元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
イカはしゃべるし,空も飛ぶ 面白いイカ学入門

 流し読みになりましたが、イカだけにスポットをあてた一冊。
こんなにもイカで語ることがあるのか。
 ただ、学習図鑑に近い雰囲気で、近寄りすぎな印象がないためか、淡々と読んじゃいました。
このイカを愛する研究者の影も形も見えない客観的な仕上げが、吉と出るかは読む人によりけりなんだろうな。
 どうやら私は書き手が暴走するくらいに対象物愛を語る専門書(ニッチ)が好きなようです。
パンダの死体はよみがえる

 動物を解剖学の観点から語ります。
面白い。
 象の解体から始まるのですが、まぁあれだけの肉塊を切断するのはもはや肉体労働ですわな。
 しかしパンダの偽の親指から始める骨の考え方は理路整然と面白く、とにかく全部をホルマリン漬けにして後世に残していきたいという熱意が伝わる一冊です。
 研究者魂だなぁと思います。
そんなバカな! 遺伝子と神について

 煽りが『男の浮気は遺伝子のせい云々』的な感じだったので、ちょっとエンタメ的すぎるかなぁと心配だったのですが、結構ちゃんと遺伝子の話でした。
 ただし、面白かったのは今まで遺伝子学を作り上げてきた先人の発見や考え、生き方の説明あたりで、正直現代に当てはめたこの人の説はちょっと…。(解る所もあるが、限定的だったり飛躍的だったり決め付けもあったりで、どうも喉につっかえる。)
 あとこの人の人間を説明する時の物言いが、非常に敵を作りやすいのではないかと。おそらく凄く好きか嫌いかに評価が分かれそう。
中盤がこれで、ラストにもう一度盛り上がりを見せるかな。

 まぁ、他の著作はいいやと思える判定になっちゃいましたが、アリや蜂の独特な遺伝子の伝え方とか、そういうのは興味深かった。
何気に読んで、生物や遺伝子に興味を持ってもらう入り口としては手軽で間口が広い本だと思う。
バッタを倒しにアフリカへ

 『孤独なバッタが群れるとき サバクトビバッタの相変異と大発生 フィールドの生物学 9』の人の。
大ブレイクしたねぇ。
 この本自体は大体前の本に書いていたところとかぶるように話が始まるんだけど、とうとう因縁のバッタの大群に出会い、緑の前身タイツでその身を躍らせるところは震えた。
結末は如何に?!
 ―と、このエピソードはすごく好き。
 ただし論文の関係か、前巻でものすごく興味ひかれたバッタの不思議な生態などにはなかなか触れられなかったようで、それが歯がゆい。
むしろこの人の本人の生活費と研究費工面に奔走する日々を読んだ感じかな。

 バッタ、この人のおかげで面白いと思えたんで、論文の中身をまた一般人向けに本にして、存分に語って欲しいわぁ。
(ところで、読んでる途中で私が興味を持ち他で読んでた本の作者との交流があって類友なんだなぁと思った。)
世界の果てに、ぼくは見た

 海底だ極寒の地だのに生息する辺境生物を研究する人のお話。これは期待。

 いやしかし、確かに行くところも冒険者並みだし色々とめちゃくちゃ博識なんだけど、どうもちょっと。
何せこの人、話がすぐに飛ぶ。とっちらかって、閑話休題だらけ。最終的に主眼がブレブレで、何が伝えたい事なのか、また肝心の研究対象への愛とか興味が響いてこないんだよなぁ…。
 また全方向に博識すぎるが故の、こんなところでそれを引用、という鼻につく場面もちらほら。
(本人もあとがきで話が飛ぶことを自覚していたが。)

 経験も知識も申し分ないが、肝心の文章として食いつけなかった一冊。もったいない~。