元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
8番目の子

 ユダヤ人の少女、施設での実験、迫害―とあらすじでみたので、ホロコーストの話かと思ったのですが、微妙に違った。
 まず戦争の影がない。国の設定までは気にしてなかっただけど、主人公の少女は貧しい家庭ながらも両親と兄と暮らしている。
このまま家族ごと暗い時代に飲み込まれて行くのかと思いきや、まさかの父親の裏切り。
若い娘と浮気して、すったもんだの末、母親を刺殺と言うちょっと胸糞の悪くなる様な展開で始まりました。兄妹は父親が逃亡したせいで親無しになったのね。(父親は6歳の兄に「今日からお前がこの一家の主だ、後は頼んだ」とかほざきましたよ。)

 可哀想に兄妹は一緒に入れる施設が無く、主人公はいきなり一人ぼっちに。
 その施設は最初の一月、児童が病気持ちかどうかを調べるため、必ず隔離棟に閉じ込めます。
そしてそこから人体実験のじわじわ来る話が始まるのですが、時折大人になった主人公の話が挟まってくるため、死なずに済むんだと分かるほっとした部分と、さらに未来パートでも不穏な空気が流れ出す。なんと彼女の働く病院に、入院してきた患者が、当時の施設のドクターで、彼女に人体実験を施していた張本人だったと言う―!…何というサスペンス。
 いやぁ、当の本人は子供の頃自分が何の実験をされていたかも解らないわけで、主人公は最初、そのドクター(女医)に甘えた感情さえもっていました。しかし大人になった今、よくよく考えると子供の頃から自分は剥げていて髪の毛が無く、これはいわゆる、放射線のせいでは…?
 そして思い出したのは、自分が名前でなく、『8番』と呼ばれていた事―。
そこから彼女の世界は一変します。
 癌の片鱗を自分に見て取った主人公は、信じていたドクターに裏切られ、そのドクターの生死は自分こそ握っているのだと。
未来パートはこの複雑な事情ありきの復讐劇です。

 しかし過去パートと共に徐々に明かされる諸事情や、未来パートの思った様にいかない復讐。
それらはやがて、最初に感じた不穏な復讐劇を、まるで違った物語へと導き始めるのです。
 ラストまで読むと、これは単純な復讐劇なんかじゃなく、色んな方向に対する愛憎が渦巻いてる一人の女性の人生譚だったんだな、と。
ミステリーじゃないわ。
人種的な物語でもない。
 主人公の心の機微が丹念に描きこまれていて、憎しみ一色の復讐劇なんかとは全然違う、思ってもみなかった物語を読まされた感じ。
 作者がラストに持ってきたシーンこそが、実はこの主人公の人生の主たるものを象徴しているのかなぁ…過去話から全く予想出来ず。
最初からそう狙っていたのか、途中で着地点を変えたのかがよく解らないのですが、何というか深い味わいの本でした。
古書の来歴

 本好きにとってはちょっとワクワクするタイトルです。

 古い本の修復家である女性博士が主人公で、何が面白いってその本を調べる主人公自身の話と、実際にその本に何が起こったのかを辿る過去編が交互に語られ、物凄くドラマチック!
 例えば付いていたはずの銀の留め金が無くなっている。
その時代にこの本を手にした者が盗んで、イヤリングに変えてしまった。
ページの隅に塩の結晶が付いている。
それは岩塩ではなく海の塩。この本は海を渡った?
はたまた昆虫の羽。
ある高度以上の山にしかいない虫―。
 こうして、その本に残る色々な傷や状態を、現在の調査力を以って突き詰めていくのです。

 それらは相当なところまで判明するのですが、では実際、この本に何が起こっていたのか―?
 通常解らぬ部分を、読者は実際のその事件が起きた時代にまで遡り、そこで何があったか、各時代の主人公で視点を変えて、知る事が出来るのです。これは…気持ち良い!
 その本は宗教的に糾弾の時代を生き延びた聖典のようなもので、盗まれ、守られ、焼かれそうになったり、時には人の血を吸う事も―。ちょうどヴェネツィアの辺りの話や、地動説の宗教裁判の話になった時には、それぞれ別の本で時代背景や事件をある程度読んでいたので、かなりの臨場感で読めました。
 本が知識となり、また他の本を理解するための糧となる経験も楽しめた部分です。

 この本にはたくさんの視点が存在しますが、当時の時代を生きた主人公たちは、常に生死をかけてこの本に携わっています。
宗教的な異端者とされ故郷を追われ、過酷で数奇な運命をたどる女たちや、利己的に強かに権力を奪い合う男たち。
本は全てを見てきました。
 そして主人公はその本の修復にのめり込み、自らの運命をも揺さぶられます。
彼女の母親、師や恋人とらの確執や裏切りや、また最後に明かされる真実―。

