元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
火花散る服
 冬用のパジャマ(上)。
…こ、こんなに静電気起こしたっけ?

私は初めて暗闇で静電気が光るのを見ました。

(それももう何度も自由自在に光らせられます。結構な明るさです。)

 原因はそりゃぁフリースだよね。暖かいんだけど、フリースってこれがなぁ…。
布団がまとわりつくし、髪の毛も。
 特に被るタイプ(しかも詰まり気味のタートル)のものだったので、脱ぎ着毎の髪の静電気はちょっと辟易。
…去年までどうしてたんだろ?
 今年はどうもそれが我慢できず、もう冬も終わりに近づいてきましたが、とうとう買い替えを考える。春先まで夜は寒いしね。
 ぶっちゃけ最初から私の趣味には合っていないものだったんだけど、寝間着なんて誰が見るわけでもないし、暖かいからいいやとかで数年経ってたんだよね。全くへたってないんだから厚手のフリースって頑丈だよなぁ。(さらに親類からの頂き物なんで余計に捨て対象にはならなかった。)

 デザインよりも質実に欠ける方がストレスを感じる性質ですんで、問題点をクリアした物を探します。
フリースでなく暖かいやつで、首周りが息苦しい感じがして嫌だからノーカラー。髪に触れずに被れるか、前開きもの。
 と探していたんですが、フリースじゃなく暖かいのって思いつかんのよね。実際店頭でもまずない。
ダラダラしている内にようやく『裏起毛』と言う存在に気づきました。
 あ、これいいや。外側じゃないから静電気もほぼ発生せず。
多分用途的には肌着ジャンルなんだろうけど、長Tみたいなもんだし、なにより薄い!
 …今までの超厚手、洗濯がなかなか乾かず、タンスの幅をやたら取っていた今のパジャマに比べてこれは良い、良いぞ。

 お値段もお手頃過ぎたので、早速購入して着てみたら、ようやく静電気から解放されました。ブラボー。
小さなストレスは早めに対処するに限るな。
粛々と交換
 持ち物の量は管理出来る量だけ!とか物減らしをこなしていると、一次的にピタッと物を買う事がなくなる時期が来るんですが、グラフが階段状に下がっていくように、以降も全体的に物を欲しがる度合いはかなり少なくなったと思われます。
 それでも残る買い物の機会と言うのが、『今あるものより目に適う物があった時』と『故障や消耗で物がダメになった時』。
うん、新しい『何か』は持ち込まないんだけど、今すでにあり生活が上手く周っている部分の交換ものはね、そりゃ買うわね。

 で、特に服の数を減らしてからは着ない服が減った故に、一枚一枚の回転率が高く、当然ヘタるのも早い。
中でも下着類ですよ。
 そもそもから消耗品と言われる部類のものですが、下は良いわ、交換時は解りやすい。
けど、上。つまりブラ。
こいつがやっかい。
 嘘だろ?と思うんですけど、使用回数30回~100回くらいで寿命とか言うんですよ?(手洗いの時)
…えー、あれが30回ものと思ったらとんでもなく高価じゃない??(;´Д`)
まぁせめて100回の方を信じたい。or1年説。
(あと苦笑いせざる得ない話として、カップの大きいブラの方が早く摩耗すると言う。あはは…。)
 ローテーションが入るものだし、一概に言えないんだろうけど、数が減った最近は確かに―ちょこちょこ買い替え出してる気がする。
 今回はとりあえず買ったはいいがしっくりこなかったやつと古くなったやつを下げて新しいものと入れ替え。
こまめに買うとなると、常にその時欲しいやつ、好みのやつを買えるからそこはいいね。
 好きで大事なやつほどとっておきがちだけど、旬の内に使い倒さないと本当は勿体ないし。(経年劣化もあるので、使用してなくても2年はアウトっぽい。)

 最近じゃ服もバーゲンはほぼ無視してて、今必要で、今着るやつだけを見るようになってきました。
定番物なら次シーズンまで寝かせておいてもいいんだけど、計画性ないから、必要に迫られて買うくらいが私にはちょうどいいのかもなぁ。失敗しない買い方としては。

 あと、毎日毎日使ってるからこれもヘタれてきたパスケース。
うーん、いつ買ったっけ?
 気に入っているので同じのを買おうとしたけど、もはやどこにも見つかりません。
仕方なく比較的似ている、でもテイストの違うものを購入する事に。
 以前なら交換してから少しは未練だか保険だかのつもりで、前の物を置いておいたんだけど、もうあっさりと捨てられたわ。
めっきり捨てハードルが低くなりました。
買って正解だったものの話
 さて、家のすべての物を見まわし、何が要る何が余分とか考えていると、一つこれはもう買って大正解、使い倒しているものがありました。
それはシュレッダー。
 最初は手動式の小さいやつ…とか考えていたのですが、電動式の小さくはないものを買って早2代目。
これだけは毎度働いてくれますわぁ。
場所を取ると言えば取るんですが、君にはその価値があるっ。
 ハサミや手動シュレッダーなんかどれだけ時間かかる事よ、と思っています。
毎日のダイレクトメールやカタログ、大変よね。
 まぁもっと完璧に紙類の整理が付いたら、最終的には都度ハサミで切ると言うやり方もいいのかもしれませんが、遠い先の話ですね。
 これの次点でデジタル保存用のスキャナーがありますが、こちらも大事大事。
掃除道具がかさばるとか本末転倒なんですけど、長所の方が勝っている道具は外せませんな。(´ー`)

