元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
禍記(マガツフミ)

 ホラーの合間に他の本読んでる気がする。そんなホラー本。伝奇っぽいのか?
そうすると『禍記』と言う伝奇本に出てくる怪異を準えて、現代版怖い話として短編をまとめてると言う構成でした。
 しかしこの話をまとめてある方の年寄りホラー作家と若い編集娘がどうも『48(仮)』みたいで、定番ながらも不快な気持ち悪さ。(褒めてない。)
 が、一話目の怪異、取り換え子の話はホラーだけどホラーじゃないともとれる絶妙なタイトロープで、主人公の置かれた立場や心細さ、疑惑などがサスペンスのようで心底怖かった。
素直に怖い話。
 その後も天使蝶の話や百目の話、どれもこれも相当じっとりとしていてきちんと恐ろしい。
ホラーながらも理論立てた設定があり、あるかもしれないというライン読みが巧い。
素晴らしいなぁ。何でもかんでも謎や不思議、怪異だからと終わらせる投げっぱなしの話とは一味違うわ。
 なお幕間の編集の話だけが途切れ途切れのせいもあり、かつ唐突すぎる怪異への片足突っ込みなのでどうにも馴染めない部分はあり。えー、唐突にも程があるよ。

 ―で調べたらこの人、『UMAハンター馬子』の人かよ?!えー、びっくり。面白系じゃなくて真面目ホラーこんなに上手いなんて…。
 そしてさらに…『イルカは笑う』の人でもあった。おいおいおい、ショート系もいけるとか、どんだけ多才なの、この人。

ぼぎわんが、来る

 ホラー物でよくあるのはこういう造語だの新しい怪異の名前で、これも『ぼぎわん』と言うのが気になった。何かの方言かと思いきや、全く単に化け物の名詞で、何と言うか語呂が悪いなぁと言うのと、ありふれたタイトルの付け方だなぁと言うのが第一印象。
 あと第一章の初めの方からいきなり怪異が始まるのですが、これもよくある感じで、内心ハズレかなぁと思いつつ読んでました。

 しかし総じてみれば、後になる程どんどんスピード感が増していく感じで、まずは第一章でまさかの主人公と思っていた人物死亡。度肝を抜かれる。
 第二章はじゃあ化け物に襲われる別の人の話で短編連作かと思いきや、第一章の続きで他の人物が視点を引き継ぐ。
あー…と思う間もなく、じゃあ次はこいつが…と思っているとまさかの生還。しかし代わりの犠牲が予想越え。(トイレのシーンはギャグかと思わせるけど…。)
 第三章は今度こそ色々終わりだろうと思われた登場人物たち、ぎりぎり生き残る。
―これだけでも思いも寄らぬ展開だったわ。

 大物霊能者が出て来るとか、ぼぎわんの正体及び物理的な強さへの不信はさておき、そこに至るまでの考察とか、ぼぎわん自身の対処不能っぽい怖さ、周囲の人間関係のドロドロなんかはよく書けていると感じました。
単なる怖い作品、じゃなくて脚本みたいな感じで『読者を楽しませる』方向に仕上がってる。
 これ、知らなかったんですが大賞作品で、巻末に審査員の解説が載っていました。
そこにはべた褒めの書評が。
 そこまでか?と思いつつも、エンターティメントとして出来上がっている、登場人物の視点を変える事で事実が違ったように見え面白い(湊かなえ方式か)などとあり、成程、確かにそう感じたわと納得。

 最後に、貞子だの伽耶子だのの風格はないにしろ、あちらは何でもあり過ぎるから、かえってぼぎわんの一定ルールは慎ましく正当な化け物であったな、と感じました。
おにんぎょうさまがた

 よーし、ホラーだ。
如何にもいわくありげな西洋のアンティークドールの話なんだけど、てっきり一体の人形が…の長編かと思いきや、何度か登場するものの、むしろ同じ店から送られてくる刺客(人形)達と言った感じ。
しかしたまに優しく、いい感じに終わる話もあって侮れない。
 ―まぁ大半は自業自得だの、袖擦りあったが最後引きずり込まれ系でホラー&ホラーですが。