 どのページも緊張感に満ちた、時代を追う作品です。
映画化とかしたら面白そう。
魔女の血をひく娘

 ノンフィクションかと騙されそうになったわ。
だって最初のページに、古いキルトからみつかった日記を、本にしましたみたいに書いてあるんだもの。
魔女狩りのあった歴史を読めるかと思いきや、くぅ、それも込みでフィクションであった。
 ―が、まぁそんな事とは関係なく、リアリティの意味ではなかなかのお話でした。
すべてに過剰という事がない。
 ちょっとした事で魔女と疑われ、実際に命を落とし、人々の冷たさと温かさと、宗教、迷信の愚かさ。
知らないものに対しての恐れの感情は、形を変えると怖いものになる。
また便乗して鬱憤晴らしで残酷になれる人たちも居る。
 主人公は親がいない故に育てのおばあさん経由で魔女と疑われ、生きるか死ぬかで開拓時代のアメリカへ長い船の旅へ。
過酷な長旅を終えて新天地についても、まだまだ豊かさを享受出来ていない人々の中で、血族もなく孤立しがち。
リーダー格の神官に疑われたら最後の状況で、ラストは逃亡生活。
 この話の怖いのは日記がぷっつりと逃げる直前で切れて、実際に彼女がどうなったのかわからない所。
一番最後はその日記をキルトに隠し続けようとする、彼女の数少ない理解者の手記で終ります。
怖い…。
 なるべくそのままに書きますと言う割に小説仕立てなのがおかしい所と、文章がこなれ過ぎ、かつ現地インディアンとの魔法のような繋がりがファンタジーぽくってフィクションと解りますが、そういう事が無ければ陰鬱とした状況で、魔女狩りの緊迫感があるとある娘の人生と信じ込むような物語です。
最後のぷっつりさが怖さの余韻と言う、なかなかスリリングな作品でした。
 (しかし待て、これ、2巻がある?へ??後付け続編っぽいが…。終わり方がこれはこれで納得していたし、直接主人公の続きと言う感じではないのですが、さてどうしよう。悩み中。)
IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅

 タンスに閉じ込められるとか、おもしろいなぁ…ってIKEAか?!
何故お店の名前を出しちゃうのか、思い切りの良いスタートです。
 あとサドゥーってなんだっけ?
インドの修行僧系と言う認識でよかろうか。
うん、多分合ってる。

 で、どんな話かと思いきや…うん、想像とちょっと違ってて、真っ当な不思議旅でなく、作り物めいたストーリーだったのが残念?
 何故疑問系かと言うと、確かに奇想天外ではある。
現実世界だし、巻き込まれ体質以外の部分に小説としての飛び道具はない。そこら辺はフェア。
 例えば奇想天外と言えば『不思議の国のアリス』だとか『ガリバー旅行記』だとか、あの手のファンタジーは反則技(現実から見て)が多いわけだけど、難しい組み合わせだね。端からファンタジーですと見せる世界だとこっちもそう言う心積りなのか、逆にきちんとした現実世界舞台でやられると、与太話、法螺話を聞かされてる様に感じてしまい。
私は読書センスはあまりない方なので、楽しむよりもまずうがってしまう。
 と言うのも、これ、コメディーや或いはギャグカテゴリーのお話なのだけど、どうも外国人との感性の違いか、確かに冗談作品と解りはするノリだと解るが、笑いのツボが全くはまらない。うん?肩肘は張らなくていいのだけど、笑い所はどこ?全部とか言うなよ??
 笑いの山谷が掴めなくておかげでギャグとしても読めないと言うか…。
 少なくとも冒頭の『飛行機に乗って外国のIKEAに修行用針ベッドを買いに来た(詐欺で)』は笑う部分だと解った。

 でもこの本は斬新と言う点では今まで類を見なかった設定だと思う。
主人公がインド修行僧、かつ詐欺師が入ってて、世界中『輸送』されまくると言う立身出世物語。
この設定を考え付いただけでも面白いけど、これで本を出そうとしてさらにベストセラーになったのも凄い。
かなり人気があるのだってね、この本。
 まぁ厚くはない本なので、何も考えずに読むのに適した本かと。
プラダを着た悪魔リベンジ 下

