元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ダウンを洗う
 洗うシリーズ今度はダウンコート。
しかもロング丈なんだが、重かろうなぁ…。
 だがもはや私に躊躇はない。(ウールのコートとかはやらないけど。)
乾かし方さえ失敗しなければ、ダウンも家で洗えます。そのはず…らしいよ。
 どうもねー、2シーズン程クリーニングに出したにもかかわらず取れてない染みが合って、毎冬微妙な気持ちにさせられていた。
洗いたてなのに、汚れものを着ているような感覚。
もういい、自分で洗う―!(; ・`д・´)

 と言うわけで、浴槽に湯を張って重曹ドバーっ。
シミ部分と袖、首周りを徹底的に洗ってから、後は通り一遍湯の中でジャブジャブ。
…うわぁ…得体の知れない茶色い液体に…。(;´Д`)
 まさか色落ちではないとは思いますが、基本的にタンパク汚れが落ちてるはずですから、まぁ妥当か。

 さて問題の乾かし方は、遠慮なく脱水機にかけて、ひたすらヨレを戻して風通しの良い所で陰干し。日が落ちたら、室内で扇風機当て一晩。
失敗するとダウンがぺちゃんこになるらしいが、相変わらず賭けよね。
 洗う時に中まで水を通してはならない、押し洗いのみとか書いてましたが、んなもん、通るっつーの。押し洗い程度でこの汚れが落ちるもんかっ。

 さて翌朝確認してみましたが、全然ふっくら綺麗に仕上がりました。…何だったんだ、色んな所で読む警告の類は…ってくらいにあっけなく。柔軟剤すら要りませんでした。
シミも取れたし、これは次からもいけるなぁ。
 しかしたった一冬で、あんなに水が汚れるってちょっと怖気がしたわ。
ダウンはそんなに汚れない…ってどこかで聞いたんだけど、どういう基準なんだろうか。
 何事も自分でやってみると驚きの事実が隠されてるもんだね。
意外と初めて使ってみる
 メラミンスポンジ。
…擦るのってどうよと思っていたけど、考えてみたらそれよりもひどいサンドペーパー使ってますがな。(蓄積された汚れにのみですけどね。)
 まぁ普通の掃除で擦る系は見向きもしてなかったんですが、風呂場の一部に不思議と高濃度のクエン酸でも落ちないウロコがありまして、白いわけじゃなくピカピカなのになんか水滴模様に乾く…と言うもやっとゾーンがあるのですね。
これを南無三と思いつつ擦ってみました。
 …肝心のウロコ部分はよく解らんが、そうじゃない部分はまぁピッカピカ…と言う気がする。

 100均で買っただけでも大量のメラミンスポンジなもんで、ついでだから他も擦ってみる事にしました。
―どうせなら浴槽を丸々磨きたい☆
 普段の湯上り洗剤なし掃除、たまに洗剤あり掃除で表面上つるつるだけど、どうもくすみが見えるのよね。石鹸カスと言うやつらしいんだけど、もしかして取れるかも…とやってみたのですが、あら、いいね、これ。
やってみると曇りが取れて一枚皮がペロンと剥がれたみたいです。
 腕はだるくなるけど、洗剤使わないから手も荒れにくいし。(荒れるのは荒れるよ。長時間の水作業は何でも。)
 何よりも汚れの激しい所はすぐにスポンジが摩耗して消えてなくなる、そうでない所はスポンジが減らない、とある意味視力の弱い人間が裸眼で掃除しても感覚で汚れ落ちが解るのが良いな。(ぇ)
たまに使ってみるのもアリですわ。

 しかしまだまだ大量に余ってるんだけども、これ水場以外に使いどころが見出せんわ。
トイレと台所と…食器。ぐらい??
家族旅行
 私だけ行かず。(笑)
いやだって休み獲れとか、やめて下さいこの時期。
行くなら行きなよとクールにお断り。(ちょっぴり金だけ出して。)
 大体行くとなれば自分も運転要員に数えられたらしいんですが、おい、大きい車の運転なんて絶対無理だぞ。
家族の安全を守るためにも、私は引きこもります☆

 ―って、家人がいないという事はですよ、掃除…したい放題って事じゃありませんか?!
いやっほぅ!!
一晩置き系が捗る!!(*‘∀‘)ノ
家全部やりたい放題だーっっvvv
と、妙なテンション。
 うん、まぁ旅行ってパワー使うからね、ありゃ休むためのもんじゃないんだよ。
家で体力を使わない範囲での掃除してる方が今の気分。
 はー、その他は寝倒す。
つくづく出不精虚弱体質だなぁと思います。

 で、より体力を使わない、さらに人が居るとなかなか出来ないものとして、今回は食器磨きに精を出してみました。
ええ、食器棚の食器全部チェックして、欠けは勿論、汚れや傷、くすみ黄ばみ…処分しつつ出来うる限り漂白し直して真っ白に戻してやんよ?!
(そしてこっそりと絶対に使ってないと思われる皿をまた開かずの収納場所に隠す。)
 欠け食器は2つ。
漂白対象は食器籠一つ分くらい。裏がねぇ…意外とくすむのね?高台の縁とか、普段洗う時も表ばっかり気にしてて裏なんておざなりだもんねー。
 あとやたら溝が掘られた飾り皿。…おのれ、本当に使い勝手悪いな。
とりあえず作業前にシンクを磨く所から始める。

 全部終わって食器棚に並べ直したけど、陶器ものって白く磨きさえすれば、古さって解らんものね。
汚れも落ちやすいしレンジも自由、ダントツ扱いやすい素材だと思うわ。(あれで割れ辛く軽けりゃもっと完璧なんだけど。)

 帰ってきた家人のお土産は余すところなくすべてお菓子でした。正解。(=゚ω゚)ノ
久々の収納問題②
 もうひとつの動く問題。
カバンの置き場所です。
 …これは動くと言うより…『流れる』だな。
自立しないカバン、柔らかいカバンがスペースを食います。
 まぁそれで置き場所があるんだからいいんでしょうけど、でろんとしたカバンを棚に置いて、一つの棚にカバンが3つくらいしか置けないとか…どこのショップやねん、と。(見せない収納です。)

 これについては吊る方式もあるけど、私はあんまりこれが好きでない。
普段から一番テンションがかかるベルトやハンドルを使いっぱなしって、カバンを休ませる事にならなくない?

