑)

e_02.gif
↑楽に読めるし。ならワンクリック♪
Xωρα(ホーラ)―死都
Xωρα(ホーラ)―死都Xωρα(ホーラ)―死都
(2008/04/11)
篠田 節子

商品詳細を見る

 この人は…本当に独特な世界観があるわ。
何を書いても異国の乾いた『空気』と湿った『空気』を匂わせるの。
両者の『空気』の単語の意味は違います。解るかなぁ?
 もうあらすじからして異形シリーズかという感じなんですが、以下の通り。
W不倫旅行をしているヴァイオリニストの主人公。不倫相手がマリアの顔が彫られたヴァイオリンを彼女に贈ります。そのマリアの顔が主人公に似ているからというのですが、主人公はそれをちっとも自分に似ていないと感じます。やがて主人公は、二人で渡った異国の島で、そこにないはずの教会と、不思議な女性の幻影を見ます。主人公に唐突に現れる聖痕(両掌から流れる血)。ヴァイオリンに絡む不吉な影。事故によって死の淵をさ迷う不倫相手。
島の教会は、ただ彼女に「祈れ」「あなたは導かれてここへ来た」と言います。
今は亡き呪われた地に建つ幻の教会は、消えた町の残像は、彼女をどうしようと言うのか…?
はたして町(死都)は、意思を持っているのだろうか-
って、感じか?
 もう理由がないからね、すべての不可思議現象が。異国でありながらジャパニーズホラー。怖さが湿ってるの。
ああ、でも単純にホラーに分類出来ないんだよねぇ。
 それとも私たちが認識していたホラーは、とても狭義だったのかもしれない。
理由があり、モンスターがいる、古い西洋映画の世界。
耳袋のような、理不尽なホラーはその不可解さゆえにいろんな物を内在させて私たちの心の奥に染み込んで行く。
何が怖いとか、怖くないとか、そういうのでなく、『薄気味悪い』この感覚でしょうね。このジャンル。
 それはちょっと、湿った大人の女性の心のひだの中に含まれているセンテンスでもあるのだよ。お解り?

e_02.gif
↑女性にもお奨め。ならワンクリック♪
王様は裸だと言った子供はその後どうなったか
王様は裸だと言った子供はその後どうなったか (集英社新書 405B) (集英社新書 405B)王様は裸だと言った子供はその後どうなったか (集英社新書 405B) (集英社新書 405B)
(2007/08/17)
森 達也

商品詳細を見る

 気になるタイトルだろ?!どうなったんだ!!?

読んでその続きを知るがいい。( ̄ー ̄)マテ

 他にも古今東西のお話の続きがどうなったかが書いてあります。原典の引用もあり、このお話はこんな風に書いていない、本当はこうだったと言うのもあり、とても興味深い。
基本的には時事ネタを交えた一見シニカルなオチなんだけど、悪くはないな。
そこに教訓はないと思うけど。
 パロディとして見れる人に是非。
醒めて踊れ
醒めて踊れ ドン・キホーテのピアス12醒めて踊れ ドン・キホーテのピアス12
(2007/08/03)
鴻上 尚史

商品詳細を見る

 エッセイでした。(覚えておけよ、どんな本だったかぐらい。)
劇作家の人らしく、そういう人は文章も話も面白いなぁ。
軽~く読めちゃいましたよ。
まあ、エッセイなだけに、あらすじがどうとか書きようがないんだけど。(苦笑)
主に劇作家とその周辺の日常話。としか言えない。
刑場に消ゆ
刑場に消ゆ―点訳死刑囚二宮邦彦の罪と罰刑場に消ゆ―点訳死刑囚二宮邦彦の罪と罰
(2007/08)
矢貫 隆

商品詳細を見る

 あら、ノンフィクションだった。
ノンフィクション物は久しぶり。大抵は重いから敬遠しがちなんだけど、また死刑囚物って重いの選んじゃったなぁ…。
いや、入るとはまるから普段寄せ付けないのです。

 とは言え、罪人なわけで、被害者がいるわけで、遺族がいるわけで…。
そんな中でこれを書いた作者さんはどういう気持ちだったんだろう。
死刑執行されるまで、贖罪にと点字本を作り続けた死刑囚。
それを美化しても、しなくても、どっちかの角が立つもんだけど…。

