FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
神隠しと日本人

 何だろう、すごくどこかで読んだような気がしたんだがメモにも載ってないし、いざ手に取ってみるとタイトルも含めて改著みたいだしやっぱりどこかで読んでる??となりつつも中身はやはり知らない気がする。
さんざん悩んでとりあえず同じ作者の本は読んだ事があるようだ。
こんなジャンルばっか好きだから記憶の弊害だな。(天狗じゃ、天狗の仕業じゃ。)

 昔の文献をひたすら採集して独自の定型に落とし込む―ここまでは如何にも『研究』っぽい流れ。ひたすら同じ様な話が続いて(そりゃ神隠しの話しかないもんね。)、ラスト手前でようやく整理された推論が発表されます。
あー、ここまで読んでようやくカタルシスだな。
 もやもやとした解りきった解説(神隠しは誘拐だの家出だの)から一歩進んで、『では本気で神隠しを信じていたのか』という疑問。
確かに昔は神や妖怪は身近な存在で、失踪者、或いは不可思議な体験をして帰ってきた者を『神隠し』として皆が認めていたのは分かる。
でも本気の人もいれば、中には容易く「いや、家出だろう」とか「人攫いだ」と言う考えに至る人も多く居ただろう。それなのにどうして皆で口を揃えて『神隠し』で納得に終わるのか。
 あ、この突っ込みはなかなか突き詰められている。
 そう、『神隠し』とは訳の分からないものを『それ以上思考を止める』とか『このまま丸く収めよう』と言う共通のお約束だったという話。
あー、一種の手打ち方法か。
日本人独特の民族性と言うか、なんとなく腑に落ちる。
 白黒つけずに…というのもあるけど、それだけじゃない。例えば政治的にもきちんと線引きはされていて、江戸時代なんかの行方不明者は、家族に捜索義務が課せられて、30日間×6ターン探して見つからなければ戸籍を抹消という法があったそうな。
―いつまでも探し続けていても仕方ない、残された人間も切り替えようという気持ちが見えるね。
 また、当人にとっても逆に行きを曖昧にしたように、帰りも曖昧に出来るという素敵なシステムでもあった。
失踪の言えない理由を、よく覚えていないとか気が付いたら数年経ってたとか、『神隠し』の言葉一つで周囲が追求せずに本人が帰ってこられる、これも中々上手いシステムだと思った。(戸籍も復活するそうだ。えらいもんだね。)

 そんなわけでオカルト系民族学的神隠し本が多い中、これはかなりきちんとそのシステムを突き詰めて説明してくれているなという感想を持てます。ラストの部分だけで十分という気もするが、世の中そんな神隠し的な話に馴染んでいる人もないから実例は必要か。
 ラストにいきなり面白くなった一冊。あ、中盤の天狗と鬼の神隠しの違いなんかも興味深かったです。
お告げのマリア 長崎・女部屋の修道女たち

 国内外を問わず社会的弱者、治安、文化関連を最近読み漁ってますが、今度は日本における宗教的な存在に付いて。
 どうしても日本の案件は、多少古い時代の資料に寄っちゃうな。分かり易くピークの最期までを読めるからか。
 
しかしこちらはキーワード孤児で探したからか、基本孤児院を兼ねての宗教話と言うか、一人のキリシタン弾圧を受けた女性が、何と何百人もの(戸籍上の)養子を迎えて孤児院をしていたと言うお話です。…孤児院やるどころか、自分の戸籍に入れちゃうって凄いな…。
この人の戸籍簿、紙数枚どころか、一冊の本になっている状態なんです。
 その多くが、乳児等ですぐに亡くなってしまうのですが、長じた子達も多く、皆がその女性の名字をもらっていました。
 だから戦時中、同じ部隊に『長崎の○○』と言う姓の兵士が居合わせる事が多く、聞いてみたら世代も色々の孤児院出身者が多く、十数人規模で出会ったと言います。…凄い。

 さて、しかし話のメインはやはり宗教弾圧の話になります。それどころかなかなか興味深いのは宗教内部での抗争も書かれている所。
平等ったって男女で差別付けるとかねぇ…。
 他、女部屋に関わった色んな人女性(シスター)たちのそれぞれに苦難に満ちた生き様を区切りつつ書いてくれているのですが、これだけの数の人生を見ていると、まぁ何とも複雑な事です。
 それらの色んな人生の中で皆が女部屋に入り神に一生を捧げると誓った経緯。
また時は原爆投下の日にも下るので、キリシタンが長く伝えられた地域性の他、『受難』について考える環境が揃っていたのでしょうか。
 メジャーで一見クリーンに見える宗教の、裏側でディープな世界を見た気がします。
知ってるようで知らない日本人の謎20 

