元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
血液と石鹼

 SF短編集…と思って手に取ったんだけど、あれ?なんか…違う感。
概念とか、象徴とか、そう言ったもので進む『現実世界に則していない(ある意味SF)』的なお話ばかりです。
 …物理要素にSFがないと、ちっとも入り込めないな。
妄想話なわけでなんでもアリになるだけで、意識高くして何かを解釈出来なければ置き去りを食らう。そう、その解釈までも。
これ、どうもアメリカ文学と言う位置付けらしいよ。
 へぇ…なんと言うか、アメリカ文学は…正直肌には合わないんだよな、今までの経験上。

 文体はまぁまぁ、モチーフが飲み込み難易度高し、全体的にオールジャンルな話を詰め込んでいるバラエティさはあるものの、これが好みと言うものは無し。ちょっとイマイチな読書となってしまいました。
量子怪盗

 えー、もうこのタイトルだけでドキドキするんですけど。なかなかない組み合わせの単語だと思いません?ただ原題がクォンタム・シーフなので、シーフと聞くと…怪盗と言う単語と釣り合っていないのがちょっと。ないの?怪盗的な単語。
直訳だとイメージ的に量子泥棒、量子盗賊、だよね。

 しかしもうね、設定が凄すぎて、世紀の、いや宇宙の大怪盗が精神だけで囚われている檻の中、いきなり彼の前に超戦闘能力を持った美少女が現れて、さぁ、脱獄しましょ―と、ちょっと美少女と言う単語の乱入に萌えジャンルじゃあるまいなと警戒しちゃった。
そしたら後書きにも日本的な萌え要素をぶち込んできて云々…みたいに茶化して書いてあったので、あ、そう思うのは自分だけじゃないんだとちょっと安心。
 この本、設定からわかる通り、いやそれ以上にガッチガチのSF。SFは好きな方だけど、久しぶりに読んだらこのノリについていくのに相当脳みそのウォームアップが必要でした。
 えーと、まずエログロが若干あるのはいいや。これはSFと関係ない。
ただ、この世界、主人公が精神だけで囚われていたと言う事からも解るように、万物なんて皆精神の乗り物、人間の命は記憶の積み重ねよ、みたいなもので―つまりはPCのハードとソフトのイメージなのね。姿なんて自由自在。命は記憶の継続性。
記憶もアップロードで瞬時に共有出来たり、コピーしたり、ハッキングで情報を取り合ったり…。
 主人公も牢獄の中で何度も死んでは、コピーを作られ、そもそも自分がどのコピーの自分なのかもあやふや。脱獄してから新しい肉体を与えられたが、それも原子を組み合わせて作られた精巧なもの。
 例えばこの世界で人の死と言うものは時を使い尽くした事を言う。時間が底を尽き死ぬと、何かしらの物質に入れられ、ひたすらに何の自由もなくその物として働く事となる。
働いて金(この世界では時間。これで生きていられる=自由な肉体を持つ)を稼ぐまでは人間として文字通り存在していないわけ。
乞食は時間をお恵み下さいと、時持ち(金持ち)たちに群がる。
 或いは殺された人間が、そこら辺にある物質の中にその精神を一緒に構築し直されて、一つの物体にされてしまい、気付かれず放置されている―。
などなど。
 この世界特有の怖さや厄介さ、命の境目が曖昧な部分、時間が財産と言う価値観、こう言う『独自世界』の設定有りきの正統派SFでもあるのね。
 
 ―まぁ、このルールを飲み込む、ここまでがしんどい。
読んでいてもそう簡単に概念を想像で超えられないし、新しい単語を覚える煩雑さ。そこはどうしても超えないといけない最初の壁になります。
 描写としても、チョコレートに練り込まれたパティシエの死の記憶…とか、気が狂いそうになるよ。シチュエーションも怖いけど、解釈が、いや、理解が追い付かなくて。
 逆に今は時を無くし、再び稼ぐまでは働く機械として存在している父親と会話(言葉は交わせない)するシーンなんかはグッとくるし、煌びやかなパーティで、流れる砂自体がドレスになっているなどの描写はビジュアル的にもうっとりする。
 他、私が大好きなSF設定のひとつに、宇宙船に女性の精神体が入っていると言うのがあるのですが、この作品にもありました。
 とかく、SFの良い所悪い所全部詰まっている世界です。