 赤ちゃん産まれました。女の子で、主人公はしばらく子育てを満喫。
これにより夫とのギクシャクは解消、仲睦まじい夫婦仲に。子はかすがい。

 で、相変わらず買収の件で揉める仕事方面の話ですが…エミリーとは平行線のまま。
2人が共同経営者と言うのがややこしいのよね。意見真っ二つだし。
主人公的には自分もエミリーもミランダのあの鬼の所業を経験しているのに、今またミランダの元で働くなんて冗談じゃないと。
 ところがエミリーは10年が経ちミランダも多少丸くなった、自分たちは必要とされており、仕事の事ではミランダは理不尽な事はしないと。
 まぁ確かにミランダは二人の会社の買収のために考えられなかったような行動にも出ている。プレゼントや食事会―。
あのミランダにそこまでさせた事に、エミリーは感動を、主人公は疑惑を感じるわけ。
 2人がイエスと言わなければ話は進みませんが、時間切れも結局ノーと言う事なわけで、パワーバランスが難しいなぁ。

 そうこうしている間に前作で別れたかつての恋人が再登場。
お互いに夫、恋人がいる身ながら若い時代の恋人同士としての記憶は甘く、微妙な空気が。
 また知らない内にその元恋人の彼女が、実は自分のママ友だった事でさらにややこしい事に。
下巻は主に恋愛系の話かな。
もっぱら仕事の事は売種話をズルズル伸ばす主人公のスタンスで進んでいく。

 所が最後にとんでもない裏切りを受けるのです。
これは怒る、何故これで怒らないと思えるのだろう?
 忘れがちでしたが主人公の夫は主人公の会社の大株主でもあったのです。
で、買収には乗るべきだと考えており、エミリーと結託、主人公無しで買収話を進めてしまう―。
 決定的です。性質が悪いのが夫もエミリーも主人公の考えが浅いから反対しているのであって、ビジネスの決断としてこれは間違っていない、将来的に絶対良い事だと解ってもらえるから―と言うスタンスで居る事。
罪悪感のない行動が清々しいまでに絶望的な断絶を感じます。
…うん、そりゃもう主人公も切れるわな。
 あっという間の展開で、離婚、そしてエミリーと決別。
 ビジネスの判定がどうか知らないけど、少なくとも『信頼』ってやつを損ねるよね。
お互いに『目先の買収金額』『目先の苦労』しか見ていないと攻め合いましたが、果たして状況を読んでいたのはどちらだったか―??
 案の定ミランダは最初の契約などどこ吹く風、自分の物にしたとたん編集部に権利を振りかざし速攻エミリー達スタッフを解雇。
痛快なまでにミランダはミランダでした。(エミリー…言わんこっちゃない。夫も反省してくれ。)

 ここまで読んでやっとわかったのだけど、結局悪魔には勝てずに終わるのがこの作品なのですね。
いやしかし、確かにミランダの仕事に対するビジョンは完璧で、雑誌の方向性やイメージは確実に彼女の言い分の方が優れているしブレがないと思います。主人公は仕事を『好き』と言う囲い方をしているにすぎない。
 ある程度距離を置かないと見えない、やれない判断はビジネスでは多くあると思います。この点のミランダは文句のつけようがない。やり方が鬼なだけで結果をきちんと出すから。
ただそのやり方の違いがその人の生き方と言うのかしら、この作品に出てくるキャラたちの個性はほぼ、この考え方の違い、人生に対する選択と心構えの違いで見て取れます。
今更ながらこの確立されたキャラメイキングに驚く作品です。
 特に意識させずに道行く人のバックボーンまで自然に入れん込んだ上での人生劇だと気付かされるのです。
主人公然り、元恋人、夫、ミランダ、エミリー、親友、母、姉…。
この人ならこう言うだろうという曖昧さのない個性。また一人一人がそう思わせるだけの芯を通している。
お国柄もあるかな?ビジネスシーンが多いのもそう解りやすく見える理由の内かも。
 その点から考えると端から相いれない2人だったのですよ。主人公とミランダは。
 ミランダとその他、と言う立ち位置に考えがちの『プラダを着た悪魔』ですが実はこの作品、主人公とその他、と言う主人公は自分の生き方を貫いたのですよと言うお話。こう考えると非常にすんなりとラストも読めるのです。
 ミランダと和解?有り得ない、そんなラスト。
 主人公は日本で想像されがちの悩める若い女性で、恋に仕事に悩んで頑張って、最後に幸運を掴む、そんなお話―いや、ちょっと違う。主人公は若くて甘い判断をしていたとしても、全部自分で意思を曲げずに貫いてきた強い女性です。最初から最後まで、悩んでいる姿まで強かった。清く正しく美しければ、助けてもらえるなんて、彼女は考えていない。
それでも最後に落ち着くべき人の所に戻ってきた『めでたしめでたし』のラストはほっとする。
ままならないだけが人生でもない。
 『プラダ~』はこのリベンジまでを含めて一つの作品と考えたいお話でした。
いや、久しぶりにエキサイティングな物語。面白かった!