FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
読まずに死ねるか!

 本のストックが切れ、慌てて手に取った本。
が、うーん、ちょいハズレ。

 本の紹介本(エッセイ?)と思ったんだけど、確かにそういうジャンルなのですが、肝心の本の中身の感想が、テーマ一方向のみ、あらすじ無し、本人の読んだ一部感想(切り抜き)とかで、これは元本を知っていて一緒に冗談やテイストを分かち合う読み方をしないとダメな本だと知りました。
 むむむ…新たなジャンルは広げられず。
文豪妖怪名作選

 私的にもうこういうタイトルは読まねば仕方なかろう。
 で、これが多方面に面白い本でした。
ズラッと以下の収録作品です。

 尾崎紅葉「鬼桃太郎」。
桃太郎を倒すために鬼側が鬼桃太郎を仕掛ける話。凄いパロディをするのね。オチに笑う。上手いとか上手くないとかじゃなくて、そんな終わり方かよ、と言う。
 泉鏡花「天守物語」。
久しぶりに読んだけど、あー、やっぱり凄い綺麗ねぇ。物語として楽しめる。
 柳田國男「獅子舞考」。
天守物語の後にこれが来たので、獅子頭繋がりかと思ったら、どうもこっちが天守物語に影響を与えたっぽい??
 宮沢賢治「ざしき童子のはなし」。
短く、あー、これが大体の座敷童の原型話か、と。
 小泉八雲/円城塔訳「ムジナ」。
 芥川龍之介「貉」。
 瀧井孝作「狢」。
なぜ皆ムジナについて語るんだ。
て言うか文豪同士の「○○が言ってた」とか「あいつの方が」とか、文豪内輪ネタが仲良さそうでニヤニヤする。
 檀一雄「最後の狐狸」。
いや、いやいやいや、何故自分が見たのが最後の狐狸だと断言出来るのか。まぁ時代に宛ててのお話しかな。
 日影丈吉「山姫」。
と言うよりは『狼娘』か。(こう書くともののけ姫みたいね。)
今まで聞いた話だとか昔話、文献集めました的な話が続いたので、これも作者の見聞(現実)かと思って読んでたら最後の一行で腰抜かすわ。怖ぇよ。いきなりフィクションぶっこんでこないで。
 徳田秋聲「屋上の怪音~赤い木の実を頬張って」。
ここにも文豪同士の内輪ネタが。
しかしこの話、他の怪異文献で読んだ事あったので、秋聲の実体験だったの?!と驚いた。面白い。
 室生犀星「天狗」。
室生犀星の話ならこれ系は一通り読んだはずだが、うろ覚えでした。
何故ならこれがとても天狗の話とは思えなかったので。これは鎌鼬か、単なるやばい剣客の話だろうと。
 椋鳩十「一反木綿」。
…馬鹿な…一反木綿は実は怖いというのは知っていたが、こんなエロ系だとは、これ本当?作者のオリジナル??まるで内容が女狐とか鬼女なんですけど、後味まで悪いわ。
 内田百閒「件」。
え、自分が件側と言う、何とも奇妙な小説。
いや、新鮮でした。そしてこれはこれで怖い。件、可愛そうになる。
 小田仁二郎「からかさ神」。
大体フィクションとわかってきましたが、エロ落語かよと言うオチが…。
 火野葦平「邪恋」。
これは悲恋。そもそも河童の成り立ちも可哀想だし、裏切られ方も酷いわな。
せめて最後、好きなもの同士でくっつければよかったのに、それも叶わないとか。
 佐藤春夫「山妖海異」。
あああ、海のえびす様に約束したんならそれはちゃんと供養してあげて…。
 稲垣足穂「荒譚」。
稲生ものかぁ…。これも作家同士の言及がいい。
それにしても神野悪五郎って普通に最近のフィクションかと思ってたよ。ここまでポルターガイスト的な、かつ訳の分からない(妖怪の名前っぽくない)山ン本~、なかなかユニークです。
 獅子文六「兵六夢物語」。
最初は小説か、と思っていたけど、その中で実際(だと思う)文献の話が紹介されている入れ子的な後世が面白かった。
 寺田寅彦「化け物の進化」。
寺田寅彦と言うだけで、もう、この人何でも書くんだなと言う印象。中身が違う意味で霞む。
名著いっき読み 人生を楽しくするおとなの教養

 大人のOFF別冊…かな?
いやぁ、もう文学の主人公どもをあっさりばっさりまとめてて気持ち良かったよ。
 ただ、難しく攻めるところは攻める。
簡単に書くんだけど、掘り下げ方はきちんと読み込んだものなのね。視点もなかなかいろんな角度からの切込みで、新たな読み方に気づけるかも。
その意味でライトなくせに深いという軽く読むつもりが…のブックガイドとなりました。
 まぁ相手は世界の名著だし、そんなもんだよね。軽く読めるわけもない。
思わぬ手練れのガイドブックです。
教養は児童書で学べ

 わくわくしながら手に取りましたが、紹介する本が…あまりにも少なく、どれもこれも有名どころ。ブックガイドとしてはいまいちでした。
タイトルにある教養とは、この場合何なんでしょうか?
児童書も面白いよ、という趣旨は分かるものの、子供相手だからこそ削ぎ鍛えられた『旨味』を侮るなかれ?うーん、ピンとこず。
 まぁ流し読みで。
書籍探しの旅
 一キーワード追いの読書も板についてきたもんでして、興味のあるテーマを色々な角度から書いた本を複数読みが最高に知的好奇心をくすぐられます。
 新刊だの世の中の人気本だの、余りそう言うので調べようとは思わないので本もゆったりいつでも読めると言うのも良い点。まぁ廃版や希少本は手に入りにくいけどね。逆にその分ある内に読んじゃおうと言う気にもなるし。

 さて、最近は『学術探検』と言うキーワードで本を探しておりました。
そうすると出てくるのがもれなく『南極』か『ダーウィン(ビーグル号)』関係本。
ぉぉぉぉぉ…。
 これって、世界の秘境はもうほとんど南極しかないと言うか、歴史的にダーウィンが大きい事をやっちゃったので今現在の最新探検は数限られているって事よね。
(他ちらほら海底本。ジャングルとか地底はないのかしら?)
 ロマンがすっかり狭くなっている気分です。

 あとニッチな世界のニッチな専門家に意気揚々とロマンを語っていただく本が少ないのが残念。
最近じゃ生物関係でカラスの人とかバッタの人とか鳥の人の本が面白かったんで、そこら辺も関連で読んでいきたいのだけど。
フィールドワークって面白いよね。