元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ハンドクリーム万能説
 秋冬に備えて買ったハンドクリームですが、薬用で一番刺激の少ない、余計なものは何も入っていない最低限の物を選んで買っても、毎年余らせるわけです。(無駄なし度で言えば年がら年中使えて安心のワセリンが一番なわけですが、冬は固まるので致し方なく。)
 そりゃなるべく肌には何も付けずに越した事がないと思ってるから、消費も進まんわけですが…。

 まぁ大体毎度冬の終わりに駆け込みでガンガン消費に努める事となります。シーズン越して保管しようとは思わないのね。
アトピー的な手荒れ部分以外の手の保湿は勿論、ボディのカサつき、顔にも塗っちゃう。
そうすると専用品よりも何故かしら調子良く肌が仕上がっちゃう事に気づいた。ボディクリームも美容クリームも要らんぞこれ…。(なおニベアにあらず。かつアトピー的な部分には相変わらず刺激になるのでこちらはワセリンが基本。)
 極めつけは髪の毛にも。
アウトバストリートメント的に使うと、これもトリートメント要らずにするっするになる。
こいつ一体何なのさ…。
(結局の所、シリコンの効果じゃなかろうか―と思ったら別にシリコン系入ってなかったわ。)

 べた付かない点ではワセリンよりいいかもです。オールマイティにいけるし。
これでアトピー部分にさえ刺激が無ければ、もうこの一品で年中過ごすのに…。結局ワセリンは別途必須かぁ、ちぇっ。
 あ、あとハンドクリームは革製品の手入れにも使えちゃったりもします。結構万能なんだなぁと感心しちゃいました。ワセリンみたく家具のお手入れも出来たり…はどうなんだろうな。
湯シャンもうすぐ2年
 気が付けば。
もう当たり前の様に湯シャンが通常営業となっておりますが、それが通常となったが故に、イレギュラーの日も現れ始めました。
 例えば体調不良でお風呂を飛ばしてしまった日とか、だらけておざなりに洗ってしまった日。
次の日丁寧に洗うとか、湯温をあげるとかですぐ戻せるんですが、それでもなおかつ二日連続で、悠長に洗っていられない日とか。面倒(ry
 そんな場合は、トリートメントorシャンプーを使用して手抜きする事もあるわけです。
トリートメントは月に二度、シャンプーは薄めたやつを月に一度あるかないかくらいですが、手が荒れない範囲なら別に使っても問題ないですしね。
やっぱりちゃっちゃとシャンプーやトリートメントを使う方が手間はかからんのですよ。その圧倒的速さと仕上がりや香りは好きだし。
 湯シャンは丁寧に、その都度の状態を見つつ温度や洗い方を変えて仕上げる小細工が要るので、面倒っちゃ面倒。
良い事は、本当に手が荒れないのと洗剤残りが絶対ないのと、たまーに白髪が治ってる所?
…ううむ、手さえ丈夫ならなぁ…。
(掃除だって皿洗いだっていくらでも出来るのに。)

 しかしトリートメントはまだしも、シャンプーも石鹸も洗剤類も、何したって手が荒れるなぁ。
調子こいて洗髪とか掃除とかで使用しまくると、手袋ごときで防御出来てないらしく、すぐに手がボロボロになる。悲しい。(;´Д`)

 その他健康カテゴリー系はメモ程度に今こんな感じ。
アトピー→上記の感じで洗剤とのイタチゴッコ継続中。まだまだ荒れるけど、全体的に酷さレベルは下がってきているので予防重視で。
爪水虫→あいつら手強過ぎ。まだ3か月程だから効果の程が見えないが、勝機も見えず。効果あるのか見るのに爪を伸ばさないといけないから、結果分かるのがいちいち3ヶ月単位とか、もうね…。
肝斑→飲み薬続けてます。こちらも始めてから4、5か月…か?日々鏡観る度に濃さが違うんで、もう全然解りません。病院でシミが見える写真撮ってくれるんだけど、やっぱり解りません。まぁ長期戦だから…。ビタミン剤は他貧血だの風邪だのにお役立ちなので、このままもらい続けます。
脱毛→ほとんど撲滅したんで、たまーにまだ生き残っているのが出てきた時にちょいと使うだけ。相変わらず痛いけど便利。
化粧水の速度
 秋頃から肝斑治療を始めましたが、お医者さんの言う事にゃぁ、『保湿』しなさい、と。
………角質培養(良い様に言った)はダメですかね?
 とまぁ、ある程度は培養出来てるからちょっとくらいいいか、必要以上に落とさなきゃいいんだから、上から化粧水塗るくらいは妥協するわ。冬の間だけわな。(おい)
 と、そのために買いました化粧水。
旅行用(35ml)。
 …うん、かれこれ3ヶ月経ったけど、まだまだ残ってるな?!
冬で、かつ使おうとしててこれだもん…。

