元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
えんの松原

 観光地的な土地名としか認識がなかったんだけど、内裏内の一部分の地名か…なるほどな。
 あらすじ自体はちょっと歴史ロマン的な感じで、事情があり女装して女官仕えをしている少年と、病弱で帝の継承権一位の御子がひょんな事から出会い―と言う感じ。
 蓋を開ければ時代で信じられていた怨霊がテーマのようで、成程、どこもかしこも悪い事は皆死んだ誰かのせいなんだな。
主人公は両親を殺した流行り病の怨霊を憎んでいるし、御子は今まさに怨霊に呪われている。主人公を取り巻く人々の中にも、血筋の者が怨霊になっただとかで風評被害を受ける者も居る。
 そんな中、えんの松原の中で主人公は鳥の姿をした怨霊たちに出遭う。(えんとは怨か?)
えんの松原は真に怨霊の住処であり、松を伐ろうとした男たちをも事故で殺す程の力を持っていた。
 主人公は松原に近づきたくはないが、御子を苦しめる怨霊が居るとしたらここだと、確信を抱きつつ女官仕えを続けていた。
しかしある日、御子を守る祈祷をする阿闍梨の言う怨霊と、御子が言う怨霊は別のものではないかという疑問が出て―。

 この辺りから物語は謎を帯び、読み手をぐいぐい惹き付けてくれます。
 この作品、何よりキャラが立っていると思いました。
男であることを隠さないといけない割に乱暴な主人公や、こっちが女じゃないかと思われるくらい病弱で儚げな御子。口うるさいが頼りになる老女官や、御子の関心を奪われまいと嫉妬を露わにしてくる美少女女官。
どのキャラも非常に練り込まれた自然な感じの立場と行動、心情で、生き生きとしています。
 また、真の怨霊の正体が解ってからは、御子の抜け出せない運命の哀れさやそのお話の行きつく先と、細やかなストーリー展開も魅力。

 児童小説の割に、古風だしページ数多いし…と思っていたけど、読んでみれば生き方について、真正面から語り掛けて来る力強さに溢れた本です。
時代小説の分、好き嫌いが分かれそうですが、なかなか読ませてくれました。
11をさがして

 ディスレクシア(難読症)の少年が主人公と言う珍しいお話。
それが故に屋根裏部屋に隠されていた新聞記事が読めず、そこに載っていた幼い自分の記事に疑問を持ち、自分の出生の秘密を探ると言うものです。
成程なぁ。
 しかしこのディスレクシア、ディスクレシアありきのストーリーなのか、ストーリーありきのディスレクシアなのかよく解らず。
 この設定が一番意味を持つのは最初の『新聞記事(謎)が読めなかった』部分くらいで、あとは流れ位にしか感じられず。
ちょっとグッとくるなぁと言うのは、ラストの辺りで『読めないけど、書けないけど、伝えたい事があるんだ』と言う持っていき方くらい。これ自体も正直、ちょっと…弱い。
 何せその気持ちは十分、他の行動や人との関わり合いで伝わってくるから。
 謎自体も結局はいわゆる『大冒険』的な展開になるわけでなく、あくまでも本人の中で本気で悩んだ大事件ではあるのだけれど、小さく収まってしまう話で、心の揺れ動きで繋いでいるストーリー展開。

 むしろもうひとつの軸である主人公と親しくなった少女との友情物語の方が気持ち良く、こっち一本で煮詰めてくれた方がすっきりしてたかも。
 まぁ少女に話しかける理由も謎が原因なんだけど、最初にあらすじで屋根裏部屋の謎が強調されてたもんで、そっちを膨らませて考えてたから、盛り上がりに欠けたんだよね…。真相が解った時の肩すかし感も加えて。
 それからそれを押しのけるくらいに、少女のキャラが良かったとも言える。
イラストも魅力的に描かれているし、言動や絡み合い、すべてがこの二人のハッピーエンドを願ってやまない魅力的なものでした。 謎は置いておいて、二人の友情を噛みしめたい一冊。
夜の神話

 不思議な印象。
神様が美しい青年姿で出てきて、今時かと思いきや、作風は素朴だったり、それでいて主人公の醒めた感性なんかは現代っ子そのまんまだし、でも出て来るもの自体はどこか古臭い印象を漂わせていたり…。
このいろんなものを集めて混在させているような不思議な印象は何だろう?
 『今』の中には、最先端もあれば、古く残っているものも有る。いつもはそのどちらかにだけ焦点を絞って考えがちだけど、どっちもあって『当たり前』が本来なんだよね…。