 じゃ自立させるかと、こちらもまず家にあるもので工作から始める。
欲しいのは大きいカバンの仕切りと、小さいカバンの仕切り。(エコバッグとかなので本当に小さい。)
 で、作ってみたは良いけど、やはり強度が足りない。全く足りてない。
仕方なくこれはすでに自作した後なので欲しい物の詳細やサイズがかなり明確になっているため、店で捜し歩く事に。
 大きい方は簡単に見つかります。
お馴染、ファイル立てですね。
全部の鞄にひとつずつなんて要らず、2つあれば棚壁利用で5つのブロックに分けられるので最小限だけ購入。
 小さい方は思い浮かべる理想ものがほぼないに等しい。
何せ縦横は小さいが、奥に長いものを崩さず置きたいという事で、世の中にそんな奥行きのある棚や区切りはそうそうない。ペン立てでも全然足りない。
単純にぶち抜き木枠だのポスター入れの箱だのでもいいんだけど、それもない。
探しまくってようやく、台所用品の野菜ストッカーがピッタリ。
 以上100均屋さんありがとうで頑丈な仕切りを手に入れました。

 このおかげで手持ちカバンからポーチ、財布に袋までを全部棚一列に並べて収納する事が出来ました。
おお、これは見やすいって意味でも正解な方法だな。
 勿論もうカバンは流れません。
まぁあとはこの置き方で湿気とカビはどんなもんかと言う所だな。密度増したし。
久々の収納問題①
 おお…久しぶりに収納問題についてぶち当たりましたよ。
思い起こせば収納の鬼になり始めたのは、中学生からだったなぁ…。(多分一人部屋スタート時。)
狭い部屋でしたから、押し入れ天袋、棚に机…とパズルの様に、如何に物を無駄なく詰め込むかで悩んでおりました。
物量は物凄かったけど、整理整頓は出来てたのよねぇ。ある意味修行時代だったかもしれん。
 しかしそこから長い時間をかけ物を減らし今では立派な捨て魔寄り。
さて、じゃあこんな今更何の収納問題にぶち当たったかと言うと―

スカスカ過ぎて物が動くよ問題。

 収納は大体7、8割で奥や上に物を積み重ねない方式でいってるんですが、引き出しや棚の物が結構動くのね。空間に余裕がありすぎると。
で、崩れる。
…うん、知ってる、仕切りが要るんだよね。
 でも実は仕切りはありゃ便利だが、増やすのが苦手な方。
なんせ、常に一定量の物を所有しているわけでなく、消耗品がストック的に増えたり減ったり、あるいは毎日使う物の出し入れで空白が空くと、下手に仕切りを広くも狭くも取れず…。
大雑把にブックエンドの様なものを可動式で使うしかないんだけど、結局動くのは動くんだよな。

 中でも衛生用品や下着入れを兼ねている化粧台の中身が一番動くんですが、小引き出しは一段丸々使っておらず、中引き出し二つはその中でガンガン物が倒れ、大引き出しは一つが日々3割から8割程度位で中身が変動する。(消耗品入れとなっているため。)
同じくもう一つの大引き出しは洗濯の関係で全部入れればピッタリだが、当然普段はスカスカ動きまくり。

 それでとりあえず家にあるもので対応する所から始めようと、空き箱やペットボトルを工作しつつ、引き出しの中を埋め始める。
…うん、見すぼらしい。(-ω-)
 が、わざわざ収納ケースを買ってもすぐに必要な大きさが変わるし、ここは自分で作り直せると言う点が一番と判断。
 何せ細かくすべての物に仕切り板が欲しいんじゃなくて、物と空間の間に『倒れない』ラインが欲しいと言うだけなんで。
色々考えると崩れそうな要所要所に箱を置くのが一番頑丈で確実かつ楽で自由が利くと言う結論に。

 そして箱を作らなかった他の引き出しについては『極力静かに閉める』で対応。(それは対応と言いませんが。)
だって全部は作ってられんかったわ…。OTL
 作るのが面倒なら小さいケース買って来いよ案は捨て。
 何せ安いからと安易に100均なんぞでケースを買い足し、今まで何度にしっくりこず幾つのケースを捨てる羽目に陥ったか。
こんなもん、仮設置しといて忘れた頃に十分機能が果たされていると踏んだら、初めて市販のしっかりしたやつを探して交換すればいいんだわ。見える所じゃないしね。

 あと収納を広げたいがために安易に収納ケースを買ってくると言う手法が基本的に納得出来ないタイプなんで、この手のケースを即買いするのにも抵抗がある。
(横道だがあれが与えてくれるのは空間でなく、『便利に物を出し入れ出来ます』機能であって、収納ケース分、容積は増えてるんだもんね。空間を売って便利を取るものだし、『専用』って『応用』が効かない事でもあるので…。)

 中学時代からいまだに使い続けているケース類は、至ってシンプルな小さすぎず、大きすぎないものばかりです。
経験上、やたらと小さい、大きいケースは結局無駄になる事が多い。だから今回の様に小さすぎるケースはちょっと慎重。