 まぁ言い訳をさせてもらうと、一応その間にサンプルパウチ貰ったり、病院に備え付けてあったり、ハンドクリーム塗ってたりはしたんだ。その分減りは少ない。(ハンドクリームについては多くは語らぬがマジにほっぺツルツルになりますから。)
 そんなハンドクリームもまだ半分以上残ってます。どうしよう、これ以上に小さい容器で売ってないんだけど、もう余らせる事に妙な罪悪感だよ。(でも消費期限的にワンシーズン過ぎたら処分するけどなぁ?!―と言いながらボディクリームにもせっせと使用中。)

 なお同じ頃に始めた爪水虫の方ですが、こちらは勝率50%と言った所。治ってきたように見える方と、どう見ても変化のない方。
…対象が小指と薬指(足の指はこうは言わんけど)だから、観察しにくい…。OTL
経過を見るために爪削りをストップしているのですが、これがまた生えるのが遅くてね。

 いろいろ遅々として参ります。
治らないったら治らない
 周囲の人に「なかなか治りませんねー」「酷くなってませんか」などと言われそろそろ私も重い腰を上げる。
…最悪ワンシーズン駄目パターンも経験済みですが、これってやっぱり長いの?え?回復すら見えない?

 はい、気付いたら気管支の奥と言うか肺の真ん中ら辺と言うか、その辺りから呼吸の度にグゴログゴロ~、と嫌な音がする。…やっちゃってる??気管支炎、マイコプラズマ、喘息、片足突っ込み始めてる??
 前回熱はないなどと言ってましたが、測ってみたら38度くらいあったようで、これがまた不思議な事に午前中にこれくらい上がって、汗掻いて下がって…と昼夜には平気。ほぼ毎日このパターン。
この微熱とか、一定時間だけ熱が上がったり下がったりの繰り返しって、妙っちゃ妙。
 この症状で検索してるとマイコっぽいんだよな…。
(面白い話を見つけまして、ウィルス系は夜、細菌系は朝に発熱しやすいんですと。
この手の本は無かろうか?知りたいなぁ。)

 で、大人しく呼吸器科にかかりましたら、問答無用で血液検査。その結果でレントゲン撮ったり色々進めて行くそうです。
…でもマイコだったとして、血液検査ではっきりわかる頃にはもう落ち着いてるだろうし、すぐわからない検査ってこれだから嫌いさ。
仮に何か『感染るやつでーす』とか言われたところでさ、今更遅いでしょ。
 とりあえず大人しく検査結果待ちですが。
 しっかし咳は本当に体力奪ってくれるよなぁ…。今の歳でこれだとか、老人になったら確実にHP削られるわ。
冬だと言うのに
 私の部屋の湿度は50%弱です。
今までに見た最低ラインが46%。
 自分の書いた記録ではかつて「うちの部屋の湿度は12月でもでも80%ぶっちぎり。冬だけは余裕だな!」とか言ってたんですけど、えらいこっちゃですよ。余裕ぶっこいてる暇なかった。
こんなに下がっちゃうなんて初めて!そりゃぁ喉もやられるわ…―と思って加湿対策のサイトを探ると、

冬は40%以上(60%以下)を保ちましょう。

とか書いてるんですが…え?なんて??
 ちょっと待って、なんの対策も無しにクリアしてんのかぃ?うちの部屋。
じゃあなんでこんなに喉が痛いんだ?!(風邪だからです。)
納得いかぬ。

 一応、納得いかなかったので、初めて濡れタオルを置いて寝る事に。洗面器を持ち込んで、簡易毛細現象的な加湿システムも仕込んでみる。
あっという間に湿度は60%弱に。朝起きると安定の74%。いや、そこは60%超えてくれなくていいんだけど、もしかして…カビに塩を送ってる?
 温度はエアコンを切って寝て11℃でした。
(そして喉は痛いままです。)