元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
わたしのハムスターを化石で残すには?

 久々の科学本…なのですが、ううん、どうもノリがあちらさん過ぎてちょっと…。
台所で出来る実験と言いつつ、酒ばっか話に挙がるし、その序盤で飽きちゃう。

 そもそもその不思議(科学的解明)は言う程不思議と思わないと言うか、知りたいと思わないと言うか…。
泡の動きとか、炭酸の中で浮き沈みする原理、そういうもんだと思っているので現象に名前が付いていたりとか披露されても…。身も蓋もないんですけど、『え、そんな現象があるの?』とか『あれって不思議だよねー』と言うネタがない。
 タイトルのハムスターの化石なんて、埋めて運が良ければ数万年後に出来る『かも』と言う解答。
…ぇー…。無理やり乾燥させて作るとかじゃないのか。科学実験…なのか、これ?

 まぁ現象の解説はやたらと小難しい所は小難しいです。若干ネタのレベルがバラつき過ぎかとも。
ちょっと流し読みになっちゃったわ。タイトルに騙された。
生きものの持ちかた

 ちょっとタイトルが面白くて…。
そのものズバリ、ハウトゥホールドな生きものの持ちかたです。
 犬猫は良いとして、カブトムシ、ザリガニ…まぁいい、トカゲ、ヘビ…うん、まだ。
虫。あ、そろそろツライ。果てはゴキブリまで。うわわわわ…っ。
 まさかゴキブリを持つ事前提なのに引く。(その前にあの素早さを手で摑まえるとか、もう、ね。)

 虫の辺りはもうその柔らかさとか想像出来ちゃう説明や写真で、久しぶりに気持ち悪くなった。
図鑑なら平気なのに、嫌でも触感を想像せざる得ない本だからだな!リアル!
 途中、持ちにくいものとかもあるようで、諦めて手の平に乗せるとか、そういうのは素直に笑えた。

 こういう本が出て来る多様性の素晴らしさに驚く。ニッチさはあればあるほど末梢に自由が行き届いていると感じます。(別に生きものに触れ合おうジャンルはニッチとは言わんけど、『持ちかた』特化だもんね?)
 生きものをフィールドワーク方向で好きな人にはいいんだろうな。
風の名前

 色の名前は昔読んだなぁ。
風の名前は全く知らない。
一冊の本に出来る程あるんだ、とワクワクして手に取りました。

 一部地方で呼ばれるものとか入っていて、ああ、じゃあ単語数は増えるよねと思ったものの、元々風と言う気象現象はその地その地で必ず独特の流れを生み出すわけですから、土地ならではの呼び方があるのが正解か。
勿論全国共通、意識としての風の読み方も、こんなにあるのかと驚愕の内容。
 ただ、難しすぎたりで覚えにくい…。うん、覚えるのは無理だな。
やたらと漢字から読み方から素敵なものばかりなんですけどね。

 それにしても清少納言が風なら嵐がいいと言っているのには驚いた。
なんかちょっと…あたりきな事を書かず好きなものは好きと言い切る(たまにそれがちょっとなぁ…と思う所もあるけど)その態度がいいわ。

 風は写真に写りませんので、大体空の写真ですが、風雅な気持ちになれる一冊です。
仕事で得する天気の雑学

 タイトルはどうかなぁと思うけど、まぁまぁ丁寧な雑学が読めました。
営業トークとか、取扱商品の先読みや、急な雨で傘を買わなくてもいいよとか、そう言う意味での得する話なわけですが、あえてこのテーマでまとめたのは何故なんだろう…キャッチャー??
 そういうのは関係なく、天気雑学としてそれだけで良い一冊。
お天気アナさんが書いているので、親しみやすい感じでした。
植物は知性をもっている

 以前に読んだ植物凄い!の時にマーキングしていた本。
そしてそこそこの厚みのため、怯みつつも読んでいると、その内惹きこまれる。
 常に引き付けると言うよりは、たまにインパクトのある情報が飛び込んでくるのよね。
例えば、考え方一つでも。
 植物は動かない?いえいえ、人間が超スピードで動いているから、植物の動きが遅すぎて感じられないんですよ。
…あ、そう考えたらそれって物凄くスローな生き物…って、怖いな、なんか、凄い数の命を奪いまくっててそうで。
(例え話で、超高速宇宙人が地球人を見た時に、こいつらは動かない、じゃあ搾取してもいいよねって襲ってくると言うSFの小説が紹介されていて、ゾッとした。)
 そして植物は触感(例えばハエトリ草)、視覚(光を見て動いたり逃げたり)など、実験ありで五感は元より、20もの感覚があるのだと説明され、この本読み終わったら野菜を食べれなくなるんじゃないかと言う衝撃の内容。
 まぁ、人間と違って体の一部が無くなっても生命終了とはならないモジュール構造だと言うフォローはあるんですが、ちょっとビビるには十分の真実です。
 また昆虫や時には人を操って自らの繁栄に勤しむその姿は、どちらが上位の存在なのか解らないほど。
植物は自分の親戚がわかるのだそうで、同個体同一種から取れた種と、別個体同一種から取れた種、一緒に育てると競争の激しさや協力体制が変わるのですと。
…凄いなぁ。
 以前に読んだ植物本でもあった、受粉に関する法則も、インテリジェンスの元実行されていたとなればもう…恐ろしすぎるのですが、実際植物はそうして世代を繋いできました。
ここまでくると、私たちは何を以って知性とし、知性の何たるかを以って生物としての線引きをすべきなのでしょうか。
 余談だが中にチューリングの名前が出てきて、意外な関連性に驚き。
機械は知性があるのか等、こう言うのにひっかけられると知性の分け方考え方、ますますややこしくなるわ…。
 肉食ですらためらわないのに、いざ菜食がほんのり怖く感じた一冊。別にホラーじゃないんだけどね。