 時が経つにつれ、大作を読む読書力が衰えて行くもんで、なんとかかんとか、雰囲気やイメージを必死で掴み読み進めて行くわけですが、実はこの作品には怪盗に対する探偵も出てきます。王道、華麗なる対決―と言いたい所ですが、如何せん探偵が若すぎて頼りないかな?
 ホームズへのオマージュはやたらとこの作品に出てくる、その割に、探偵はそう万能キャラでもないんだよなぁ。
 実際の所、怪盗の手口は鮮やかなもので、このSF世界のルールを逆手に取り、時が尽き、物体へと転生処置される人物の時を死ぬ直前に少しだけ盗み取り、自らも仮死状態で同じ死体安置所に潜り込む。そこで蘇生、ターゲットへ時を返し、生き返らせて接触を図る―など『ならでは』の展開が多く、ある程度まで読みこなせると面白い部分が増えてきます。
 最後にはこの怪盗と探偵の因縁自体も作品的などんでん返し(?)になっているし…。
 それから肝心の怪盗が狙う物、がなにやら分霊箱ネタに思えて仕方が無かったのも読後に残るな。
こうして思うと、魔法と科学は同じような事を違うシステムでこなしているんだなぁと何気に思えます。

 ところでこれ、三部作の第一部らしいと読み終わって気づいたんですが、この一巻だけで完結はしているし(エピソード引っ張ってるけど)、ややこしいと言えばややこしいので続きは…もういいかな。
久しぶりにSFガジェットに悩まされつつ楽しませてもらった作品なんですが、時間がかかった。
 それでも最初は重い、ややこしいとか思っていたけど、読み終わってみれば後半になるにつれ、意外とドタバタでもあるストーリーだなと気付けました。
 後書きが過不足なくこの作品をよく説明してて、もうあれだけで理解した気になれますね。
西暦3000年の人類

 アシモフ。
作品でなく、彼が脳内に描いた3000年の未来の世界がどうなっているかのお話。
偉大なるSF作家の彼が書くのだから、相当適格か、或いはインスピレーションに溢れた未来のビジョンが見れそうです。

 で、いざ読んでみるとこれまでの数千年も書いてあって、ほとんど歴史書。
アシモフってSFのイメージだから過去を語る所なんて想像もしなかったけど、そうか、未来を語るには過去の流れを把握しないと、リアリティは生まれないんだな。
驚くほどどの時代も分析され、手抜きでない歴史のなぞらえ方と解釈をされています。
 で歴史が苦手な私は呆然。
ちょっと怯んで先に未来の方をメインに読んでみるのですが、うん、難しいな!
小説じゃないと、こんなに難解なのか、未来とは。

 改めて過去の最初から順を追って読んでいくと、おや、歴史に割と関心がない私にも割とすんなり読めます。
覚えられるかは別問題として、この人、自国のみならず世界の歴史、あまつさえ文化や宗教をもきちんと把握して、起こった出来事ばかりかその流れや原因をも自分なりの考えの元組み立てて説明出来ちゃえるのね。
 歴史の事実など人それぞれの解釈ですが、少なくとも自分の中で完全に消化されていなければ語れないはずです。
 こういう、現象のみならず原因を捉まえる態度と言うのが非常に好ましく、かつ優れたSF作家であると言う事実の裏付けを見た気がします。
 日本の事も書かれており、良いも悪いも外から見て我が国が客観的にどういう国なのだと言うのが知れて面白かった。まるでフィクションの中の知らない国の話を聞いているような不思議な感覚です。
 
