元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ざしきわらし

 …これは怪談えほんか?
怖い絵…。
 オーソドックスな話なんだけど、幸せ系でなく、『出て行ったから不幸』系。
しかも双子の幼女座敷童で、別の家に行くと言って消えたわけだけど、消えられた方はもうたった一日で使用人含め死亡END。
おいおいおい…まるでもう座敷童のせいじゃないか。(まぁ座敷童は察しただけで何もしてないと思うけど。)
 結びで、『座敷童って遠野ではこんなもん』とされているのが淡々としていてまた恐怖。
しらんぷり

 うん、でかい本だな…。ちょっと読み辛い大きさでした。
 ほぼ字の少ない絵本ですけど、中身的にはテーマは重くて、いじめ。それも見ていてしらんぷりをする主人公と言うやつです。
ストーリー的には定番中の定番なので、このタイトルで察しろと言う話なんですが、通常の流れと違う所は、いじめられっ子はとうとう救われなかったと言う所。
…ぇええええ…。

 むしろ、主人公がしらんぷりした後悔をどう乗り越えるかの方がメインストーリーで、まぁ、自己満足、自己欺瞞の影がちらつく、そう言う意味でもどんよりする展開が続きます。(勿論大正義はしらんぷりするな、いや、最初からいじめるな、ですが。)
 口出ししたら次は自分が…と言うあれは、実際の所、自分に対しては何が嫌な気分になるんでしょうね。
目を付けられるから仕方なく…の中には、自分がしょせん虐げられる側の弱い方だと言う認識をせざる得ずそれが突きつけられたプライドの痛みなのか、はたまた言葉通り保身の話で関わりたくない一心、果たしてどんなものが含まれているんでしょう?
 
 さて、痛むものを良心と呼んで綺麗に処理しちゃう前に、いじめられた子への気遣いよりも自分の心のケアを考えなかったか?そんな心情が根底にないのか?
 大体かばうタイプの人間だって、腹が立ったから、とか絶対に『自分の気持ちの持っていき所』を考えた結果その行動になっているだけのはずで、『まず自分の事を考えた』にも色々あるわけです。
 そして『可哀想』っていうのだって、決して相手におもねるものでなく、自分の責任においてとらえるものでなければいけない。
よくお礼を言われて「自分がそうしたかったからそうしただけ」と言うのが有りますけど、あれが正解だと思いますよ。感謝する気持ちは良い事ですが、やる側は絶対この『自分が』を忘れちゃいけない。他人の為でなく、自分の心のためにやるんです。
 情けは人の為ならずは常に深い言葉。
自分の事をまず考える。それ自体は別に悪いわけではないと思います。
 誰かがそうなった原因はどこにあるのか知らないけど、今この状況で自分が助ける事にしたも、しらんぷりする事にしたも、全ては自分の中のそろばん勘定の結果だというだけです。
 だからこそしらんぷりの中には、自分の納得いくような行動がとれなかった時の苛立ちが含まれていると思います。
…まぁ見ただけで何もしてないのに攻められると言うのは重い話だし、巻き込まれりクスも高すぎますけどね。(その意味でも集団生活の中でトラブルメーカーがどれだけ迷惑になるか、怖い話でもある。)
 このしらんぷり、本来なら周囲が攻めるべき案件ではなく、内省的な話なのだと思いますが…。
そこが啓蒙ってやつかな。

 この本はそれをきれいな言葉で誤魔化さず、追求しています。
『少年は良心が傷んで反省しました』なんて簡単な話じゃないのね。
 少なくともこの本に出て来る登場人物達は、皆居そうなタイプで、それぞれが違う人間として、綺麗事だけに終始せず、自分の心を守るために行動する。『自分の事』を考えている。
利己的だったり、根本から違う考え方をする人間も当然たくさんいます。
 この『誰か一人の善悪によって』のみ世界は構成されるわけでない所が、また色々考えさせられちゃうね。

 そして『自分の事』を考えた結果、『行動』出来ている人間が、良いか悪いかは別にして立場に関係なく強く見えた。
 この話、実はいじめられっ子が最終的に一番高潔で心が強い子だった気がします。自分なりの形でケリも見切りも付けたし、新しい道へ踏み出してる。勝てなかったけど、渦中で動いたし、またその後も動き続けている。
 これと対比すると、主人公やいじめっ子らにはうじうじしたものを感じざるえない。
 そう言った『弱さや強さとは何か』を考えるのにもいい本かも。