 そそられるタイトルでしたが、思ったよりは学術的で、思ったよりは雑学本でもなかった。
何というか中途半端かなぁ…。
 多分、専門的にやったやつを分かり易くまとめてくれた結果の立ち位置だと思うんですけど。
確かに読み易くしてくれてる所には感謝。
 まぁ取り上げる話題に脈絡が無く、まとまりが感じられないとか、そこら辺で雑学本っぽい匂いを感じてしまうのか。
 鯉のぼりだとか、田植えとか、ある程度知っている事も載っていたんですが、同じ結論にしてもそれをあれだけの量で語れる知識量と、他の何かで読んだ際の一言コラムの様な端的な知識と、その差がありすぎて、かと言ってそこに日本人の根源なようなものを何か感じるかと言われればどうも微妙なもんで、そこら辺のバランスが難しかった一冊。
 上がる、入るの自分が使う言葉としての違和感とか境界の話、世代差もあるのか、『日本人ならこうでしょう!』と言うラインに共感しきれなかった点もあり、まぁ流し読みになりました。
 タイトルからは日本人のルーツ本かと思ってけど…違ったわ。
パラノイア創造史

 世の中の古今東西、奇人を紹介する本。ジャンルに迷った結果、ノンフィクションだとは思うのだけどむしろ思想的かなぁ…なんてカテゴリーに。
 曖昧模糊は本のすべてに至って、目次に出て来る見出しは面白いんだけど、中身としてははっきりしないと言うか、微妙な感じが多いかなぁ。何といっても扱う人物の生き様自体奇妙過ぎて掴み所がないから。
目次はこう。

序「パラノイア創造史」の創造史
1 悪魔の肖像を描いた画家―クリストフ・イツマン
2 妖精に憑かれた家系―チャールズ・オルタモント・ドイル
3 永久運動機関の発明家―ウィリアム・マーチン
4 地球を割ろうとした男―ニコラ・テスラ
5 驚異の心霊的発掘家―フレデリック・ブライ・ボンド
6 異端派転生を信じた医者―アーサー・ガーダム
7 フロイトと交感した患者―狼男
8 二つの人格を往復した男―エンゼル・ブーン
9 太古の記憶を幻視した詩人―AE
10 偉大なる記憶力の持ち主―“シィー”あるいはエス・ヴェー・シェレシェフスキー
11 新文字を発明した人びと―鶴岡誠一and/or島田文五郎
12 幻覚幻聴体験と電気感覚―電気屋
13 奇妙な家を建てようとした男―赤木城吉
14 架空のパラノイア患者の転生―桜姫
付録「パラノイア創造史」類似行為者目録抄

 まぁそれがパラノイアって言う括りだから共通するものに差異が無くて一人一人が目立たないのかも。患者系の会話録はもはやちょっとしたホラーとも言えるし、冒頭のカテゴリー分けからしてその度にこの本の位置付けが自分の中ではっきりしない。言い得て『奇妙』。(本来本にジャンルも有るような無いような…なのかもしれませんが、物事を咀嚼して記憶や心のどこに置くかって、『座り』みたいなものがあると思いません?もやっと不思議な印象の本だ。)
タイトルに偽り無しという事か。 
 唯一はっきりとした確信で受け取れたのは、『ドグラマグラ』について語られていた部分で、『ブウーン』の辺りとか、凄く納得した。
それにしても荒俣氏は本当に博識だ。この人の難解書の解説本なんてあるのなら読んでみたくなったよ。明快に整理してくれそう。
横道な感想でした。
捏造される歴史

 古今東西の歴史に隠された捏造―とは言え、翻訳物なのでちょっとあちらさんの文化圏もので、感覚で解るものは少なかった。
アトランティスとか、アメリカ大陸、各宗教とか絡み出すとなかなか頭でしかなぞれないな。
 しかし本当、その歴史その単語の初出はいつ?と追いかけると、尾ひれの付きまくってる事…。突き詰めれば言ったもん勝ち、歴史は勝者の、生きた人間の好きなように書き換えられるって事が解る。
 古代文明とか、夢があるだので信じる派は多いけど、面白ければそれでいいって言うのはある意味それこそ想像力の欠如になると思うんだけどな…。
真実を見つけ出す事の方にも浪漫はあるだろうに。
 またアトランティス系はどうしてもオカルト方面にも引っ張りだこなので、余計に有象無象が生じるんだろうね。
オカルト絡みでない案件とて、人の欲望が絡み出すと情報なんてすっちゃかめっちゃか。
結局は人間の欲望の痕跡が今の歴史書だと思うと溜め息が出ます。
 まぁ今日起こった事件でさえ感じ方一つ、捉え方一つなので、遥か過去に起こった事件の真実、こういうのがバシッと解る日が来るのかなぁ…。人の心の中は解らないだろうけど、事実だけは科学捜査とかでね。
しみじみアカシックレコードを見たいもんだ。(あれも捏造歴史の一つだそうです。)