 うん、しかし日本人形と違う雰囲気で、確かに気位高いとかありそうだよ。人形の性格として。
手軽だし、面白く読めたお話です。
わざと忌み家を建てて棲む

 このタイトルに率直にビビって。
なかなか攻めてるテーマだよね。面白そう。
 で、この人、『のぞきめ』の人だったのね。
あれは面白かったので期待です。
 そうしたらこの本、家シリーズと言う感じの2作目だった。…あら、先に1作目を読むべきか?まぁ単品で読めると書いてあるので気にせず行ってみようか。

 そもそもが奇妙な建物ミステリーやホラーは多いものの、ここまではっきりと『忌み家』と言えるだけある家のお話です。
なんと殺人だの何だの、祟りや呪いの染みついてそうな家々を、丸ごと解体して持ってきて組み立て直して、ご丁寧に家具まで再現。そんな家々を、なんと複数くっつけてひとつの建物を作っちゃったと言う。
 だから見た目からして異様。
洋風が和風になり、見る角度によって全く違う家に見えると言うやつ。とは言えひとつひとつの家々は繋がっているとは言え独立はしているので、黒い家とか白い家とか呼ばれながらも、住人はここに住む事になる。
 そう、これを建てた酔狂な主は、ここを賃貸にして『そういった家に住むとどんな事が起きるのか』を賃貸人に記録させて、何やら実験めいた事をしていたのです。
 こういう記録が昔の蔵から出てきた事で、作者(よくあるホラー小説家設定―と言うよりこの作者本人)が本物の話を本にしましたと言う体裁。
 ひとつひとつの家の怪異の記録を追う形は良いし、怖さの種類も違う攻め方に見えて飽きは来ないんだけど、終盤で一気に醒めたのが、怪異に遭っている最中に『ここで宣伝』と断って自分の本の宣伝をしている所。
 いや、作品内原稿にそう記すのは全然自然なんだよ。
怪異に遭ってもこれと似たような事をあの本の時に調べて書いたな、とかなら自然な回想の内でしょ。
でも今まさに追いかけられてる最中に『ここで宣伝』はないわぁ。
後から書いてる態だけどそれでも萎えまくり。
 自然に『昔の○○と言う本で書いた○○を思い出した』とか、馴染ませる事くらい出来るだろうに、主人公の作者視点の話に、急に第四の壁状態で読者にメッセージって…。
緊迫感台無し。
 そこまでは普通に楽しんでいたのになぁ…。

 そのせいか、ラストもちょっといまいちに思えた。
新しい貞子でも作ろうとしたかのような不気味な女性キャラ(の正体)が鼻に付く気がしたし、キャラもパンチに欠ける。実話です、との囲い込みも少々過剰。
最後のページ数の偶然とかは本当に蛇足。
 ひとつ躓いて一気に疾走感を失ったホラーとなりました。
 序盤中盤までは面白いです。
祝山

 呪山じゃないんだぁ、と久しぶりに加門さんの本。体験、実話じゃないし、書下ろしらしいし…と地雷は避けたつもりなんだけど、『実話が基』とか匂わせてるから、ちょっと鼻に付く部分は残る。
加門さんの作品、昔のやつは面白く読めてたんだけどなぁ…。何だろうね。
 ストーリーとしては愚かな自己責任の肝試し、そしてそれを冷静に諫める霊感のあるアタクシ、と言う分かり易いもので新鮮味はないんだけど、畳みかける怪異も、最初は偶然、何でも祟りに結び付けるなと思うものの、ここまで続くと気味が悪くなっていく様子がよく表現されていて。
こう言う所で文章力や筆致に確かなものがあるから感覚が合わなくなってきていてもつい読んじゃうんだよなぁ。
 上手いと思ったのは祝山の呪山にせずに別方向へ着地した部分。ああ、読み側に注目するのか。綺麗に嵌った。

 あとまぁ、登場人物が全員、霊感ある側もない側も枠が狭い感じで、他者に対しての決めつけが多くその意味ではオカルトと別の息苦しさを感じた。
 でも自業自得系の話は確かに読んでいてスッキリするもんで、肝試しなどとやっている人間がそれ見た事か、の穴に落ちていく様子は黒い感情が満たされる。
おせっかいや好奇心を出した主人公までもれなく、と言うのが得体の知れないものの感覚なんでしょうが、まぁ首突っ込んで来たら怪異側としても手ぇ出すくらいするわな。
それに首突っ込まないとこういう話は進まないし。

 シンプルな素材をしっかりとした味付けにした作品。悪くなかった。