 一冊でとてもたくさんの考え所がある作品でした。
不思議を売る男

 ははぁ、骨董品を売るのに、その商品にちなんだお話をして買わせると言うやつか。
これが、男が『嘘つき』と呼ばれる所以なのね。(原題が『A PACK OF LIES』。)
 セールストークとも思えますが、得体の知れない嘘をつく男を雇い入れた主人公母子。
警戒はするが、ようやく商品が売れ出したのだから文句も言えず、傍で黙ってその話を、売りつけられる客と一緒に聞くしかないのです。
 上手いね。これでひとつひとつ全く違う話を短編で繋いでいくと言う流れが出来る。
(しかしこの嘘と言う解釈、主人公母子は「でもあの人はこの商品がお話に出て来るものと同じだとは言ってないから嘘とまでは言えない」とか言って自分を誤魔化してますが、いや、この商品の話をしましょうって言ってる時点で完全にアウトですよね。まぁこの正体不明の男が本当の来歴を語っているかもしれませんので…?)

 さて、その来歴。
アンティークショップで商品の来歴が解る話は割とあると思いますが、そう言う場合の綺麗だったり、ジンとしたりといった良い話は欠片もなく、『大時計の下敷きになって死んだ』とか『意地悪な手紙ばかり書いていたら文箱から髪の毛が襲ってきた』とか不吉でホラーな話ばかり。
 …これで何で買っちゃうのか?皆。
 まぁ同じ様な店に買いに来たパターンの中でも、毎回客あしらいやトラブルの解決の仕方が違ってて、たまにオークションへ買い出しに行ったり、はたまた警察の捜査が入ったりと、男の飄々とした活躍が鮮やかで活かされます。

 所でこの男、本にしか興味が無く、他の事はまるで頓珍漢なんですが、途中で恋愛要素が入り込んでくるのがえらく面喰らいました。
 だって母親(未亡人)とかと思ったら、娘の方とだったんだもん。…ぇ、この娘、幾つ??てっきり小学生、せいぜいローティーンくらいかと思っていたんだけど。(ああ、五年生と言うからそう思えたけど、実は高2くらいの数え方か?国によって数え方違うから、ここは翻訳でさくっと日本式に換算していてほしかった。)
 しかしそれも全くフラグのないとしか思えない状況で、母親の方が『娘がだんだんあなたに惹かれてきていて問題だわ』的に釘を刺すのですが、男のはぐらかしの話は意味深に恋愛話だったしなぁ…。娘もそんなそぶりを見せていなかったのに急に応える感じだし―どうなの、これ??(男は年齢不詳とは言え、結構すぎるくらい大人に思える。)

 で、最後どうなるのかな、駆け落ちでもするんか??と頁を手繰っていくと―ラスト、えええええ??????
ちょっといきなり不明な展開に。
は?これ、どういう事?結局作中作なの?現実なの?どうなったのかも予測しづらい終わり方なんですが。(ハッピーエンドを予想するとは限らない。)唐突すぎんよ。伏線とかどうした。
 うっわ、もやもやするわぁ…。大体男が同一人物として、外見とか性格とか随分違うように思えるのだけど…。
と混乱ひとしきり、説明しにくいラストでした。
 考察が上手い人は幾通りにも解釈出来るような感じ。だが私は作者が指し示すたったひとつの本意を知りたいと言うのに。(ってあまりにも釈然としないので検索かけたら皆ラストが解らんとかで吹いた。)
 まぁラスト以外、短編の方を楽しめればそれでいいかと言う感じです。あんまり恋愛してないから、そっちじゃ期待や応援気分はないもんねぇ…。好みの上だとこの手の話は不思議なおじさんと少女系ですわ。
ハッピーノート

 中学受験を控えて塾通いに精を出す小学生女子。そんな子が主人公なのですが、うん、なかなか…嫌な部分も全開の一人称物で生々しいな。
 なんせ学校でつるむのが苦手。かと言ってグループから逃げると孤立するし、いつも調子良く(内心相手を怖がったり、馬鹿にしながらも)振る舞っていた。
 で、彼女はさっさと学校側の上辺の友人付き合いに見切りをつけて、塾なら新しい素敵な環境が待ってるんじゃない?とTVドラマなどの影響を受けて、勉強目的でなく塾へ行く事に。
 ところがそこでも結局一人。しかしここでは下らない人間とはつるまないつもりなので、日々自分では動かず、良い事ないかな…と毎日不満を抱えながら過ごしている。
 そんな中でも、一人の男子とは仲が良くて、主人公は彼が好きなんだけど、その子は塾では決して主人公と話したりしない。
塾帰りのドーナツ店で一緒に勉強をするだけの仲。いつか彼が自分のグループに主人公を紹介して仲間に入れてくれ、リア充になるんだ…なんて思っているけど、やっぱりこれも受け身なのね。

