元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
バベル九朔

 万城目さんの。好きだわー。
いつもの様に緩くておかしな話かと思いきや、確かに奇想天外の話なんだけど…ちょっと固い??
雰囲気の話なんで、構成に手慣れてきたからファニーさが減ったとか、経験の分だけ失っていく何かの様なものではないと信じたいが。(『風太郎』の時よりは大分おかしな話に戻ってきた気はする。)

 相変わらずタイトルだけでは予想もつかない話なので、どんなあらすじかと言うと、小説家を目指し汲々している主人公は、祖父の遺産の雑居ビルの管理人をしながら暮らしている。そのビルの名前が『バベル九朔』。
 しかしある日、カラスの様に濡れ羽色の髪、ぬめっとした光沢の黒ドレス、反して光るように白い胸の谷間を持つ美女が彼の前に現れ―なんだかよくわからないが襲ってくる。
どうも彼女はバベルの扉を探しているらしいのだが、そんなもの、主人公は露ほども知らない。
しかしどうやら祖父が残した絵画から、妙な空間に行ける様で―。
 と、バベルにはこの不思議な絵の向こうの世界と言う意味も含まれています。その絵の中には正しくバベルの様な塔がそびえ立ち、そこには謎の少女、そして死んだはずの祖父が居る??
謎、謎、謎で始まります。

 いやぁ、基本的に主人公の敵味方が割と最後まではっきりしませんので、ドキドキし通しでした。
もう嘘や偽りの姿オンパレードで、罠もやらしいやり口だらけ。
 基本的に奇想天外な話は話なんですが、キャラが少なめのせいか、万城目さん特有の軽妙な感じはしませんでした。(鼻の話はなんだか相変わらずだなぁと思えたけど。)
ラストに通じる部分はむしろ重いくらい。
 成程と思える解決方法だけど、主人公一人だけが結構な代償を払っている気がするから、余計に。
 ある意味希望はあれど怖い終わり方なんだよね…。(いや、しかし成功してくれる予感は抱ける位、主人公に信頼は出来た。)

 ちなみに些細な事ですが、カラスが随分と目の敵にされている扱いで、カラス好きとしては複雑な気持ちの序盤でしたが、そこには確かに畏怖の念が含まれており、ラストはなかなかの扱いでした。
 カラスが太陽と言うキーワードに繋がる辺り、八咫烏を思い浮かべたり、あと本の中で湖の民の話が混じって来るんですが、え、『しゅららぼん』とリンクしてるのかな?この本の世界観。
 久しぶりに万城目さんの奇妙な小説を読めてご満悦。
あっという間に読了。
アリスはどこへ行った?

 不思議の国のアリス本なわけですが、一味違う。
これはアリスを追いかけた別の友人目線での物語なのです。
 面白そうな…と思ったら、この人、『ウィキッド』書いた人なんだ!へぇー、それはさぞかし面白いスピンオフ、はたまたサイドストーリーを―と読んでみました。

 うん、まぁ、一人の少女の確実に一歩成長した物語です。が、途中がやはり不思議の国のアリス調なので言葉遊びが多いし、会話の丁々発止もやはり海外。イマイチ入り込めず。
うーん、設定と言い、絶対面白いんだけどなぁ。作品のカラーとして馴染めないか。
 残念ながら流し読みに終わる。感性に合わなかったのが勿体ない切り口のお話でした。
Amazonで変なもの売ってる

 いやぁ、谷山浩子氏もどんどん本を書いてくれるなぁ。嬉しい。
てっきりエッセイ集かと思いきや、物語でした。…なんと言う名指し本。(Amazon関係で連載していたんだそうで、成程。)
しかし薬を買うなら○○…とかお店の名前まで出てて、確かに、あそこで買うよね!と変な笑いが。

 相変わらずファニーな物語で、後半に行くにつれ、Amazonで変な物が…と言うよりはいつもの谷山浩子節になっていくわけですが。いやぁ、どこか怖くて、不条理で、いやいや、何がこの世界の定理なのか、さっぱり解らん混沌へと進んでいくのです―。
 ストーリー的にはとある姉妹がアマゾンで謎の物体を通販したら、PCから猫の様な少年の様な生き物が出てきて、PCの中へと誘います。
その中で姉妹は、不思議な存在に出会い、普通では見えない変な商品(さっき買ったような物)の説明を聞き、今後もそういう物が見えたら教えて欲しいと頼まれます。(カスタマーサービスに。)
 実はAmazonは、不思議な存在達がそう言ったものの調査をするために利用している場所だと言うのです。そしてそれは社長も知らない秘密だそうで。
 その不思議な存在がそもそも何かが既に謎なのですが、姉妹にはその存在達はそれぞれ別の姿に見えます。どうも自分がそう思える姿で認識してしまうとの事で、こうなってくるとこの自分フィルターのせいで、何が本当の事か解らなくなってきます。
 自意識が信頼出来ないレベルにまで、お話は溶けあい、正しく彼女の作る歌の世界へと不気味な変容を遂げていくのですが…往年の彼女の歌よりはずっと明るくてさばけたお話だと思いました。
Amazonで連載…と言う事なんで気を使ったのかな?

