元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
アゴールニンズ

 『図書室の魔法』作者繋がり―なんだけど『図書室の魔法』が私の射程距離外の作品なのに割と読めたのはともかくとして、普通なら追いかける作風じゃないんです。
所が、この『アゴールニンズ』だけは別。
と ある貴族の令嬢の父が死に、偉大なる父の権力を受け継ぐのは誰か?と葬式の席でトラブル発生。
一人の男がルールを破って故人の力を決められた以上にぶん獲った―?!
令嬢はこの争いに巻き込まれて行くのです。
 繰り広げられる遺産争い、政略結婚…と、華麗なる一族ロマンスが期待されるお話なのですが、何そのハーレクイン?
私が食いつく要素があるとしたらファンタジー的に、故人の遺体を食べた分だけ力が継承されると言う所か。

 気持ち悪いとお思いか?
実はこれ、ドラゴンの話なんです。
いや、だから、登場人物が全部、ドラゴン。
 ―気になるよね、手に取るよね、読むよね?!
ああ、だから食べちゃうよイベントなのか。ちょっと納得。
 この毛色の違いが『図書室の魔法』と違いすぎて恐ろしいんですが、これがデビュー作だそうで。
(このジャンルの違いはどうしたんだ、作者。他にも既刊があるようですが、今の作風が実際どんなものかは調べてないので知らない。)

 しかし読んでみるとこれが…おもしろい!
えー、良い意味で裏切ってくれるなぁ、この人本当に。
 『図書室の魔法』は感傷絡みが細かいんですが、こちらはその世界観が実に細かく良く出来ている。
ドラゴンに限りませんが、この世界以外の文化生活等が上手く決まっている。
 ドラゴンの遺体を食べた時だけ力と体の大きさが増える。
社会的、肉体的弱者は時に生きながら権力者に食われても当たり前。
年頃の娘は婚姻色で色が変わる。(不貞や出産経験が解る。)
身分や思想で翼は紐で縛られる。
 ここら辺があるだけでストーリーに引き締まり感が出て、人間ではありえない話の転がり方をします。
ああこれは確かにドラゴンでしかありえない物語、ロマンス、厄介事―。
 このアイデアは作者の緻密な筆致の力が『常ならざる異世界』を構築して魅せるには十分すぎる効果がありました。
弱気双子の姉妹令嬢が、兄や姉、義理兄、社交界のしがらみや政略とどう渡り合って困難を潜り抜けていくのかが楽しみで止まらず、一気に読んでしまいました。
 そして完全なるファンタジーかと言うと、英国ビクトリア調時代の封建社会を模しており、奴隷制度や宗教的タブーなどを織り込んでそれをはねつける皮肉さも兼ね備えています。
ドラゴンの娘たちの新しい女性っぷりはなかなか見事なものです。

 一味も二味も違う作風。
久々にファンタジーの当たり本でした。
異世界出戻り奮闘記 2

 キタワー、2巻よ~。
話が進んだような、進まない様な。
まぁ主人公を召喚したのは誰?!と攻めていくのですが、実際彼女は待ちぼうけ。
 なんせ探してくれると請け負ったお偉い様は何も言ってこない。しびれを切らして乗り込んだら、あらあら、実はお偉いさん、彼女がこの世界に来た事をいち早く気づいており、知らぬ素振りで彼女を保護していたご様子。
すわ、こいつが召喚者か?!となるのだけど、あっさりそうではないと言う。まだまだ隠し事をしているようで、疑いたくもなるのだけど、お偉いさんはしれっと彼女を『護る』と言う名目でソフト監禁状態へ。

 当然黙っていない主人公ですが、またまた上手い事に近しい人たちへ迷惑をかけたくなくてしばし言いなりに。
魔法の師匠には「だから言わんこっちゃない」と呆れられ、惚れた騎士にはやっぱり心配をかけ、前巻からやっぱり馬脚を現したナンパ男や勝ち気な神官女、現巫女やお付や護衛達―もうトラブルトラブル、絶妙に巻き込まれていきます。
 うーん、この流され方が上手いんだよなぁ。
主人公はその昔巫女だった時に何でも人にお任せハイハイとお人形だった事にちょっと後悔していて、今回は強引にまで自分を貫き通すんだけど、その理念が『人に迷惑をかけない』だから真実は言えない、巻き込めないという部分で深みにはまっていく一方。
その上で流れが変わり新たな事態が―となる。
 よくある冒険譚とかだと自分から首を突っ込みと言うパターンだけど、この巻き込まれ方はいちいち主人公の心情をリアルに見せてくれてストレスが溜らない。
 普通だと巻き込まれ型は『展開のわざとらしさ』や『主人公のウジウジさ』が鼻についてダメなんだけど、この主人公は物凄く謙虚に、かつ現実的に対処してそうなっていくんで自然と応援しちゃうし、共感出来る。
何より「何をすれば解決するかわからないけど、これは誰かに迷惑をかけるから駄目」と言う行動理念のあたり。
そうだよねー、答えが見えてて有言実行なんてスーパー主人公タイプの話だよ。