 そんな不満と受け身の生活の中、主人公は新しく塾に入ってきた女の子から、サバサバかつ、どこか馴れ馴れしい近寄られ方をする。
 その子は妙な服装や言動なのだけど、物おじせず何でも出来、そもそも頭が良い。
でも人との距離感が測りにくい子であり、主人公は嫌悪困惑しながらも、自分がいいグループに入るため、打算的にその子とつるむ事になる。
 しかし目論見は見当違いだったわ、成績は落ちるわ、例の彼は最後まで主人公を公に友人扱いすらしないわ、展望なんて望めない状況に。
(ちなみに学校の友人とは相変わらず嫌々付き合ってるし、家庭でも親に反発バリバリ。)
 もう八方塞がりどころか、よく一つの良い事もなく進むなぁ…なんて。
 特に友達付き合いは、学校でのグループは足引っ張る子にいらいらし、リーダーの機嫌を測り、どちらでもない子はさらっと裏切って転校して逃げちゃう(積極的だな)し、塾の子らはそもそも向うからして主人公を相手にしてなくて、男の子もよそよそしいし、入ってきた女の子は癇癪が酷い。かと言って憧れていたグループにちょっとだけ入れてもらってもルールがいっぱいで嫌だとか思うし―。
あー、気の合う子がいないとこういうもんなのかしら。

 まぁこの子のネガティブさもあると思うんだけど、途中で『結局どこへ逃げてもその先で嫌な事がないとは限らない。じゃあここで嫌な事を止めよう』と開き直った様に自分の意見を通す子に変身。
 普通はそこで見直されたり、裸の心でぶつかって友情が出来たり、道が開いたりする展開と思うんだけど、これがなんとも酸っぱい話。
全く相手を思いやる行動がないくらい、「私はこれがしたい、それは嫌だ」と主張する子になってしまった。(そして複数の子と衝突する。)
 いや、自分の意見が言える事は良い事なんだけど…取りつく島もない感じに思える。そしてそんな急に変われるのも不思議。
まぁそれで、向うも今まで押しまくってきた分反省―と言うより考慮するようになったのか、険悪なムードながらも前みたいに主人公が振り回される事はなくなりました。
 ただ、主人公もしれっと、『別にあんたと無理に付き合いたいわけじゃないけど、あんたがいないと一人になるんで』的な言い草なもんで、読んでいてとげとげするわ…。このまま本音を言い合う親友になるんだろうか。いや、運命の友人に出遭うまでの保険にしか思えない…。
 この子最初は消極的ネガティブ、ラストは積極的ネガティブだよ。

 ただ、女の子友達らとは結局こんな調子だけど、塾の男の子とだけは誤解も解け、仲良くなったラストでした。うん、どこを見ればいいかわからない。BF的な話がメインか?これ。それとも単に友人がたまたま男の子だっただけの友情テーマ??
(あ、あと家族とはお互いカッコ悪い所を知られ合って、結局仲良くなったようです。そこはまとまっていた。)
 全方向に釈然とするハッピーエンドじゃないのが、微妙な気にさせてくれた本です。
旅のくつ屋がやってきた

 旅のくつ屋がやってきて、宿屋の息子の主人公は、彼と仲良くなるのだけれど、くつ屋は何かしら怪しげな行動をとっている。
町のあちこちを調べてはメモを取って―。
 もしやくつ屋はこの街を襲おうとしている盗賊で、下調べをしているのではないか、と町の住人は思います。
 このあらすじだけでは、大体それは何かしら誤解で、くつ屋は逆に凄く良い事をしていたり、あるいは不思議な力を持つ妖精だのの類で、最後にハッピーエンドと言う…のを私は予想していたのだけど、これが結構とんでもないシリアスな話で。
道徳の授業かと言うくらいに、考え込まざる得ないシーンがたくさん出て来るのです。

