元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
のぞきめ

 映像化ですって?ビジュアル的には行けそうだよな、この設定。
と言うわけでホラー。出た当時はスルーしてたけど、『想像してごらん』の世界で視覚的に想像するとグッときそうなので読んでみる。
 映像化の方のあらすじをざくっと走り見した感じでは、向うから覗かれるとアウトのお化けものの様な話だった気がしたけど、実際は『覗いてくる』ものに精神的に追い詰められる系だな。覗かれたらペナルティがあるとかではなく、その行為自体が精神攻撃。
 格子戸の隙間から、物陰から、覗いてくる目とか、画面上ではえるわ、怖いわ…。ゾクゾクします。

 さて、お話上ではよくある耳袋的な拾遺譚を大学の民俗学で―と言う超定番。奇妙な糸に導かれ、小説家はこれに関わる事に―的な語り口調なのですが、実際に伝え聞いたとされる体験談自体は、メインの二つの話がそれぞれ真に迫った怖さを醸し出しています。
 触れればどうしようもなく祟る、因果応報の枠組みをも超えたものであるとか、はたまた血で因業を受け継がざるを得ない、逃げようともがけばもがくほど、業を背負ってしまう蟻地獄の様な…そんな展開が怖い。もう六部殺しとか、子々孫々が可哀想だから元凶だけ呪われとけよ。
 あと、これに乗じてタダ飯食いに来るような詐欺師にお灸据えるのも業になるのが可哀想。
 怖さの本質としては、この作品、単純に隙間から覗いてくると言う『それだけ』の怖さがシンプルで効いてくる。
 いや、本当、物理攻撃しかけて来るお化けって怖さの質が違うからね。延々隙間から見て来るとか、気が狂いそうなものがあるじゃないですか。
言葉としての怖さもいいよね、のぞきめ。
 とにかく読み出したら止まらない、ゾクゾクする。
久しぶりに面白いホラーを読んでいる。

 あとは結末がどうかだけだけど…これがね、良かったよぉ~。
一部二部の二つの話の内、一部は怪異は怪異のまま、説明が付かないんだけど、二部の方がもしかしてこうでは?と言う一つの現実的な回答がなされていて、それはそれでゾッとする感じの真実なんだよ。
 この、ホラーオカルト路線で終焉を望むものと、現実的に怖がりたい、納得の行く真相を望むものとのバランスを、両方取ってる感じ。
ああ、二部構成の功名だな、これ。良い所どりしたある意味ズルい結末なんだけど、私は好きだわ。作者が狙ったのとは違うかもしれないけど、通常ホラーで難しい理由付けのある結末がそこにはあった。
上手いよなぁ。ミステリーとしても読める。
 勿論ホラー、ミステリー、それ一本で見てしまうとどちらかに不満の残る持っていき方かもしれないけれど、私はこの落としどころが、ジャンル関係なくすんなりと受け入れられたわ。
 とりあえず、ちゃんと怖くて、それでいて納得の出来る最近じゃ高評価のお話だと思いました。
きのうの影踏み

 辻村深月さんのホラーなら間違いなし、と読んでみた。
短編たくさんのお得な一冊で、ただ、あれ?初っ端から読んだ事あるな、これ…。
何の分の収録かは見ていなかった。

 しかし随分色々と思いつくなと言うホラーの数々で、噂が自分に追いついてきて都市伝説が出来上がっていく話とか、単純だけど考えたくない怖さのナマハゲだとか、現実と虚構の境目を曖昧にさせる小説家話や―。
他、抽象的なのものや暖かく終わるものと、とにかく多種多様。
 うーん、すごいな。このバラエティ感(全部ホラーですが)はお得な気持ちにさせてくれる。
楽しく読めました。
私の家では何も起こらない

 タイトルが面白い感じだったのですが、どうも人から幽霊屋敷と噂される家に一人で住んでいる女性が主人公で、彼女がそこに押しかける色んな幽霊マニアたちに、「…別にうちの家、何もないんだけど…」と困惑する話。
 ―と聞くととてもファニーな感じで面白そうなんですが、実際は女性に影がありすぎて、思考がまともなのに、実は一番まともでない、そんなホラーな話なのでした。
 しれっと「生きてる人間は騒がしいわぁ、死んでる人間は静かなもんなのに」的なセリフを吐いて、家を往来する怪しい黒い影に親しみを感じていると言う…。