 さて、このノリで騎士との話もちょっとずつ進んでいくのだけど、傍から見ているとあからさまに騎士は彼女の事好きだよなぁ…。振ってるけどさ、元の世界に帰る瞬間、公衆の面前での告白なんて、対処出来そうにない堅物だし、でもまたこの主人公の告白の仕方でヤキモキさが生まれている。
 主人公的には『振られた、終わった、公で断られてるからもう穴が合ったら入りたい、忘れてくれ!』でその話に触れられたくない。(そりゃもう戻ってくる事のない世界だと思っての勢い告白だしね。)
 騎士的には『え?いきなり?公衆の面前で今から元の世界に戻るのに?』でテンパるよね…。多分本心的には『でも二度と会えないのに好きだなんて言ったら向うの世界で悲しむから、忘れた方がいい』って感じなんだろうな。
 で、今主人公の距離の置き方に『俺の事好きって言ったくせに他人行儀、なかった事にするつもりか?冗談じゃない(怒)』。
まぁこの人も言葉足らず過ぎるんだけどねぇ…。
 わざわざ「また帰るのか?俺だったらお前の世界に行って住んでもいい。大体お前の中で俺が5番手6番手とか納得しないからな」的な話をズバリしているのに主人公フィルターではもはや好意にはうつらないのであった…。
騎士、主人公も鈍いが大体は言葉足らずのあんたのせいだ。はっきり言えはっきり。

 今の所怪しい人がバンバン出てきて、今まで人の中でも怪しい人が出てきて、犯人捜しの中のため疑心暗鬼まっ只中なんですが、どいつもこいつも言葉が足りない。秘密を持ちすぎ。
 まぁそれを言えば元巫女だと隠している主人公が一番の秘密持ちなんですが、早くすっきりしたいわぁ。

 そして現巫女(いい人)も幸せになって欲しいのだけど、巫女の力が効かなくなってきているようで、この先主人公(も今は巫女の力はないけど元巫女で成功してるし)との関係、平穏無事に行ってほしいわぁ…。
絶対一悶着あるだろうけどね、ストーリー展開上。

 以上、早くもリアルタイムに追い付いちゃったんでここから地獄のお預けタイムです。くぅ~。
―にしてもなんか表紙絵が1巻と大差なくてわかりづらいんですけど。(ってここのレーベル自体絵の雰囲気似すぎだと思うわ。)
異世界出戻り奮闘記1  アリアンローズ 巫女だとバレずに帰ります!

 タイトルは微妙。異世界ものかぁ、よくあるよな、ありすぎるよな―と、ちょっと眇めにチェックしていたのですが、あらすじが『二度目の異世界』『前の関係者にばれないようにする』『前回振られたし』的なワードで、ちょっとだけ毛色が変わってるか、と手に取る気になった。
 それでもしょせんは異世界もの、どうせ振られた相手と復縁(とは言わないけど)恋愛ものなんだろ?とタカをくくっていたら―あれ?おもしろい。

 いやいやいや、色眼鏡ゴメンナサイだわ。
これが文章整ってるし、分かりやすいし、何せ主人公が好感持てる。
 必要以上にヒロイン体質してないと言うか、自分で自分の事は何とかする、むしろ頼ってはいけないと言う考えの持ち主。
最初に孤児だとか言う設定が異世界行きの自由さを主張するお決まり要素かと思いきや、これも違ったし。(異世界から戻ると同じ時間に戻るから、家族が心配する必要もない。)
これはむしろ主人公が自立心旺盛と言う性質の基礎設定かな、と。じゃなきゃ二度目とは言え今度は一切の加護がない小娘が、一人で生きて行こうとすぐ行動に移れるものかね。三日も野宿とか…有り得ん根性だわ。
なかなかなるほど。
 で、巻き込まれる事件がまた、よく考えられており実に自然。ありそう。不可抗力間違い無し。
とにかくストーリーの流れが自然で、お弁当屋のアイデアとか、上手くこちらの世界のシステムを利用して、かつ向うの世界のキャラたちとの接点を作っていく。
 唯一違和感を感じたのは、彼女が前回異世界に着た時、召喚された巫女として金髪碧眼になっていたと言うところだけど、神々しさを表すのに如何にもファンタジーだなと…。黒髪黒眼で何が悪いの。
 周囲の異世界の人間たちも基本この金髪碧眼人種で、まぁ許せるのは主人公の周りが、美形が多いにしろ決してハーレムにはなってない事。
だって変人、怖い先生、無愛想な騎士とか…だもん。(まぁ主人公が好きなのはこの無愛想な騎士だけどね。前回振られてるからノーカン。)