未来を語る歴史書、この本はそんな一冊でした。
月の部屋で会いましょう

 SF短編集。
印象深かったものだけ書き留める。

 『僕らが天王星に着くころ』
いきなりぐっと来た。
銀色の欠片がどんどんと皮膚を覆う病気。それが人類に蔓延。銀色はやがて宇宙服になり、完成したら人は宇宙に引っ張られ、もはや地球から去るしかない。
そんな中、恋人が病気に。引き留めようとしてもどうにもならず彼女は行ってしまい、彼は追うように―。
SFにしてほんのり、そして空恐ろしくなる宇宙の孤独。ファンタジーのように読めた一篇。
 『床屋のテーマ』
小さな世界を覗く妄想冒険みたいな感じかな。
そういう漫画は多いけど、文章でってのがなかなか素晴らしい想像力と文章力。
ただ、床屋の客の頭の中にジャングル―ってあんまり気持ちの良いビジュアルではない。
そしてラストがわからん。
 『母さんの小さな友だち』
博士である母を乗っ取った体の中の何百億もの生命体たち。彼らは母の体をガイアと呼び、自分たちが住みやすいように母の精神までのっとり―。
息子と娘が脅しながら母を解放しろと迫るのだが、生命体らは母親はそんなこと望んでいない、体から出ていかないとちっとも言う事を聞かない。
その関係は地球を食い荒らしコントロールする人類そのもの。最初はどっちが正しいのかわからなかったけど、母親が精神を取り戻した時、「よくやった!」と子供たちを褒めたので、乗っ取られていたんだという事でゾッとする。
でもなかなかファンキーな博士のようで、生命たちたちに「どっちがこの体の主か思い知らせてやる」とバンジージャンプをかますあたり素敵な人だ。
 『彗星なし』
地球に彗星がぶつかる。
見えなければそれはそこには存在しない―そんな哲学を科学として、全人類、空を見るなと言うカウントダウンの日。父親はバカバカしいと言う妻と娘を説き伏せて、紙袋を被るように強制。
ラスト、自分たちは見なかったから平行世界に移れた!助かったんだと快哉を叫ぶのだが、どうも父親一人だけが平行世界に行ったんじゃないのと言う匂わせで終わる。怖い。妻と子は父親の言う事を聞かず、途中で紙袋取ったんだろうなぁ…。
一言ででこの状況をにおわせるラスト一行が上手い。
 『危険の存在』
彼女は女神ですか、魔女ですか。
彼女に惚れる男の目から見た日常の不思議。
何も不思議でないのだけど、見る物から見たら『ワンダー』である。
なんだかね、この人の作品はアタゴオルみたいな感じなのね。絵で頭の中に広がる。
空想の展開とか、ラストの切り方とか、ダブるわ。
 『シーズン最終回』
狂人に捕まったサスペンスかと思いきや、どうも主人公がぶっ壊れているご様子。
このタイトルからすると、主人公、助からないんだろうな…。
 『セーター』
あらすじにもあって惹かれた一篇。
彼女の編んでくれたセーターから頭が出せず、セーターの中で懐中電灯で出口を探したり、いろんな世界がそこに現れます。
外側で彼女は?
これもSFかつ幻想的な、作品です。理屈とかオチの問題じゃない。谷山浩子っぽく感じた。
 『最高のプレゼント』
こう言うプレゼントの価値が分かる子供が凄いわ。ただし、プレゼントと言うものが彼にとって何だったかを定義する必要はある。
 『魚が伝えるメッセージ』
怖いよ、怖い。電話の相手も怖いけど、魚も怖いし、主人公も怖い。脅し、変身、妄想、どれがリアルなのかで針の振れ方は違うけど、怖い。
 『俺たちは自転車を殺す』
物凄く分かりやすいSFだけど、やっぱりホラー。
じ、自転車と人間がサドルと尻で繋がるだと?!
そして人間たちに襲われ、食われる自転車人間。
またその自転車に跨ると新たに自転車人間になるんだけどね…。
主人公の恋人が自転車に跨っちゃったのは、何のメタファーなんだろう。そのままだとしても十分野生な話ではある。
 『休暇旅行』
金魚鉢を抱えなければそこに居られない安息の観光地。もうそれだけで休んでいられないわけだが、どうしてこのカップルはここへ来た。
しかも来てすぐに帰ろうと思うのだが、意志の伝達が上手くいかず、最悪なラストへと…。
あらすじ見た時は金魚鉢抱えて休暇旅行とか、のんびり不思議話のイメージだったんだけどなぁ。
 『月の部屋で会いましょう』
表題。ううん、しかしタイトルは良いんだけど、なんというか理由のない不可思議が面白かったり、印象的だったり効果的に使われていればいいんだけど、この話についてはワンアイディアだけと言うイメージ。
ちょっぴり切なく心穏やかに読んでいられるのだけど、平坦だったかな。
スタープレイヤー

