元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
海外お宝探しの「超」極意

 アンティークが大好きで買いまくるご夫婦の話。
こういう時夫婦一緒の趣味だと止める人が居なくてもう凄い事になってるんですが、子どもたちが白い目で見るそうです。上手く出来てるな。
 で、タイトルですが極意と言うと上手い買い方の話の様ですが、内容は失敗話ばかり(と言うかそれしか印象に残らない)。
でもむしろその方がエッセイとして面白い筈。
自慢話もあるんですが、そっちは記憶に残らない感じです。

 まぁまぁ、海外の話が基本で、蚤の市などの場所とかそう言った記録も載っているので海外にお宝探しに行く人には素敵な商品との出会いのきっかけになるかもしれません。
 それを考えるとそもそもこの本のジャンル、エッセイでいいのだろうか?旅行手引き??
欲と収納

 久しぶりの群エッセイ。この人も物多い系の話を書いてるのね。
しかし何と言うか、物量も然る事ながら、文章量も多い。みっちりと何がどれだけあってそこに何を入れて…が、サイズや数や、そこまでみっちり書き詰めるのかと言うくらいに書いてある。…家具のサイズとか、普通すぐ、出る??(かなり収納に頭を悩ませてるんだろうね。)
 それでも昔からの話だから、よく覚えている(はたまた記録に取ってある?)なぁ、と。
 着物と本が多いようなのですが、中でも母親に買い与えた着物の話が一番ひどくて、着もしないのに娘に買わせまくって、あげくカビだらけで管理もしない、捨てないと言うのがなぁ。
結局娘である著者に丸投げなんですが、安くない、いや、お高い着物とかボロボロになってるのを見たら、そりゃぁ泣きたくもなって来るでしょうね。
(しかし噂じゃこの時に仕立て直したりした着物もその内著者の元で朽ち果て…??)
 続きがあるようですが、半分結末が怖いな。

 話題が話題だけに、一気読み。安定のエッセイだと思います。
明日に向かって捨てろ!! BOSEの脱アーカイブ宣言

 この人の事は知らないんだけど、芸能人のミニマリストって感じで読んでみる。
ところが、だ。
全然捨ててない。いや、むしろ増えていく。
 何の冗談か、そう言う悪ノリのエッセイかと思いきや、本気で捨てようとしている企画だと言う。
対談相手として編集員が捨てさせ役としてついているのに、その人もやはり捨てられない。
おい…。
 内容説明に『部屋の中のものをどんどん捨てていく様子をまとめたドキュメンタリー』と書いてあったのに、この内容説明、本当にこの本読んだ人が書いてるのか??
結局最後まで、どんどんなんて捨ててないから。
 ラスト、引っ越しと言う劇的な物減らし機会を経てもなお、減ってなかったからね。数年来だよ?このドキュメンタリー。
もうがっかりだよ…。

 ただ、部屋から出て来る色んなガラクタ(あえてこう呼びますが)に対しての熱い思いや、昔の思い出を語ると言う部分だけは面白く、もう物に対する思い出コメント本でいいじゃん、と思いました。
 断捨離流行にのっかった本だとしたら性質が悪いぞ、これ。単なるエッセイで十分面白いのに。
趣味は何ですか?

 考えてみれば趣味がない著者が、趣味とは何ぞや、趣味を持ちたいと色んな趣味を持つ人にインタビューしまくって、自分もやってみるエッセイ。
面白いなぁ。
 何が面白いって、趣味と言うポジティブな話題のはずなのに、著者どころか、色々語るインタビューされてる人たちも「面白くないですよ」とか「義務感」とかやたらネガティブな発言が多い所。
 やる事なかったんで目の前にあるものをやってみたとか、暇つぶしの条件から当て嵌まるものを考えたらこれだったとか、決して皆が皆楽しんでやっているわけではなかった。
就活や婚活の話題作りのために趣味を作る人だとか、皆目的と手段が…。
 反面普通に好きでやってる人は突っ走り気味にのめり込んでいて見ていてすっきりしますわ。
一人で黙々ととか、あいつより詳しくありたいとか、その熱さがいいよね。

 趣味は何ですか、と聞かれ答えられるか。はたしてそれは本当に好きなのか、語れるのか―。
けっこう罪作りな質問かも知れません。
SPY

 実在のスパイ列伝…なのですが、表紙を見てそのアニメ漫画風に驚く。
私は何かティーン文庫辺りを手に取ったんだろうか??
 伝記にハマってから色んな伝記を検索していますが、そもそもスパイで伝記って…この矛盾と言うか、変わってるよね。
まぁ真のスパイは世間にばれないままだから、バレタとは言え華麗な経歴を持つスパイたちのお話です。

 これがまた、中の一人一人の扉絵にときめくわぁ。漫画にいたら惚れそうなセクシーで、紳士で、企んでいそうで…のカッコイイお姿。
また、二つ名や煽り文句が輪をかけてカッコいい。
 実際映画顔負けの一般人には及びもつかない生活を送っていて、どれも読み応えがありました。
最終的に死刑になる人も居れば、最後まで生き抜く人も居て、本当にドラマティック。
 程良い長さに収められているからハイライト集みたいに読めます。
 特に何人かいた二重スパイの話はどんでん返しが多くてワクワクしたね。
しかしスパイ先で出世しすぎてリーダーになってしまった話はもうどうしろと…。(味方を暗殺する計画を練る事になる。)
 日本じゃピンとこないんだけど、スパイだとばらしたりその後の生活がそれでも保障されるとか、よく解らんわ。
 中に日本に潜伏していたスパイの話もあるんだけど、日本と言う国は国民自体が裏切り者を酷く排除する傾向にあるため、スパイ行為に対していつでも厳しい周囲の人目があり、さらに言葉が難しく、姿として異国人が浮いてしまうと言う点で、スパイするにはなかなか難しい国なんだそうですよ。
まぁ地続きで他民族国家じゃなければ浮くわなぁ…。

 読み物としても、スパイの知識としても、伝記としても面白い本でした。拾いもの。