元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
夢みる宝石

 確かあらすじは、家出した少年が見世物小屋に混じって成長していくんだけど、そこの団長がとんでもない事を企んでいて、団員たちとそれを止める話―。
 合ってた、けどこれは実際読んでみると予想していたようなお話じゃなかったな。

 まず、SFファンタジーなのも知っていたんだけど、『妖しい雰囲気』と言うより『本当に奇想』であった。
 例えば小さいままの女とか、爬虫類みたいな見た目の男とか、(昔の本だからか今は禁止されている用語の呼び名)とか…そういった見世物小屋系のビジュアルでファンタジーっぽいんではなかった。
 そもそも主人公の少年はそれこそ少女に化けて歌手としてこの一座に入り込んだので、それだけで絵になりそうなもんなんだけど、この本のメインメニューはあくまでも『不思議な力を持った水晶』。
 それでいてそれにまつわる団長の変質的な所とか、暴力、精神的苦痛、そう言うのがソースに絡む感じ。

 その水晶も、何やら生命の傷を修復するとか、はたまた傷口を作るとか、治癒力を超えた変質能力が根本で、団長はそれを元に『まるまる一体の人間が出来るんじゃね?』と世を忍んで実験をしている。
…もしかして、一座に居るいろいろ肉体的に欠如を持つ団員たちは、その実験作??
 ―この辺りは最後の方にいろいろ驚く展開があるんだけど、簡単に言うと『水晶人間』と言う存在があるのね。
そこまで読んでようやく、タイトルがそういう意味かと合点したわ。
ははぁ、なるほどなぁ!

 ラストはハッピーエンドではあるのですが、ぼんやりとしたただ平穏と言うものを得たにしろ、揺るぎない自認された幸せと言うのが、主人公らの場合何なのかわからないのでちょっとだけこちらの気持ちが尻切れトンボ。
 まぁ、平穏無事に暮らせれば、それで幸せなのかなぁ…うん。
悪戯の愉しみ(大人の本棚)

 …タイトルからして溢れるお洒落感。
基本的に短いショートショートが続くんだけど、ちょっと読んだだけでもう溢れるエスプリと小粋さ。
 うわー…著者の名前でわかるけどフランス風~…と思っていたら、この人、『エスプリのテロリスト』の呼び名が高いらしい。あ、すごい納得。

 このね、どこかシニカルに、軽やかで泥臭さのまるでない颯爽とした登場人物たちの一挙一動、セリフ回し。
ラストまでとラストのスマートさ。
普通なら鼻につくんだろうけど、意外と上品なSSとしてするすると読めちゃうの。
あら面白い。
 フランス系は特に手にしてきた事はないんだけど、意外といける口だなと思えました。

 あー、海外作家にもどんどん目を向けるべきか。(まぁこれ、訳者が相当な技量なんだろうなぁ…。)
とりあえず日本に生まれて日本語を読める事でこんなにも世界中の本が読める事に感謝しきりの気持ちが生まれました。
一千億の針

 『20億の針』の続編。
なんと7年後、少年が青年に成長した頃の話です。
 宇宙船大破で帰れなくなっている異星人『捕り手』と青年はこの7年一緒に共生し続けています。
びっくりした事に、両親にはばらしてるんですね。(どうしても父親の病気を治すために異星人の存在をばらして公認になったらしい。)
 しかし人間と共生するのは初めてのケースなので、捕り手は各種病気やケガから守っているはずの青年を、逆に原因不明の体調不良に陥れてしまいます。
ここらへん、故意に青年を困らせるつもりもないのが、捕り手の性格的に皆もうわかっているので、微妙な雰囲気。
 とにかく捕り手と青年は、青年の原因不明の病について、捕り手を救助にし来るだろう異星人のチームに頼ろうと考え、大慌てでこちらからも異星人たちを探すことに。
(今までは見つかったら見つかったで、位にしか考えておらず、捕り手も地球に骨を埋める覚悟だったものでこちらからは探してなかった。)
 そこで大破した捕り手の宇宙船でなく、大破してないだろう7年前の犯人の宇宙船を探すことになったのです。
しかしそれは広い海のどこか。
…このコンビはひたすら何か探し物をする運命なのかね。