 話の中では常に妹のツッコミが的確です。
そして最後までちゃんとストーリー説明出来ないのも、さすがの谷山浩子ワールド。そんな一冊。
砂漠の歌姫

 如何にもなファンタジー臭がしたのでスルーしそうだったのですが、作者が村山さんだったのでやっぱり読んでみた。

 んー、端的に言うとギリギリ及第点位。
と言うのも、歌姫と言いつつ、実際は音楽院の生徒で歌姫未満だし、天才的な歌唱…と言うほどでもなく歌で活躍するよりもむしろ野性味あふれる弓での戦いの方が目立つから。ガンガン痛めつけられもするし、戦士イメージだなぁ…。
 期待していたような、例えば歌で多くの人を魅了するだとか、ファンタジーな獣が従うとか、歌に魔力が秘められているとか、声が原因で狙われるとか―おおよそファンタジー歌姫にありがちな事が一切ない。

 そもそも主人公は確かにこの少女だが、始終狙われる方のヒロインは別に居り、この主人公は一貫してヒーロー的役割を務めます。
ヒロインは同い年位の、如何にも儚げな銀の髪の少女で、記憶喪失、何かから逃げていると言う完璧なファンタジーヒロイン。
 後になってからため息をつくほどの展開ですが、何回攫われたら気が済むんだと言う絵に描いたようなキャラです。(ストーリー展開的にちょっと辟易した。)
 あとは大体の主要人物が女性が多かったのがバランス的に気になるかな、くらい。
 そして主人公をヒーロー役、少女をヒロイン役に据えると、さらにこの一歩先を行く悲劇のヒロイン枠があって、非の打ちどころのない悲劇っぷりで、主人公は入れ子細工的にどこまでもお話を持っていかれるなぁ…とちょっと『お話としての化粧っ気』が主人公になさすぎるのが読んでいて引っかかった。
 ただ、キャラの誰の主眼で見るかを別にすれば、ストーリー的にはそれだけ横糸でいろんなキャラの重要な設定が盛り込まれていて、ボリュームは満点。
何せ悲劇系のお話の方は、明かされた謎も顛末も見事に切なく悲しく、正に歌になる様な物語だったから。
 正しく大冒険と言えば銀の髪の少女の物語の方だし、始終出ずっぱりではある主人公には、自身メインで輝く設定や纏ろう物語は、ない。ただ他のキャラたちの運命に居合わせ、優しさと勇敢さを持って関わり、皆に必要とされたと言うこの本の中でのリアルタイムの物語のみ。
―まぁそれこそが本文なわけですが。

 これを『誰かの物語を歌う』的に解釈するならば見事過ぎると思う。
実際主人公は歌により古からの知恵や物語を『知っていた』と言う活躍の仕方をするから、物語の語り手としての位置なら、あえて『特別な運命のない』主人公もよいのかも知れません。

 続き物かと構えていましたが、一冊で綺麗に終わっていました。
けれども国々の年表や歴史を作り込んでいるように思えたので、いつでもシリーズや他の物語の舞台に繋げられそう。
(ところで昔のあのシリーズ、完結してないのかなぁ…と関係ない感想を抱いてしまいました。)
モンスターズ・インク

 …見た事ないんだよね。それで本で手を出すどう考えてもおかしな入り方。
いやぁ、DVDを見たいとまでは考えてなくてさ。

 で、薄いし読んでみるかぁ…とさらっと読んだわけだけど。
そうか、うん、見た事ないのに知っているあらすじだけで本当にその通り、以上、なお話でした。
 ―あれぇぇぇ??本気で、これだけ?こんな話だったんだ!な展開が一つもなかった。
紛れ込んできた人間の子供を返すぞ、ハートフルストーリー。全ての展開が予想が付いちゃって、定番まっしぐら。
ううむ…本で読んでも意味がない作品だったか。
しかしこれは、映像で観ても多分心掴まれる事なく終わるだろうな。
 とりあえず読了。