 ああ、最近の恒川さんはこういうSFっぽい物もやり出したのか。付いて行きます。

 で、これがまたものすごく面白かった。
突然異世界に飛ばされ、10の願いをやるから、好きにしろと放り出された30代の女性。理屈抜きです。
 何もかもがインパクト。
ありがちなバトロワを思わせるが、主人公が女性と言うのも珍しいし、恒川さんがこういう物を書く事自体予想も出来なかった。
開始早々、予想を超えた展開で、いきなり惹きこまれる。

 主人公は、スタープレイヤーと言う存在となり、タブレットに願いを打ち込むことで10の願いを叶えられる。タブレットにはサポートキャラがおり、彼と話しながら願いを決めていくのだが、出来ない事も多い。
 例えば、誰が自分をここに連れてきたのかと言う神の様な存在について聞いても答えはないし、願いは具体的なものでないといけない。(幸せになりたいとか、抽象的なものはダメ。)
上手く願いを使うなら、例えば食事が欲しいと願うのではなく、食材のいっぱい(具体的に指定)詰まった冷蔵庫の置いてある家が欲しい、と願う方が効率が良い、など。
 主人公は10もあるのだから、と最初にまず住むための家を願う。
自分の住んでいた家をここに持ってくるよう願うのだが、ふと住んでいる両親が一緒に来たりはしないか心配になる。
サポーターはそう願わない限り、勝手についてくる事はないと言うが、そこで主人公は『命あるものをここへ呼ぶ事も出来る』と知る―。
 で、最初に私が思った疑問。
主人公は上記の事に気を取られ突っ込まなかったが、家を持ってきたなら、元の世界でその家は消えてなくなるのでは?両親、困らないの??それとも同じもの、と言う注文?
―実はそれも意味のある事でした。(後々わかって戦慄した。)

 さて、主人公は次に害獣が怖くなり、家の周りに大きな庭園と壁を作ります。(最初に家と一緒に願えばいいのに…。)
そして自分の姿を変える。若く、美しい姿に―。
 そこから何をするのかと興味津々で読んでいたのですが、最初の山場。
主人公はかつて通り魔に遭い、足を不自由にしていたのです。
自分の姿を整形する時に、ついでに足の不自由も治してもらったのですが、主人公は願いを使ってこの世界に『誰だから知らないけど、自分を襲った犯人』を呼び寄せます。
 おおお、サスペンス!なんと言う復讐劇。
主人公は庭を作った時、鳥籠の様な檻を一つ作っていたのです―。
まさかSFにしてこんな方向に話が及ぶと思わず、ますます引き付けられました。おもしろい。この話、展開が読めない。

 そして望み通り呼び出される犯人。
しかし犯人は姿の変わった主人公を見て、自分が何のためにここに捕えられたのか考えにも及びません。主人公は、犯人に自分のやった非道な行為をすべて思い出し詫びろと迫るのですが、犯人は…犯人は悪い事をしすぎていて、ひとつも主人公を襲った事など思い出さないのです。それどころか、すぐに助けが来るとでも思っているのか、平気で嘘をつき、主人公を馬鹿にしたような態度。
 主人公は絶望します。
犯人にとっては思い出す事も出来ないようなどうでもいい行動が、自分の足を奪い、人生を陰らせた。そして自分の心を歪ませて行ったと言うのに…。
 そこに理由ある憎しみがあればまだ納得したのでしょうが、真実はそれよりも残酷でした。
主人公は犯人を殺せる立場にありましたが、虚しさのあまり、主人公は犯人を殺しもせず、願いを使って元の世界へ送り返します。