 基本的に、前回は世界を救う巫女様で神力もあったけど、今回は一般の力のない娘としての異世界で、かつすでに新巫女が別にいると言うこのやるせない設定がいろいろ効いてきます。
騎士は前回は自分の騎士だったのに、今は次の巫女の騎士。これは…切ねぇ。
 しかも新巫女は華奢で儚げ美少女で、自分はどうも政治的にその新巫女に対抗するためにお神輿で再度召喚されたご様子。そのためにそいつらは新巫女に嫌がらせ的なものもしてるし、主人公、何も悪くないのに端から敵サイドのような巻き込まれ方…不憫だぁ。
 で、主人公はなるべくその騎士に迷惑をかけないように自ら巫女関係に触れまいと、以前の知人らから一切身を隠し『バレない』ようにしている、と。
ここでタイトルの『巫女だとバレずに帰ります!』かぁ、これはかなりの逆境ヒロイン。
 とにかくヒロイン面せず、かといって自己犠牲とも違う、地に足付いた主人公なのが気に入った。
時折悩む事も人間なら当たり前の心の揺らぎで、能天気すぎもしないいい配分。
 同時に、主人公はそこまで気づいてなかったけど、「前巫女です!召喚されて困ってます、助けて!」と王宮に行かなくて正解。もし行ってたら、自分を利用しようとした側の勢力に自由を奪われたり、或いは新巫女側が解りやすく闇から闇へ葬ろうとしたり―とそんな危機的状態でもありました。
ここら辺が推測され出してから、また盛り上がるよねー。

 まぁ結局は主人公はボチボチと以前の巫女関係者と出会い、助力を得るようになるのですが、とにかく『隠れる』がスタートと言うこのストーリーが面白いな、と。
 一方騎士の方は、はたから見てると主人公の方を前回振った様にも見えないし、主人公が戻ったと知ってから新巫女側の人間にも関わらず再会・手助けに躍起になってる様にも見えるし、こっちも苦難の立ち位置。
いや、これは面白いぞ。
 一巻だけではさて、黒幕は誰?
どうなっていくの?と言う辺りで終りなのですが、続きが凄く気になります。
これは次も読む。

 しかし二巻までしか確認出来ていないので、明らかにリアルタイムで追う事になっちゃうんですけど…。
うわー、そんなに刊行早そうにも見えないし、焦れるんだろうなぁ、これから。
踊る光

 短編で童話みたいな…お話、かな。
後から知って驚いたのは作者が女性だった事。
まぁ翻訳物なので性差は消えるんだけど、どこか男性的な文章に思えたから。

『幽霊ナイフ』
 この話のあらすじが気になって。
実体が無く、宙を彷徨い犠牲者をを貫く幽霊ナイフ。
それに貫かれると愛おしい人を忘れると言うが…。
面白い設定です。
 まぁそれよりか、それを作り出した要因となった魔術師や城や姫の話がなんかすっきりしない。
姫に恋して姿を見せずに奉仕する魔法使い→一番最初に姫のいる城に行くからプロポーズ受けて!→良くしてもらったからと顔の見えない相手に了承しちゃう姫。
こんな穴だらけの計画でお察しの通り、それより先に偶然王子様が姫の城に来ちゃって、姫、この人か、素敵と思う→2人恋に落ちる→魔法使い到着したが時すでに遅し―。
この流れは誰が悪いの??
 個人的に魔法使いの間の悪さが可愛そうなんだけど、まぁ彼から見れば姫は確かに彼を裏切ったわけで…。(姫は王子を魔法使いと思い込んだからまだ言い訳がたつし、王子はそんな前置き最初から知らないしとばっちりですが。)
まぁ、約束するなら名前名乗っとけとか、自分の説明をしておけと言うこれに尽きる。
だが魔法使いはもう情けないやら悔しいやらで呪いをかけちゃう。
その癖根はいい人なんだろうなぁ、姫と王子の事、歓迎できないけど悪くないのは知ってるから呪いを解くための手助けやヒントを出しまくり。
最後の最後にはずっと二人の道のりを眺めていて、悲しそうに身を引くし。
 最後まで魔法使いが悪いやつで王子も姫も対峙するならある意味すっきりしないまでも大団円なんだけど、魔法使いがいい人だと知っている姫が魔法使いに行かないでと止める、道中助けられた王子も引き留める、けど魔法使いは去ると言う所に非常にやるせなさを感じたお話。
魔法使いにこういう徳の高さでない良い結末を与えてくれ…。