 さてでは彼女のサイコホラーなのかと言うと、他の連作は、また別の話で構成されていて、こちらは隠す気もなくどれもこれも完全ホラー。
その全てはこの家で過去に起こったえげつない事件ばかりと言うわけで、このまとめ方が上手いよね。
 地下室では子供が瓶詰に、台所では姉妹が殺し合い…とそれぞれの事件の真相を読みつつ、最後にもう一度この家の話に戻ってくると言う。
 色んなホラーを見せつつ、一本の縄をなう様に最終的には全体を見せつける、凝った構成だと思います。
 こう言う『繋げると一枚絵』みたいな作品は、一つの作品で何度も全体分の作品の世界観を打ち付けて来るので、そりゃずるいわ。畳みかけられると抜け出しようがない。
 ホラーと言うジャンルの『どっぷり』には本当に効果抜群だと思います。
 それにしても最後のあたりに出て来る大工さんの話はホラーの中でもちょっといい話に思えてしまった。
GPS:京都市役所魔性の花嫁

 京都。オカルト。ミステリ。
この単語の上、それが市役所と言うお役所仕事物と言うので面白そうで手に取ってみる。
ぶっちゃけハズレでした。

 うーん、何と言うか一番は個人的にハマれるキャラがいなかったのが理由なんだけど、全体的に小説と言うより舞台なんかの脚本読んでる感じ。
いや、ト書き的と言うんじゃなくてクローズアップの部分が。
 メインキャラでなくともやたらと『この時このキャラはこういう理由や感情でこう動いた』みたいな説明のようなものがメインとサブで同じくらいの配分に思えるくらい書かれている感じがして、なんか『演じる人』に公平なストーリーの案内書みたいになってるのよね。
なんだか視点がブレた。
 さらにキャラは多めだと思うんだけど、一人一人が濃過ぎて、これは個性的というよりは全体としてのメリハリがなくなってしまって裏目に出た感じかなぁ…。
 ストーリーもあまり市役所である必然性はなく、公務と言う感じが全くしない。
探偵社の方がしっくりきたかも。
 主人公の正義感とか、仕方なくこの仕事やってます的なものを背負わせるための動機付けなんだろうけど、古都は幽霊でいっぱい!と言う前提も、本来こういうものにその手のツッコミは考えないんで『市役所』も『京都』も、作品内でピンとこず。
 極めつけは書下ろしという事だけど、続き物前提の構成だった事。
思わせぶりな宗教団体は全く絡まず。
メインであるセキセイインコのヒーロー(的役回り)は突拍子無さすぎで浮いている。(人間化する所が特に。)
 今回の作品で解く事件も、オカルトかつ殺人事件のせいで、推理ものなのかオカルトなのかテーマがどっちつかずで…。
推理と言うよりほぼ想像の勘だけで証拠無しに犯人断定、犯人が認めないと埒が明かない展開だし、それでいて幽霊はがっつり出てバトルすると言うB級ホラーのモンスターをやっつけるような展開。
オカルトを語った推理、あるいは推理物なしのオカルト、どっちかに絞った方が話としてはすっきりするんだよねぇ…。
登場人物の誰もただ不幸になってるだけだし。
(犯人でない人のプライベートまでばらさなくても…。)
 多分前述のキャラの諸事情語りすぎってのは、推理物要素を絡めたから書いたものだろうけど、つまり、詰め込み過ぎなのね、この話。

 とりあえずどう転がるのか分からないから読み通したけど、最初の方からノラない読書となりました。
私には合わず。
都筑道夫恐怖短篇集成 2

 まだまだ続く多種多様なお話。
ブラックネタがやっぱりピリリとしてる。
この人はアイデアが多作なので、ショートショートを読んでいるのが一番テンポ良くていいな。
 ―とまぁ具体的な感想は中身のタイトルが多すぎて書いていられないんですが、後半は既に読んだ事のある話で占められていました。あら残念。
収集ものは最初から全集で読むと重複も取り漏らしもなくて一番いいんだろうなぁ。
 ちなみに『阿蘭陀すてれん』などと言ったタイトルはちょっと珍しかったのですが、得体のしれないものの名前ってそれだけで奇妙な怖さがあるよね。なおゲームの名前だそうで。…実在…してるの??分からない。