 そして扇風機!
暑さ対策だけで言うとエアコンもそうなのですが、掃除の時埃を追い出したり、工作や絵描きの時の匂いの除去、或いは湿気対策。洗濯物を乾かす時まで―もうね、夏の間は2台欲しい勢い。
冬でも空気循環のため、ほぼ点けっぱなしですもん。
 これももはや生活に欠かせないなぁ。即効性があるよね、風って。
(あと室内干しの時に扇風機当てた方が『シワにもなりにくい』ね。)
 年柄年中稼働のこの扇風機、もはや何年使用し続けているかわかりません。十年は絶対越えていると思うが…壊れないよねぇ、扇風機って…。ボタンは摩耗してなくなっちゃってるけど。(上に厚みのあるシール貼って誤魔化してる。)
安いし最高なのでした。

カバン
 鞄が一つ逝きました。
あら。まだまだ行けると思っていたら意外と早かった。
 持ち手のベロ(?)が剥がれた感じ。
まぁリストラ候補NO1鞄だったので、使い切りどんと来いだったのですが、次を買い足す予定はありませんでした。
なのに―買っちゃったよ。
 いや、全然違う鞄を足したんです。
 
 大体私は鞄は肩斜め掛けが多く、それはそれで便利なんですけど、通勤に水筒を持っていく派。
鞄に水筒を入れると底板しなりまくり、ベルトが長いんで重みが遠心力で倍増されまくり…ううううう、持ち運びにくいっ。
 仕方なしにノベルティでもらった数に入ってないどうでも良いトートに入れて運んでいたんですが、持ち手が短く完全に手で持つタイプなのですね。
 しかし重さを最も感じないのは体に密着タイプのはず。
リュックは無理だけど、短く肩掛けするタイプがマシだと思ってます。
これなら肘にも指にも食い込まない。

 で、この際重いものと軽いものの鞄を分けちゃえって事で、今まで大きい鞄一つ派だったのですが、小ぶりの鞄+サブバッグ方式として、このサブバッグを新たに購入したのです。
 所詮は水筒入れだから、頑丈帆布のトートでいいやと適当に探していたんですが、探せばあるもんで、ワインボトルを入れるようなバッグ、あるんですね。
日傘やお茶の時のお花なんかも入れられるような細長いやつ。
 これだと水筒が中で倒れる事もなく(トートの時はどうしたって倒れていた)、体に密着してスムーズ。
ちゃんと持ち手の長いのもあって、肩かけ出来るし、ナイロンなんかの薄手でなくしっかり帆布、使わない時は折りたためる感じの素敵商品があったので、つい買っちゃいました。(最近は国内産帆布鞄会社、進出してきていて商品展開凄いよね。)
 ノベルティのトートは汚れていても来たので、これでおサラバだな。

 と言うわけで鞄を消費したものの、また増やしちゃったんで今回は減らず。
ま、たまにはピンポイント目的の物を足すのも便利でいいか♪
続・夏のボーナス
 ハンカチを買い溜めして悦に入っていたところ、吟味してみるとそろそろ下着も買い替えちゃうか、となりました。
今年は細かくご褒美消費だなぁ。(半分以上生活必需品な所がアレですが。(笑))

 さて、下着。
どうでもいい話をしますけど、上下セットで買うといつも大体同じ時期に処分出来てたんですが、何故か今回は下だけが消費が早い。
…おい、おいおいおい、セットじゃなくなるじゃん。
(世の中には上1下2と言う賢いセットも売っていますが。)
 どういう事だろう?着用したら洗濯回数も必ずセットなんだけど。
 恐らくはちょいデザイン優先で華奢なのを買っていたのか?
中には色落ちとかあってデリケート過ぎんよ、お前!と思いました。
まぁみすぼらしくなったんなら仕方ない。
 ここで上下セットで捨てる事は出来ず、致し方なしにしただけ追加で買う事にしました。
ついでに元々単品ものも一部買い替え。
 まぁ、上と似たデザインを探すのは何かもう無理だし、大変だからと、色味だけで何とかならないかと、無地でシンプルなものを探しちゃってる自分。
色だけあってりゃいいだろ??もう。

 はい、ここからの流れは速いね。
シンプルと言えば着心地重視→可愛さのかけらもない見た目勢ぞろい。
レースもリボンも要らぬっ。
 …ふふぅ、スポーツタイプかラインレスかくらいしかないな。一つ間違えばおばちゃんもの。(まぁおばちゃん物は逆にレースに返り咲いてる事が多いんですが。)
 しかしまぁシンプル=安定のメーカーと言う原点回帰に思い至りまして、さすがにグンゼまでは還りませんでしたけど、フクスケとかアツギとか万歳状態に買い込みました。
うわー、ハンガー釣りやワゴンでなく、パッケージに入ってる下着買うなんて珍しすぎるっ。(このニュアンス、解ります?)
 老舗メーカーはさすがに違いましたね。
とにかく質実剛健。
 トリンプ、ワコールなんかはデザインで考えるんですけど、謎の安定感があります。あとユニクロなんかも良さそうだったんだけど、今回は試さず。(もう持ってる服全部ユニクロで済ませてもいいよ…。)

 しかしいざタンスに並べてみると…地っ味~。(;‘∀‘)
笑えるほど、地味。
 だってね、結局例えば上が赤だったとして、下も赤って単品として手が出なかった。け、健康赤パン…うん、パスします。
なので地味なラインナップに。
 今度買う時は上下全交換だから、デザインに凝ろうっと。
今期はシンプルに行くぜ。