FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
片づけられない人のパパッ!と整理術

 これはお役立ち。
いつもはっきりとしたターゲット層がないままに整理や収納、断捨離を説く本が多い中、かなりはっきりとタイプ別に分けて問題に解答を出してくれています。
最初にするのはタイプ判定と言う、頼りになる一冊。
 読んでいて確かにタイプじゃない部分の話はまったく琴線に触れずに流すけど、タイプ通りの話は、役に立つ知恵などもあり、神妙に聞けた。
 また終着点の途中、最初はこれから等、いきなり解答だけを出すのではなく、途中式を見せながら説明してくれているので、どこから手を付けていいか途方に暮れている人にも最初の一歩が踏み出しやすいと思います。機嫌良く読了。
捨てられない服の片づけマジック!

 最初に言っておくと、個人的に相性が悪い本で文句たらたらの感想です。が、これは確かに捨てられるなぁと言うある意味タイトルに偽りがない所は評価出来る本。
とにかく大人ならもうこんな服はダメだ、あれはダメだ…のオンパレードで、も、もう何も着れないよ!となって捨てるしかなくなる感じ。
(…が、『実際に着て見て自分で判定!』とも言うんで、結局このダメ出しも個人差の問題なんじゃないの?と言う域を出ないのはどの本も同じね。)

 ポイント自体は結構ダイレクトに事細か。
大人なら、と言う部分が強調されるけど、ジャケットは必ずしもたくさんなくてもいいと言った次に、本人はトレンチコートを10着も持ってたり、さらにその次にジーンズをコレクションしていてもあれは元々作業着だからだからどうだとか、Tシャツも元々下着だから…みたいな発言も―。
ううーん、トレンチ10着の方が私にはわからん。
 元がどういう発祥の服でも、今現在受け入れられている意味の方が大事なんじゃないかなぁ。
キャミソールとか、浴衣とか、ハイヒールとか昔の定義で扱う人も今いなかろう?。
 一方で昔と違って化繊も良いものが出てきた、天然素材はすぐにみすぼらしくなるから拘るな、なんて話も。
どうも昔と今と、引き合いに出す部分に一貫性がない気がしてなぁ。
ポイント自体は問題ないけど、理由付けの説明が引っかかるのよね。

 他、スポーツウェアだの、白シャツの似合う中高年はいないだの…。
基本カジュアルをNGにしている様ですが、大人と言う枠で判定しているので、今の時代、ファッションってもう少し自由かな、とも思う。
勿論モデルを参考にしても仕方ないのは同意だけど、それって逆に若くても…似合わない人も居るって意味でもあるし。
 これは服のチョイスの仕方が問題なんじゃなくて、自分のルックスが崩れていくから誤魔化せるチョイスが減っていくと言う方向の問題なんだと思う。
 いやぁ、でも上品な服って、お出かけならいいけど、それで毎日生きていけるのかな。楽ダラな服も否定されてるけど、オンオフ切り替えって要ると思うので、例えオン系の人でもオフ系服は要るだろうに。
全体的にオン系に傾きがちで、生活が違うとまるで参考にならないレパートリーかと思います。

 色々書いてますが、タイトルに偽りなく荒療治にいい本ではあります。
手持ち服をけなされてナンボ。捨てられない服ってのは、本人の惰性やこだわりで『置いているけど本当は捨てたい、でもふんぎりが…』と言う状態だからこそ『捨てられない服』って言うんだと思うし。
 本人も心のどこかで要らない、邪魔に思ってる服の後押しをするにはこれくらいきつく言わなきゃ駄目よね。
自分もぐぬぬ、となりながら考えてみたわ。
 単純に自分で服の整理が(上手いか下手かは別として)出来てる人が読むと、ここに出て来るダメ認定された服がクローゼットにある度に、ピキピキきちゃうパターンだろうな。選択した上で残ってる服なのに、それすら否定されるとねぇ…。
 毒にも薬にもなる一冊。
つまみ食い本11
 ―電車に乗る時に読もうと思って、チョイス。
何が共通点かって、掃除ものは勿論、全部『文庫』だよ☆軽さ小ささって大事だよね…。
 で、全部流し読みでなくちゃんと読みましたけど、まぁ大体似たり寄ったりで過去に読んだやつと変わらないので(イギリス式ですら、同じ作者の本を前に読んでたしな。なおそれもイギリス系生活本。)
代り映えしないチョイスです。





サルでもできる家事いっさいがっさい

 あら、絵がポップね…。
何と言うか、家事本ではあるのだけれど、ある程度やってる人が、こんなやり方もあるのねを見つけられればいいかな、的な本かな。
 なんせ読者投稿型と言うか、皆バラバラに「うちはこう」「これとこれがあればいい」とか勝手に言い募ってるだけの態だから。
正解がない形の本。
 いいなぁと思った数少ない知恵は、調べてみると今はもうないサービスだったりしてちょっとがっかりしたわぁ。
 同じページに全く正反対の意見が載ってたりするのもご愛嬌。(散らかし部屋とキレイ部屋のためにひとつ部屋を多く借りると良いと言う人と、散らかし屋は少しでも広い部屋数に住むと、管理出来ないから絶対ダメと言う人と。わざと同じページに載せているのかと勘繰った。)

 どん引いたのがホテルのバスタオルを持って帰れとか書いてるやつ。しかも部屋のは足が付くから、廊下に置いてるやつを狙えとか。それは泥棒と言いますが?
 編集でチェックするだろうに、こういうの平然と載せてるってどういうつもりなのか。これ読んだ瞬間、他のちょっとした知恵も吹っ飛んでふざけんなと思った。
 あと元々何かの雑誌とかに載ってるやつなのかな?この本の中だけで通じてる単語があって、それの説明が流し過ぎ気味で、ちょっと意味が解らなかった。そもそもOL委員会ってどこの何だったんだろう?
家事がしやすい部屋づくり

 最初にほほぅ、と思ったのは、2K団地で2人暮らしと言うこの下地。
…いいね。庶民の味方だね。
 この見た瞬間解る団地感のある室内写真に、綺麗事だらけのイメージ戦略本じゃないと思わせてくれる安心感を覚えます。

 実際、この面積で2人でと考えるとめちゃくちゃすっきり片付いたお家だと思います。
物の密度が気持ち良いすっきり具合だもの。
 これ、同居人が一緒にやってくれる、また散らかさない、基本的に視覚密度の感覚が同じ程度の人だから成り立ってるんだろうな。羨ましい。(あと持ち物量の多くない人。)
 うちなんかは同じ家に居る人と密度に対する共通認識が出来てないから、完全に好きに出来るのは自室だけだもんね。
(作者さんはこれを話し合った上で確立しています。素晴らしい。)

 家事が『しやすい』かどうかは使う人次第ですが、作者さんがどういう風に動きたくてこういう工夫をしていますと言うのを、完璧にノウハウとして自分の中で持っていると言うのが伝わってくる本です。
むしろこの本を読んでの感想は「ためになった~」よりも「気持ち良く生活してるなぁ」とニコニコしちゃう感じでしたもの。

 ところでノウハウ本は、読者側の注意点として、『取り入れたいと思い、実際に取り入れられるものだけ』を選ばないとダメですよね。
どんなに優れたノウハウでも、自分の性格や環境に合わないものはあるわけで、「真似出来なかった自分はダメダメ」とか思っちゃったら勿体ない。
ひとつだけでも身になれば儲けもん、と思って実用書は読んでいきたい―。