『二人の王』
 どこかで聞いたような聞かない様な。
正確が真逆の王子二人が国を分けて統治。それぞれの王になるのだが、互いに互いの国を奪おう、一緒に幸せに統治してあげようと罠にかけあう。
結局二人はそのせいで、対照的な木になってしまい、国も全く別の統治者を迎えると言う、どう取ればよいのか皮肉な話。

『十三番目の妖精』
 いばら姫ベースだな。
人数は違うけど、いつも祝い事に呼ばれない13番目の妖精の話。
ただ12人しか呼ばない慣習だからと、確かにそれだけで呼ばれないのは可哀想だが、苛立って呪いをかけちゃいました―までは許せるが(意地になってるの、わかるもん)、最後まで隠れてのみ良い事をしていると言うのに、それで『ほら自分は呪いをかけたけどそれ以上に良い事してあげた!だから次からは一番に自分を招待してもらえる!』と思えるのは何故だ。
自意識過剰に加え、実際的にだれも妖精の善行を知らないと言うのに。かつ慣習がおかしいと声を上げたのに、自分が一番目に選ばれるなら12人の枠にこだわっていない所とか、まったく視野が狭いとしか言いようが…。
 ここで「12人と決めるのがおかしい」とでも主張しているならまだカッコいいのにね。(まぁ逆切れ呪いをかける位の妖精だから、本当はまだ幼い扱いなのかもね。そりゃ呼ばれないわ…。)
 でも最後に皆が『あいつは悪い妖精だから』みたいに言ってる所がちょっと怖かった。
一人勝手に自分の正義やプライドを掲げる人も怖いけど、その意図も知らずいつも迷惑をかけられているから邪悪と言うレッテルをそのまま流す周囲も怖い。
お互いの無意識と言う皮肉さが効いてるお話。

『夢にすぎない』
 長かった。
欲のない末王子―と言う良くあるパターンの癖、本気で王国を治めたいとは思ってなさすぎの王子のせいで、ちょっとややこしい事になる。
 とは言え途中経過で傷つく人々をも回避させてあげようと、王子は予言を現実に変えてなるものかと奔走。
しかし全部どうしようもなく裏目に出て、運命は確実に末王子を王にしようとするのでした。
 そこまで、王子なのに幽閉されたり国外追放されたり苦労もあるんだけど、『夢にすぎない』って言うならもう口八丁で父王や兄王子たちを操ったり、人心掌握すればいいのに…。素直だから出来ないのねぇ…。

『ドラゴンと鍵』
 ちょっとおもしろかったんだけど、囚われの姫を王子が助けるのは一緒。
しかし助け方が「まず鍵を探す」とか。
鍛冶屋のドワーフ達が手助けをしてくれるんだけど、見つからなくて「じゃ作ってくれよ!」「よしきた」で解決するところ。
斬新…それ、いいのか?(まさかのその発想が出来る人間が正解と言う。)
しかもドラゴンが待ち構えているとか、ブラフだった。(これも仕様。)
この単純でないふるい落とし方が面白かった。

『踊る光』
 タイトルがこれなんだけど、正直この話が一番面白くなかった、地味と言うか…。
灯台守の男が妻と出来ないダンスを我慢して踊るんだけど、奇妙な海の精の様な男が彼にダンスを教えてくれる。ここの灯台はダンスを踊る事で灯台の光が踊るように揺れると言う不思議灯台だったのです。
まぁ…踊る光と言うのはそのままのタイトルですね。
 灯台守夫婦は老いるまでダンスを楽しんで、また次の代に変わっていく―。(先代からダンスの話はなかったんだろうか?)
穏やかなタイプの話。

 全体的にバラつきのある古今東西のおとぎ話『的』な感じです。雰囲気は割と一本やりなので、多才と言う感じでもなく、まぁ淡々と童話を読みましたと言う印象。
魔法使いはだれだ 大魔法使いクレストマンシー

 すっかり追っちゃってるな、ハウルの人。ただし、こちらシリーズものと知っている。
とりあえず1巻だけ様子見ようとしているのです。
なんせあらすじが面白そうで面白そうで…。
(この人の本、設定が面白いからあらすじだけで見るとはずれが全くないんだよね。)
 クラスメイトの中に魔法使いが居る、それは誰?と言うタイトル通りのお話なのですが、こういう追い詰めもの、かつ魔法使いなんて面白そうじゃない?
七人の魔法使い』もそう思いながらいざ開くと全く違う(が確かに説明通りではある)方向のお話だったんですが、この本はどうだろう?