 そうして鬱積とした日々を送る主人公の前に、ある日いきなり、客が現れました。
考えた事もなかったのですが、この世界に自分以外の人間がいたのです。
緊張が走ります。
 自分は無邪気に豪勢な庭(無意味に宝石を散りばめたもの)などを作って満足していたが、そこに若い女が無防備に住んでいる。
あまりにも危険な行為でなかったか?
自分の身を守る方法も考えずに、一時の復讐心に負け、あんな犯人のために願いを二つも消費している。これからはどんな願いが必要になるのかわからないのに…。

 幸いにも訪ねたきたのは友好的な人間でした。
そして彼もまたスタープレイヤーだったのです。
 彼は現地に溶け込み上手く自分の領地を切り盛りしている人間で、主人公をスタープレイヤーと見抜き、いろいろとアドバイスをくれます。
この世界の原住民や情勢の事、またスタープレイヤーと言う存在は隠し通した方がいい、プレイヤー同士でも願いがあと何個残っているかなど情報は明かさない方がいい…etc。
主人公は男の思慮深い知恵に感心し、彼の領地民たちとも仲良くなって行きます。
 複雑なのはこの世界、主人公ら以外に、何人も元の世界からの難民がいるという事です。
全員がスタープレイヤーという事ではありません。
彼らのほとんどは、スタープレイヤーに呼ばれた人たちなのです。
自分がどうしてここへ来たのか、皆は知りません。
真実を知ればスタープレイヤーを憎むかもしれません。スタープレイヤー同士に繋がりはなくとも、存在そのものが憎まれる事でしょう。
何せここへは奴隷役として、あるいは慰みものとして、おおよそ個人の思いつく欲のままに問答無用で連れてこられたのですから。
 主人公はここで願いを使うのに慎重になるものの、男から決してやってはいけないと言われていた、願い事をしてしまいます。
情に負け、死んだ人間を生き返らせてしまったのです―。
 とは言え、ホラーの様なしっぺ返しが来るのではありません。
怖いのは生きている人間の方です。
主人公がその様な力を持っていると噂が広まり出します。
ならばあいつも生き返らせてくれ、あいつが良くて何故自分はダメなのか、そういうトラブルを避けるために禁じられていたと言うのに。
 スタープレイヤーの願いは倫理観なく発揮されるものですから、だからこそ慎重に事を進めなければならないのです。

 そしてやがてこの世界の戦争に、彼女は巻き込まれていきます。
 実は最初にいつでもこの世界から帰る事が出来ると聞いていたので、10(9。最後の一つは元に帰る用)の願いを楽しもうとしていた主人公でしたが、一人で使うには十分な数の願いも、皆のためとなると全く足りません。
そしてもし相手がスタープレイヤーなら、自分が接触を望まなくても、どんな風に利用され、巻き込まれるかわかりません。
 この頃には主人公は、自分の姿を変えるのに願いを使った事すら早計だったと感じ始めます。
無邪気に美を追い求めたこの姿は、スタープレイヤーを知る者にしてみれば、願いを使った容姿だと全身で表しているようなものです。
 実は主人公が男にいつの日か元の世界に帰ると言った時、男は思いもかけない事を説明しました。
この世界には元の世界の誰でも連れて来る事が出来る。死んだ人間も生き返らせる事が出来る。そして元の世界ですでに死んだ人間をもここへ連れて来る事が出来る。
―さらに何歳の時点の誰、と言う指定も出来る―。
 そう、男はほぼ100%確信していました。
この世界に来るものはすべてあちらの世界のコピーなのです。
 家を持ってきてあちらの世界で事件にならないか?何故過去の年齢を指定した人間を連れて来る事が出来るか?
そのすべての答えがこれです。
だから自分たちも例外ではない、と。
 自分たちは、元の世界の人間のコピーだ。
元の世界に帰れるなんて大ウソだ。帰りたいと願えば、自分は消されるだけ。
そうでなくば自分が消えている間に元の世界が混乱していないなんて事はあり得ない。
単にオリジナルが元の世界で生き続けているから、元の世界に何の影響もないだけなのだと。
 主人公は愕然とします。
もはや帰る事もならぬ―。

