元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
お財布を小さくしたらお金が貯まりました。

 財布は小さいに越した事はない!(と言うより中身の体積が少ない方がいい。)
このタイトルに惹かれて。

 何と言うか自分をリアルに描いていて、この人の漢気が凄いなぁ、と。オタクグッズに金をつぎ込んで人生エンジョイのアラサー、と。
素直で大変共感が持てます。
 絵はリアル寄りなんで可愛くないという欠点があるものの、見やすいし、コマは大きいので読みやすい。

 中身は…と言うと、まぁ当たり前の事を丁寧に、やりやすいようなアドバイス付きで話を進めていて、最終投資の話まで(ここで専門的に細かく説明せず、大雑把にまとめていたのも良い。疲れない。)さくっと読めます。

 だがしかし、褒めているのだがお金の話より普通の生活エッセイ漫画、或いはギャグ漫画的に面白かったので、中身よりも『漫画を読んだ』感が強く、楽しむだけで知識は残りませんでした。
 褒めてます。うん、でも知識は増えないからディスってんのかしら?私は満足しましたよ。
うちのトコでは 5 県民性マンガ

 そしてもぐらさんのド定番。
このシリーズももう5巻か…すっかりキャラに馴染んでいるので楽しく読めます。
相変わらずのボリュームで、読むのも時間かかるわ。

 今回の特別漫画はどこが主人公と言うこともない、日本とアメリカとの交流人形の話だったんだけど、誰か一人に視点をあてたものではないから、ちょっと感情移入しにくかったかな。それにしても『ヒトガタ』は敵性国家になってからが怖いわ。一部よくぞ「隠そうぜ!」と戦時中に匿った。
 そしてアメリカでは一部『堂々と』人形は展示し続けたという、このお上に対する従僕度の違い。(苦笑)
何にせよ同じ感情を持つ人たちが両国に居た事が救いだね。
おかしな猫がご案内 お江戸はニャンとこうだった

 室町時代のが面白かったので遡ってお江戸編も。
あ、しかし意外な事に室町編ではラブラブ夫婦が、最初はこんなにギスギス(夫が)していただなんて!
或いは男尊女卑の後輩とか、それぞれの傲慢な所を江戸時代で思い知らせる感じでしょうか。
 しかしこの生意気な後輩をガンガン叩いていた先輩女子、この二人が将来くっつくとは…驚きだ。

 これはこれで楽しく読みましたが、江戸時代のまさかとか、割と楽なような楽じゃないような事実に夢が壊れるよね。いや、タイムスリップしたいとかは思わないけど。
もぐらと奈加ちゃんが『日本人のヘンな習慣』について考えてみた。

 日本国民が好きな車の色から、靴を脱ぐ習慣、土産、マイ茶碗、無宗教と言いつつの信仰心の篤さまで。
何でと言われればこう明確に説明出来ない所を考察してくれます。

 中でも一番面白かったのが、ディズニーランドの話。
日本人って特別土産を買う民族だったのか、ディズニー本社は土産やグッズのロイヤルティーを甘く見て、そのおかげで日本ディズニーリゾートはかなり儲けたそうです。
あはは…って、外国人は土産、買わないのか??(職場にばら撒きまではないらしい。)

 楽しく読めました。
花のお江戸ぐらし 現代っ子が体験!

 江戸のテーマパークに務める男女4人がいきなり江戸時代にタイムリープ。
そこではそれぞれがちゃんと肉体と記憶を持って別の人生を暮らしており、でも現代に帰りたい―。
と言う設定。
 まぁ短編連作なんで一話毎にちゃんと帰れます。(理由はない。)

 江戸の風俗と言うよりはストーリー性の方が強いかな。
主人公の高校生アルバイターの女の子が現代との違いに一喜一憂して江戸の事だけじゃなく生き方を学んでいく感じ。
 もぐらさんの真面目な話の時の漫画に近くて、ギャグは少な目。