 外国の学校だから雰囲気違うかと思いきや、スクールカーストど真ん中の構成で、オープンないじめと言うか…一応主人公らしき少年と、魔女と噂される少女が標的です。
エリート君に、女王様と、それに媚びる一派、悪ガキタイプと…ステレオタイプそろい踏み。
でもオープンだろうがクローズだろうが、こう言う憂さ晴らしを他人でやろうと言うのが胸糞悪い感じ。
 で、この世界では魔法使いは火あぶりなので、クラスに魔法使いがいるなんて事、とんでもない事件発生なのです。
勿論根拠も乏しく主人公少年や少女なんかも疑われるのですが、同盟結んでいるわけでもなくこの二人同士もお互いを蔑み合ってて、思春期の男子女子は敵対し合っててこんなもんだろうなぁ…。
いじめられていると言う等身大の自分が恥ずかしかったり、虚勢を張ったり、男子女子関係なく必死で生きてるんだもん。
 それを抑えて統率を取ろうとする先生方も生徒を守ろうとか言う以前に個人の思惑が大事過ぎて役には立たない。美人先生がモテるためにいちいち主人公らを憐れんだりとか、生徒のピンチを利用しようとする所とか、胸糞。

 しかし予想出来ないくらいの展開だったのは、クラスにいる魔法使いが、自覚、無自覚含めて一人じゃなく数人だった事。
何と言う盲点!
これだけ居たらもう同盟組んで反乱起こせるんじゃないの。しかし魔法使いたちも仲良しこよしではないわけで―。

 では彼らが誰を頼るかと言うと、謎の呪文で呼び出す、タイトルの人、クレストマンシー。
このクレストマンシー、てっきりマーリンの様な感じの偉大な魔法使いかと思いきや、なんだかオシャレで美形な変わり者の兄ちゃんと言う感じで、曲者臭が凄い。
ハウルを思い出したわ。(性格は違うが。)
 で、こんなにも雰囲気たっぷりのちょっとおかしい感じだけど何かやらかしてくれそうなクレストマンシーに対して、子供たち実に可愛気がない。
普通、困り切ってて(火あぶりになるかもしれないのに)頼るだろう、大人を、魔法使いを。
なのに『こいつダメだ』『ムカつく』的な態度。
…クレストマンシー、よく助けてやろうと思えるな。えらいよ…。
 そこから一気に物語は『大事に』。
一クラスの問題でなく、この世界自体がおかしい、歪んでいる、直さないと、となる。
凄い展開です。
これで物語の半分くらいなのに今からこんな難問にあたるの?

 しかし上手い具合に話を絡ませて、子供たちの意識的、無意識的な魔法の相乗効果が絡まったように訳が分からないくなっているところに、クレストマンシーが状況のスキを付いて話を展開させていく。
それぞれの子供たちの立場や性格も利用しているのは見事。
 主人公の少年などは『魔法使いである事が誇らしいのに、僕に魔法使いを止めろだって?』とクレストマンシーの邪魔をしようとするのですが、最終的には世界の歪みを直す方に心を決め、自ら魔法がない世界へとこの世界を溶け込ませます―。
 ところが。
この溶け込んだ世界では、驚くべき事にクラスメイト達がケンカもせずいじめもなく、実に上手く普通に過ごしている。
皆の記憶はもはや魔法の世界でなく、普通の世界の記憶なのです。
攻撃や虚勢を張り合っていた子らが、皆で普通にじゃれていたり、親友同士になっていたり、前半があるからここはぐっと来たなぁ。

 この作者さん独特の困難の設定と解決の仕方は、ハウルでもそうだったけど、理解しづらいし、ややこしくて説明しづらい。
だから明確にこの物語の『何が問題でこうやって解決した』と言うのはあらすじでかいつまんでなど書けない。
ただあれよあれよと作者本人が自分で絡ませたぐっちゃぐちゃの紐の塊が、スルスルと解かれていく様は見ていて目が外せない感じ。
 続編もあるけど、子供たち―ではなくクレストマンシーの少年時代だそう。
え、そっちへ行くんだ?まぁ大魔法使いクレストマンシーシリーズではあるんだけど…。

 関係ないけど読み終わった後、『魔法使い(魔術師)が多すぎる』と言う本を思い出しました。