 やがて主人公の前に、スタープレイヤーに連れてこられ、人生を弄ばれた一人の男が現れます。
またこの男が悲惨と言うか、非常に気持ちの悪い目に合っているわけです。
 その男は有名な俳優だったのですが、ある日いきなり大人数の若者たちと一緒に、見知らぬ世界に連れてこられます。そこで指示された学校や職場に通い、生活しろと命じられる。
箱飼いされたような世界の中で、男は同じ境遇の女と恋に落ちます。
 それはそれで幸せにやっていた男なのですが、ある日自分の目の前に、この世界の神の使者だという男がやってきます。
そしてすべては秘密にしろと、地下へ連れていかれ―ゲームをやらされるのです。
 これで怖い展開を想像するのですが、実際は普通のTVゲーム。
神の使者は男をゲームの対戦相手に選んだのです。
あっけにとられる程、子供のようにいろんなゲームで自分と遊ぶよう強要される男。やがて二人はすっかり仲良くなり、地下で秘密のゲームをし続けるのですが…。
 お前にだけ教えてやる。
唐突に神の使者が言い出しました。
 お前の好きなGFのあの娘、あれは自分の大叔母だ。75歳の。
大叔母は毎回違う若い娘の姿になっては気に入った男をこの世界に取り込み、飽きるまで恋愛ごっこをする。
飽きたら連れてきた人間毎リセット、消してしまうんだ。
お前も攻略済みだから、もうすぐ消される。と。
 勿論信じられないような話でしたが、男は神の使者―実は普通の少年(中身は中年)の見せる数々の証拠を目の当たりにし、とうとうGFにナイフを向けます。
 しかし…男はGFの演技に騙され、彼女を、スタープレイヤーである老女を殺す事が出来なかったのです―。
 老女はプライドを傷つけられ、最後の復讐をしました。
元より寿命は尽きる寸前。
ここで、この世界に自分か連れてきたすべての人間、及び自分を、彼一人残して消去して退場したのです。
 一人、誰もいない世界に取り残された男。
男は俳優でした。
気の狂いそうな孤独の中、タフガイと言う役を作り上げ、演技に徹する事で生き延びます。
 やがて囲われた世界を捨て、当て所もない外の世界へ旅立つ男。
ようやく現地人と会えたそここそが、主人公らが、争いに巻き込まれつつあるこの周辺諸国なのでした。

 スタープレイヤー憎し、と言う居て当然の存在。
彼は敵国側で主人公らをあの手この手で罠にかけようとします。
その他にもスタープレイヤーはおり、亡命の王子等も加わって、物語は息つく暇もなく一時の終焉へ―。

 たまたまこの時は主人公らの勝利で平和が戻ります。
しかし本当にたまたまと言える気がします。願い事は一つを残して使い果たした主人公。
何せ外にはまだ国があり、スタープレイヤー同士で作ったという国家すらある。
 このお話、続けようと思えばどこまでも長編で続けていけるようなお話です。
スタープレイヤーでなくとも、どの人間の半生もとにかく興味深いのです。
 単なる戦争、異世界ものとしてだけでもネタが尽きないのですが、そこにスタープレイヤーと言う独特の知能ゲーム、スリルも付きまといます。
 人は死ぬし、残酷だし、肉体的にも精神的にも、痛い目に遭う。(恒川さんのいつものホラーの描写よりはずいぶんソフトではあるけれど。)
けれども主人公の愚かさから成長から、そして物語としての先を、貪るようにして味わった作品です。
 主人公は賢くはないけれど、ラストでは元の世界の様な鬱屈とした表情はなく、生き生きとこの世界を受け入れていました。強くなっていたのです。
あるいは本来の自分を取り戻せたのでしょうか。

 こうも違ったテイストで、またここまでの作品を出されると、恒川さんの多才さを感じざる得ません。
単純に作品としてだけでも衝撃的なおもしろさなのに。
 文句の付けどころがなかった一冊です。