 象徴するようにこの本のストーリーは、田舎に越してきてご機嫌斜めの勉強は良く出来るお子様が主人公なのだけど、彼はのっぴきならない事故を間近にする事となる。それは、原発事故―。
 一方で主人公は、虫や動物の死に対してあまりにもドライだったため、神様から何のつもりか『サトリ薬』と呼ばれるまずい団子を食べさせられるのだけど、以降、薬の効果で動物や草花の声が聞こえるように。
 人類の科学の最先端、強力な原子力の問題と、原始的な神や自然の力。
その両方がいきなり少年の目の前に提示されるわけだけど、なかなかハードな衝撃が多いです。

 まず、虫たちの声が聞こえる故に、クラスメイトが昆虫採集で取る虫たちの断末魔を聞く羽目になるし、原子力発電所に勤めるお兄さんから青い炎が噴き出している(被爆している)のを見る。
 メルトダウンしそうな原発や、人の命の助けを神に乞おうとするが、神(ツクヨミ様)は人の治世に基本的に興味はなく、扱えない青い炎(原子力の象徴らしい)を使い始めた人類が悪いと言う。
人は赤い炎はなんとか御してきたが、青い炎はかつても人類を滅ぼしたと―。
 ここら辺でちょっとだけムー帝国の件があって、これだけは蛇足かなぁ…と思うのですが、神にも思う所があると言うエピソードなのでしょうか。
 神様の視点は大きすぎて、本来は人間の善悪とはずれてもおかしくないですよね。これが別に冷たい神様と言うわけではないんです。むしろ…悩む所は人間臭いくらいかな。

 この時点で実は主人公の体は別の魂に奪われていたり、自身も大変な状態なのですが、サトリ薬のせいなのか、冒頭の彼からは考えられないほど、自己の欲に走らず、誰かを救いたいと言う一心だけで行動し始めます。
そのがんばりが届いたのか、なんとか事件は収束するのですが…。
 被爆したお兄さんは助からないとか、こんな大事件があったと言うのに、原発はまだ安全だと言われ続けているとか、空しい終わり方もします。
 希望は、少年の心持ちが変わったおかげで、この田舎にも友人が出来た事とか、父親が原発の仕事を辞めた事とかかな。

 和風なファンタジーでいて、扱う問題はどこまでも現実的。
ちょっと変わった気色に思えました。
 作者さんはこれ系のシリーズで有名のご様子。今はまだ手を出す予定はありませんが、モチーフとかは好きです。
ベラスケスの十字の謎

 あああの絵か、と言う表紙と。絵のタイトルは気にした事なかったんですが、『侍女たち』と言うらしい。
実在の絵に絡めて、描かれた当時を舞台にフィクションとノンフィクションが混ざり合います。
 登場人物が全部、この絵に描かれた人たちなんですねー。面白いな。

 チビすぎて父親にうとまれ、スペイン王宮で働けと家を追い出されるイタリア人の少年主人公。(絵だと犬を踏んでる子ですね。)
おそらくは小人症なのかな?奉公と言うよりは人身売買で連れていかれたので、少年にはもう戻る家は有りません。
 幸いにも主人公は頭が良かったので、少しづつ王宮の仕事を身に付けて行くのですが、画家や王の所に出入りする怪しい男にどう気に入られたのやら、「この少年も絵に入れてやれ」と口添えをされたのです。
 それがきっかけで画家や王から覚えも目出度くますます出世して行くのですが、今や自分の主人となった画家は、この『侍女たち』を描き上げるのに、強烈なスランプに陥っています。
その絵の正解を掲示するのが、例の怪しい男だと、画家は言い切るのです。
 主人公は怪しみながらも、子どもと言う特殊性を活かしながら、周囲の人々の情報を得つつ、自分なりの身を立てる事に忙しい。
やがて画家は狂わんばかりに、「この絵を完成させるために、あの男に何でもやるから答えを教えろと言って来い―」と主人公を怪しい男の元へ送り出すのですが…。
 時折出てくるのは、ダンテの神曲や、悪魔的な影。これは向うの宗教観かな?
根底にあるものは重々しいけど、決してそれを深くは描いていない。察せよと言う程度。
通り一遍のゴシックホラーファンタジーと言った所か。確かに児童書。
 恐らく大人向けに仕上げてたらもっとどす黒い感じの話になると思うんだ。