 人に立ち直らせるチャンスを与えるというのは心の広い事だと正直、思う。
被害者や遺族の立場に立つと、消えない傷、戻らない命だもの。
怨恨ですらなく、そこに居ただけで犯罪者に関わられた被害者だったら尚更。
自分の罪を反省した囚人を見てなお、人は罵るだけの方が気持ちが楽だろうなと思う。
同情や理解を示したが最後、それなのに死者は戻らなくて、囚人は囚人のままで、遺族の涙は絶えず、誰も浮かばれないまま。関わったものすべてが修羅の道でしょ。
どうせ事態が変わらないなら、一生犯人を呪い続ける人生を選ぶ事だって全然おかしくないと思うし。
そりゃあ赦した方が心安らかになれるというのなら、残された者は少しでもそういう道を選んだ方がいいと思うけど…。
 取り返しのつかないのが罪って事。人生って事。
一時期の感情で、一瞬の状況判断で、自分にも他人にも耐え難い重荷を背負わせる事になるのというのでは、割に合わないと考えなきゃいけないよ。
本当に怖いのはただ死刑になる事でなく、自分の意思ではもはや逃れる事の出来ない、罪の烙印を魂に押されるって事だと思えるんだけど…。
この本の中の彼は毎晩、殺した相手の生きていた最期の情景を、叫びを、眠る前にフラッシュバックしていたらしい。
 犯罪者はきっと、現実の何かから逃げるために犯罪を起こした。
けれど、犯罪に手を染めれば、その先にはもう逃げ道のない袋小路が待ってるんだよ。捕まろうが、捕まるまいが。自分に嘘はつけない以上。
少なくとも我が身が可愛ければ、生きている上での辛い状況からの本当の救済とは何かを重々知るべきだと思う。
そうと知りながらも、明日この手を血で染める事がないとは言い切れないのも、人間でしょうが…。

 この人に関しての感想はなんとも言えない。事実がわからないだけに、ただ、こういう角度で作者は見たのだなと思うだけ。こういう読書は、やっぱりしんどい。
入浴剤271 AROMA BATHアロマ湯ローズ
n-271.gif

高級感あふれる甘く優雅な香り

 ひたすら除虫菊シリーズ。
でもこれは単価アップだけあって

凄いまともに感じる。(笑)

あ~、下手に美容成分とか謳わずに、コスパのいい入浴剤は色と香りにひたむきであればいいのよ。(//▽//)
 綺麗な柔らかいピンク、匂いもローズ。
落ち着く…。(笑)
★まとめ
色・透明グラデピンク
ファーストノート・ラストノート・ローズ
湯・普通

e_02.gif
↑シンプルが一番って事。ならワンクリック♪
入浴剤270 石澤研究所 汗蒸風呂(バードチリ)
n-270.jpg

 発汗、疲労回復、ニキビ、湿疹に効果あり!
鷹の爪の6倍の辛味を持つアジアで一番辛い唐辛子「パードチリ」を使用。辛み成分で体内の老廃物、汗と共に吹きとばせ。
【効能】
冷え症、荒れ性、疲労回復、肩のこり、腰痛、神経痛、痔、リウマチ、あせも、しっしん、にきび、しもやけ、うちみ、ひび、あかぎれ、くじき、産前産後の冷え症

 今日も汗掻くぞー!
開封。

臭い…。OTL

『薬』って書いてらぁ。(´Д`;)
湯上り後、ボディシャンプー必須ね。
 色は茶色透明。
漢方の色じゃ…。
 唐辛子系は皮膚自体がポカポカしてくるんだけど、これは割りとやさしめ。
刺激穏やか。
けど汗は掻いたよー。半身浴で20分くらいが限度でした。くはーっ、適度に疲れる!
…老廃物、出てるのかねぇ??
 まあ、何にせよ石澤研究所は効果は高いと信じてる!
★まとめ
色・透明茶色
ファーストノート・ラストノート・とことんスパイシーな漢方薬
湯・汗たっぷり。どこまで入っていられる?

e_02.gif
↑先行イメージ?ならワンクリック♪
ピーターと影泥棒・上
ピーターと影泥棒 上 (1)ピーターと影泥棒 上 (1)
(2007/06)
デイヴ・バリーリドリー・ピアスン

商品詳細を見る

 モリーの名前をすっかり忘れていた薄情な私は別にティンカーベル派でもウェンディー派でもなくタイガー・リリー派。(いや、なんとなく)