 まず、実はこの町の半分の住人は、実際にかつて盗賊に町を襲われ逃げてきた人々。
放浪に放浪を重ね、ようやくこの町だけが彼らを受け入れてくれたので、この町に迷惑はかけたくない。
 主人公の父親、宿屋の親父はこうしてこの町に入ってきた住人達側。
主人公は初めてそれを知る。
 そしてその逃げてきた人々は、もしこの町を盗賊が襲いに来たら、自分たちがこの町を守ると固く決意して日々気を付けて怪しいやつが居ないか見張っていた。
何故なら盗賊たちは、逃した住人を追い続けているから。

 え?なんで追われてるの?と思いきや、実はこの住人達、結構知恵者かつ転んでもただでは起きない人たちで、町を襲われた際に首尾よく先に町を放棄して出て行って、盗賊らが町で祝杯を挙げている最中に上流のダムを決壊させ水攻め、盗賊の大半を殺してやっつけているのです。
 自業自得の上、賢い自衛行為だったと思うのですが、盗賊は逆恨みで、何十年かかっても住人らを探し当て、復讐してやると追いかけてきているらしいのです。
 だからくつ屋が盗賊なら、仲間を呼び寄せるだろうから、それを阻止せなばならない。
 主人公はすぐに、それはくつ屋を、この町から生かして出て行かせられないと言う意味だと気づく。(相変わらずただでやられない意気込みですが、まぁ頭がお花畑過ぎて略奪や暴力に晒されてもね…。
 地続きで土地を取り合っている歴史が繰り返されているような国だと、当たり前の考えだと思いますし、そういう下敷きがあるのかな?と思ったのですが、あら、普通に日本人の作品でした。ちょっと珍しい展開だな。)

 主人公及び、一部の人は穏健派で、とりあえず盗賊と同じ様に罪のない人を襲うのはいただけないと、くつ屋が一番心を許しているであろう主人公に、『くつ屋が白か黒か』判定してもらおうと相成る。
今度こそ白判定かと思ったのですが、お話はまさかの黒に近い灰色の流れに―。
 凄い展開です。

 くつ屋はしかし、盗賊の命令で何十年も住人たちを追ってきたが、いつしか盗賊の里も消え、自分が何のために旅をしてきたのかわからなくなった。そしていつの間にか自分はくつ屋に『なっていた』のだと少年に告白します。
 しかしそれは物語として巧妙に聞かせたもので、少年は正面切ってくつ屋が盗賊かどうか、聞くに聞けなくなるものでした。
 はっきり言って会話の内容は、もうくつ屋が盗賊だと言っているわけですが、この話に嘘があって、盗賊達はまだ生きていて襲ってくるのか、それともくつ屋は盗賊を止めてくつ屋として生きて行きたいのか―ここら辺を主人公は正面切って探り出す事も出来ないがんじがらめの状況に陥ります。
 恐らくはくつ屋自身、主人公にすべてを任せ、裁かれる事を望んだのかもしれません。
 次の日、何もされずに住人たちに旅に見送られるくつ屋。
くつ屋はきょとんとして、見送る方、見送られる方、お互い複雑な気持ちで別れるのです―。

 これ、お互いがお互いを探り合いながらのエンドなんで、決してハッピーエンドじゃないんですよね。
私はてっきり、くつ屋になりたいと言う男を、この町に迎え入れると言う最高ハッピーエンドになるんじゃないかと一瞬思ったのですよ。
 ところが、それはなくただ、放免されたのみ。
もしかしたらこの後盗賊が来るかもしれないし、来ないままかもしれない。
 くつ屋はこの先どこに行くのか?果て無い旅に絶望しかけていたくつ屋に、住人は少なくとも安住の地を与えませんでした。
 或いは、盗賊たちは生きていて、ただ、この街の住人が今も気を許さずに盗賊の事を見張っていると知り、復讐をあきらめた―?
この、縁の断ち切り方と言うかぷっつりと終わった話って、非常に不安を誘います。
本文自体に、『どうなったか解りません』として終わっているんだもの。
うわー…。
 この作品、ところどころに闇が落ちてるよ。

 そんな中、それでも主人公の心根は素直で、この状況や出会い、周囲の人間すべてへの気遣いや心苦しさ、そんなものを胸に揺らがせながらストーリーを進ませました。

 後味が凄く残る本。
これは何歳で読むのが妥当なんでしょうね?大人が読んでも心ざわつく本だよ。(一応小4くらいが対象の様ですが…。)