 しかし今作ではヒロインらしき人物も出てくるんですが、まぁ恋愛にもつれ込むことはない。淡々と普通に知能戦と言うか…。本人も捕り手も『ちょっと賢いなんて生意気だ』とか『あの人間は知的だ。仲間に引き入れられないか』とかもうずれた感覚しか抱いてないもんね。
 読者としても困るのが、終わり頃にもう一人ヒロインらしき人物が出てきて、ラストらへん、むしろこの子が正ヒロインじゃないの?という活躍をするところ。
賢い。行動力ある。仲間思い。助けるために大怪我。寄生?どんと来い。
…これは…。
 もう宇宙人含めてフレンドリーだもんね。
作者が書きたかった事とは別だろうけど、未来の人物相関図、書いてもらいたいわ。

 とにかく面白く久しぶりにちゃんとした(それでいて捻りが効いている)SFを読んだ気がします。満足。
20億の針

 SFの名著。が、まだ読んだ事がなく早速。

 もうね、設定が素晴らしいんですよ。
宇宙から不時着にて流れついた寄生型の知的生命体2体。
一人は犯人、一人は捕り手。
 捕り手は地球人の少年に寄生して、犯人を追うのですが、その容疑者は地球の人間20億全員。(当時の人口です。)
もうこの設定から、ボーイミーツエイリアン、しかも己の体内に違う生命体がIN、その上で途方もない推理を要する事件―。
 ひと昔の作品とは思えぬ斬新で心踊る舞台立てじゃないですか。

 作者は生物や医学的知識豊富で、このエイリアンの特性をリアルに綻びがないように作り上げています。
捕り手は寄生する少年の体を守り、その意思を尊重しているのですが、捕り手の機能でケガやなんかを治癒したり、勿論体内語り掛けで会話も出来るし、ちょっとした体は子供・頭脳は大人的なスーパーキッズ状態。
 しかしこのお話は単純にそこに主眼を置かなかった。
捕り手は『ケガしない機能に頼りすぎると本来の生体機能が衰えるし、君の人生によくない』と極力必要以上の手助けをしないし、『知識はあるが、技術的に自分が乗っていた宇宙船を再び作るとか、単なる捜査官の自分に出来るわけがない』し、いろいろと制限も多かったりする。
 そもそも慎重かつ非常に道徳的すぎるため、少年に自分の存在を明かしたのも数か月以上経ってからの事。(言語も習得した後。)
おかげで犯人探しも難航を極める。
 一方犯人は寄生した人間の体の事はお構いなしらしく、20億人から犯人の寄生先を探す・寄生された人間を無傷で犯人だけ片付ける―このお題は絶望的。
どうやって片が付くんだ?!とはらはらしながら読んでました。

 実際5分の4ほど読み進めても犯人が見つかる気配がなく、少年の夏の一ページを異星人付きでほのぼの(?)と読み続ける始末。
いや、まぁそういうシーンもボーイミーツ的には微笑ましいのですが。
 ラストは何回読んでも『え、これで犯人わかるの?!』と異星人の知能が高すぎて私にはピンとこなかったのですが、とりあえず正体が判明。
そこからも引っぺがしたり、まだまだ頭脳戦は続きます。

 ハッピーエンドで後味の良い良作でした。
なんと続編があると耳にしましたので、勿論読みます。
神様のコドモ

 一応神様のコドモと言う主人公キャラは居ますが、個性を消すためか狂言回し的な役があるのか、あまりイメージが強くないです。
その中に出て来る彼が見る人間たちのワンシーンを、短く切り取って幾つも見せられていく感じかな。ショートショート…なのかなぁ??
 ただ、短編過ぎて、或いはお話毎にカラーが違うもんで、印象に残らず。ほんわかもあり、シリアスもあり。変に軽い感じ、不思議な作品でした。はまらず。