元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
スケオタデイズ 飛び出せ!海外遠征編

 グレゴリ青山氏のはもうなんか癖になるな。

 とうとう海外にまで飛び出したフィギュアスケートのファン日記です。
相当根強く見続けたんだなと解る各選手の観察エピソードなど、熱い一冊。
他者を巻き込んでいくスケート沼がまた面白いです。
Over the Garden Wall Vol. 3

 3巻まで確保。ここまでが確実に私の好きな人が描いている巻。…しかし、長かった…。
これ、最終的にはイギリスから船便で買う事になったやつなんで。(さすが海外、色々と雑だった…。)

 さて鳩に捕まったグレッグはどうなった?
―と思ったら普通に出てるんですけど、あれ?捕まってたのか、それとも実は自分から捕まってたのか。(謎)
 そして皆が怖がる山の爺に自分から楽しんで会いに行き、普通に会話し、子守歌まで歌ってあげるグレッグ。天使過ぎ。その歌の様子はまたうっとりするような感じなのですが、オチはちゃんとあった。可愛い。やっちゃっても可愛い。
 他にも盗賊(?)に出会っても『’お願い’ってちゃんとつけなきゃ』的に正しい意見をする物怖じのなさとかこの子本当可愛過ぎるよ。ワートのパートが同じ夢の世界でも色々おどろおどろしいのと対照的に、ほんわかと教育TV的なミュージカルシーンが続くグレッグ側の夢。そんな中でグレッグは本当に輝く。
 …しかし描く人が変わった途端荷物引きのガチョウの柄が変わってたり、鳩の国の人がどう見ても鳩じゃなくなってたり、頭身変わったり。あちらの集団分業、雑いわぁ。色々雑いわぁ。(笑)せめて線を描く人は統一、色塗りや背景係だけ変えるとかの分業にして欲しい。

 ストーリー上ではとうとうカエルのヒーローに会えたグレッグですが、自分の相棒カエルの父親のようで、さて今後どうなる?
―とは言えこの先私の好きなグレッグを描く人が参加してなさそうなので買う予定はないのですが。
 あー、これ普通にまたアニメにならないかな。
もしくはいい加減日本リージョンのDVD出して欲しい。
もぐらと奈加ちゃんが日本の神様にツッコミ入れてみた

 もぐらさんの。
今度は日本神話かぁ…。

 ってうん、確かに突っ込みだすとキリないよね、大体どこの神話でも。
だんだんとロマンがなくなっていく各種神話。(苦笑)
有名どころのエピソードばかりなので、引っかかるところなく読み進め。

 まぁしかし、戸部さんが監修とか、いいなぁ…贅沢な神道本だ。
うちの子は字が書けない 発達性読み書き障害の息子がいます

 本業漫画家の人が描いてるから、絵はすごく安定していて綺麗。

 しかしこの息子…しっかりしすぎだろうと思う。
自分の障害でハンデをもらうどころか、ハンデを拒否して周囲と同じ土俵で頑張り続けるんですが、泣き言も言わず淡々と、また親に当たる事もなく親に感謝、尊敬している姿がよく分かります。…はぁ…。

 確かに日本ではこの障害、あんまり知られてないな、と思う。
私がこの障害の事を知ったのも、とあるディスレクシア(難読症)の子が主人公の海外の本を読んだからだし。
それまでの人生ではピンとこなかったよ。
(本も海外のもの、ってところがポイントだよね。日本じゃそうは扱ってない。)
 しかし実はめちゃくちゃ高い割合でこの障害を持つ子がいるそうで、文字の文化が長い人間の生活の中で、こんな障害が出てくるのって何故なんだろうね。
 そしてどうしても目立たない。他の部分じゃ至って普通だし、頭のいい子も多いから、単に文章が下手とか、漢字を覚えてない、本を読まない子ってだけにしか見えないのが。
うーん、色々あるのね…。
 興味深いコミックエッセイでした。
Over the Garden Wall Vol. 1

 我慢出来ず2巻以外に手を出し始める。もう中身の博打に走るしかないわ。
 ―とりあえず目当ての絵を描く人の名前は確認したから、複数居るアーティストのページ配分知らぬままのご購入。(だがしかし彼の名前がない巻はひとまず買わなかった。話的にも気になるんだけどぐぬぬ…絵が可愛くないので読むのは辛いんだよなぁ。)
 もうねー、同じ話の途中で笑えるほど絵柄が変わるし、頭身も変わる。お前ら、同じ作品を同じ絵で揃えて描く技術はないのかよと。せめて標準絵に合わせるとかさぁ…。
(あちらさんはそれぞれに個性が合ってこそのアーティストなんだろうけど。なら一作品一人に固定してほしいもんだ。)
 とりあえず4巻以降彼の名前が出てこないのが不服。この先どれくらいの頻度で出るものかわからないけど、監視し続けるしかないのかぁ。4巻、秋だぜ、出るの。

 で、とりあえず先に買った1巻が当たりでした。
うわーいvvグレッグたっぷり、好きな人の絵~♪
 しかもアヒルの国はこっちの巻でした。…どういうことだい2巻の表紙…。(しかも1巻巻末のカラー絵に2巻の表紙が載っている。そうかと思うとあちらは表紙カバーの違うバージョンをバンバン売るから、もはやどれが読んでないやつかわからないとかいう悪魔の仕様。おい、ヤメロ。)
いや、もうあきらめるけどさ…。
 とりあえず普通の服(寝る用トレーナー)を着ているグレッグにぶふっ、となりながら堪能。
何なの、この子、天使か。家族一人一人ににおやすみ、言うだけでも可愛いんだけど。そして化け物猫に首根っこ咥えられてブンブン振り回されるのを楽しがったりとか、お腹が空いて試しに土食ってペッってなってるところまで可愛いとか。(末期)
 なおまだセリフは(英語なので)きちんと読んでいないけど、1巻と2巻のつながりが微妙に謎。
話についていけるのか、私。

 3巻は探しに探して注文かけたのに、手に入りませんでしたとか言われて、プレミア価格でじわじわ値段上がっていくし、仕方なく海外店を当たっている最中。買う時期逃すとこうなるのが海外物の宿命だな。