 えー、さくさく進むよ児童書だもん。
影泥棒と聞いて『え?ウェンディーとの出会いの辺りまで行くの?』と思いましたが不明だ。上巻だし。
 それにしてもピーターは相変わらず小生意気だなぁ。大人気なく本気で彼の軽率な行動にムカついたり。(笑)
いい所もたくさんあるけど、大抵は考えなしだったり無鉄砲だったりしてトラブル増やすしな。(冒険小説でそれ言っちゃぁおしまいですが。(爆))
まあ、勇気はかう。子供の頃の根拠のない自信に溢れていてそこは好き。
永遠の少年の行動を認めないのは大人になったからか、しかし同レベルで普通に腹立ててりゃそれもある意味子供の対応だと思うけど。( ̄ー ̄)

大体自分が子供の頃でもピーターのこの行動は許せないと思うに違いない自信はある。(笑)

 ピーターパンのシリーズを読む度に結局子供だろうが大人だろうが、一方的に素敵な存在なんてありゃしないって事だと素直に思う。
長所も短所もあるさ。それが当たり前。
盲目的に『永遠の少年』を愛する事への不信感が、かえって他の素敵さに気づかせてくれることもあるよ。

なんかどう考えても作者の意図と別な次元で感銘を受けてるよね??(--

まあ、読書は自由だからいいんだけど。
入浴剤269 お肌よろこぶ入浴剤 すべすべフルーツ酸
n-269.jpg

 優しい香りに包まれてアロマビューティーバスタイム。
[すべすべフルーツ酸]
ローズマリーの香り

 アソートの方に入ってないから単品買い。これ以外はアソートでまかなえる…。
本当になんだろうね、このシリーズ。^^;
単品の方と全く中身一緒なのにこの単価の違いといい…。
 で、ローズマリー…って違うだろう、これ?!^^;なんか刺激臭だよ?!
フルーツとトマト系の酸味臭と言えばそっち。
 色は肌色と朱色を混ぜたような、それでいて強い色。
 心なしピリピリする様なイメージに捕らわれるんですけど…。フルーツ酸だしな。
ううむ、イマイチ。
お肌に良かったのか悪かったのか謎のまま。
あと袋が開けにくいタイプの二重ビニールだった。そこも減点。
★まとめ
色・肌色と朱色の強い色
ファーストノート・ラストノート・香り強すぎ酸系刺激臭。
湯・…気のせいかピリピリ??

e_02.gif
↑当たりはずれが大きいな。ならワンクリック♪
入浴剤268 湯のお玉 ラムネの香り
n-268.jpg

 カラフルなたまご型のバスフィズが小さなサシェに入っています。

フィズは溶けにくいのでなるべく避けてるんですが、ラムネの香りに惹かれて。…再現率どうかな?
結論。

匂いしませんがな。OTL

いや、(ノ ゜Д゜)ノ = ┻┻ものかも?
 色も微妙に水色になる程度。
フィズなのにロクな発泡もしやしねぇ…。
これ、駄目だろ??
 そして何故かオイリーだよ。湯のあたりが。
夏向きのはずなのに…オイリーって、ちょっと…。(==;;
★まとめ
色・薄い水色
ファーストノート・ラストノート・え…?匂い、する??最初だけ微妙な香料の匂いするけど…。
湯・何故かオイリー。発泡などほとんどない。

e_02.gif
↑見た目可愛いのにね。ならワンクリック♪
インシテミル
インシテミルインシテミル
(2007/08)
米澤 穂信

商品詳細を見る


 どうでもいいけど最初、インテルハイッテルみたいなタイトルだと思った。(本当にどうでもいいなおい。)

 表紙のイラストレーターの人に惹かれて(ry
ああ、しかしこれはなかなか楽しめました。
 ご存知館物。クローズドサークル。
特によく見る円形の建物で部屋が12室あって人が12人呼ばれて…って完全閉鎖空間で誰が誰を殺したとか、連続殺人とか、そういうやつね。
 凝ってる割にくどくも、長くもなく、いいペースで読書が進みます。何て言うんだろう、話しの展開が実に無理なく私の読書スピードと一致。(これは気持ち良い!)
初めてと言ってもも過言でないなぁ~。先が気になって早く焦って読むとか言う急き立てられ感もないし、つまらなくてだらだら、すっとばしたりとか、難しくて何度も前に戻ったりとか諦めたり-がない。
落ち着く…。(--
 主人公も共感出来たり苛ついたり、美味い具合に読者を翻弄してくれます。どんでん返しが厭味でなく自然になされてるし、すごくさじ加減が上手いなぁ、この作者。
 ただ最初からどう見てもヒロインの怪しさだけは異常。現実離れした舞台だけに、その現実離れした設定はいいのか悪いのか。まあ、続編があるなら是非読みたい!
ヒットです。

e_02.gif
↑この手のミステリー初心者も上級者も。ならワンクリック♪