 画家は、絵に描く事で永遠の水時計を完成させたいとかなんとか、真面な性格の割に妄執に囚われている。
察するにこの絵の中に描かれたものはその世界に組み入れられ―と言う何とも魔術的な話なのです。
 それを画家に描かせている(命令でなく、欲望を誘うように)のが、あの怪しい男。
彼も当然あの絵の中に描かれているのですが、絵の中では主人公と同じく小人症の侍女の後ろの方で、ぼんやりと塗りつぶされ気味の顔の男です。
 この絵は元々、画家自身に描かれている十字架の模様だとか、怪しい男の姿が塗りつぶされ気味で顔がよく解らない事などが謎を呼んでいるとの事で、それらを上手く塞いだ物語なのですね。これ系の海外の絵にはやたらと隠されたシンボルが多く、もうそれ自体が『絵画』のルールなのかと思うほどですよね。
 しかしその逆算のストーリーテラーが、何とも魅力的。
読み終えると話としては綺麗にピースが収まっています。
 ―恐らくは悪魔に魂を売って絵を完成させたはいいけど、後悔をして自身の姿に神の守護である十字架を組み込んで悪魔を出し抜こうと一計を案じた画家。それが成就された故に、悪魔は敗北し、その姿が絵からぼやける。
そういった所でしょうか。
 はっきり書き切らないのも余韻があって雰囲気を出してます。

 そして歴史的事実だと、主人公の少年は、『この絵に描かれている人間の中で自分が一番最後に死ぬ』と生前から言っていたらしく、実際そうなっている所だとか、墓標に神曲の言葉を刻んでいるだとか、こちらもフィクションの神秘性に負けてないエピソードに思えます。
なかなか新鮮味のある作品でした。
紅玉

 割と衝撃のあらすじを読んで、続きが気になり。
そしたらそれも衝撃的でした。

 若い頃、軍に付き添い中国で虐げられる人を見ていたと言うおじいさん。
日本軍は彼らの食料や燃料を当たり前のように奪ったが、おじいさんは怖くて何もかばってやれなかった。
 時が過ぎ、今日本の自分の畑で、りんごを育ててつつましく暮らしているおじいさんだが、近くの土地には、中国からの強制労働者が働かされている場所があるようだ。
 ある日、そこから大量の中国人たちが、おじいさんのりんご畑になだれ込み、飢えを癒すかのようにりんごを奪い、盗っていこうとした。
 おじいさんはそれをみて、怒りどころか前述の事を思い出し、後ろめたさから反撃する事が出来ない。
それでも、リンゴを奪われれば家族は路頭に迷う―。
 おじいさんは村人に危険だから行くなと止められたが、半ばフラフラと無意識に、畑の中国人たちに近づいていく。
 おじいさんは、かつて覚えた片言の中国語で、「畑のりんごを取らないでください。家族が養えない」と、必死に訴えるのです―。

 ここまでが大体のあらすじで、まぁ日本側の自業自得と言うか、いやでもおじいさんは一般市民として被害者だとか、色々思うんですが、まずおじいさん、怒らないのか…と。
 後ろめたさは合っても、自分の畑を盗まれそうな時でも、この感情と態度。
このえも知れぬ悲しみとあきらめにも似たおじいさんの言葉は、やるせなさすぎる。

 そしてこの話の結末の、もっと衝撃的な事。
私はこのまま、「それでも食わなきゃ自分たちも死ぬ!」と言う風に、畑は荒らされるのだろうと思いきや―なんと、片言の中国語で一人の男に話が通じ、彼は他の仲間を止めてくれたのです。
 そして、もうすでに食べた分は返せないけど、手にしたりんごのすべてを置いて、渋々ではあるが彼らは畑から去っていったと言う―。
 ええええ、引くんだ?!
 まぁちょっと食べちゃってますけど、彼らにも持って帰ってやりたい人は居るだろうに、ましてや畑を自分たちで作る事も叶わず、強制的に働かされているのに、憎いだろう国の人間であるおじいさんの願いを…きくんだ…。
 勿論、おじいさんが、怒りもせず武器も持たず、ただ悲しみをもって、片言でも彼らの言葉で、丁寧にお願いをしたと言うのもあるだろうけど、そもそも彼らもこんな状況でもなきゃ、泥棒なんてしない人たちだったんだろうね…。

 もうね、どっちの国がどうとかじゃなくて、戦争と言う事実が生み出した悲しみが痛い。
それでお互いに傷ついたもの同士という事が、一瞬にして解り合っているのが、凄い。
国じゃないんだ、人間として同じ痛みを共有しているんだと解り合う。
 おじいさんはおじいさんで、複雑な言葉を話せないため、手にしたりんごを置いていく彼らにむかって、『今手にしているりんごはせめて持って行ってくれていいんだ!』と心で叫ぶしか出来ず、彼らを見送るんです。
 戦時中、自国の軍の狼藉を止められなかった悔いが、いつまでもおじいさんの心を縛り続けているんですね…。心を抉るような本です。

 これが、たった僅かな文章の絵本と言うのが、もう凄い。切り取り方の鮮やかさ。普通ならたらたらと戦争の悲惨さだとか、心情とかを書き連ねたくなるものじゃないですか。絵本で31Pですよ?
 このページ数の中で、余すところなく、いや、圧縮されたように痛みを感じさせてくれる作品だと思います。