元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
映画『美女と野獣』
 やった―実写だぁ。とまぁディズニーアニメも見てないんですけどね、お話的には大好きなので。
 ただ予告でベル役がエマワトソンと聞いていたのでちょっと複雑な気持ちに。彼女はベルのイメージに合った申し分ない容姿なんだけど、ハリポタイメージがきつすぎてなぁ…。彼女自身のオーラが世界観を邪魔するのよね。

 結果的に映画は思っていた以上に良かったです。
まず始終歌を歌い続けている所。ミュージカルだ…。これを普通の映画にせず、ディズニー色出しっぱなしの歌いまくり表現は、そう来るかと言う感じでとても良かった。(吹き替え版で観たんですが、そりゃ岩崎宏美は巧いに決まってるよな。藤井隆…。)
 まぁ序盤は延々この調子で、ベルと野獣のメインストーリがなかなか始まらないので時間配分大丈夫なのかとやきもきしましたけど。
 案の定心配していた通り、二人が恋に落ちるまでが割と短すぎて、ちょっと予定調和に頼り気味。…本物のおとぎ話の一目惚れ光速スピードに比べるとシーン割いてるとは思いますが。
 なお、野獣のビジュアル。
もっと野獣野獣していてよかったんですがね。ちょっとコンパクトかつ大分と人間寄りのビジュアルに思えました。
いやぁ、あれはケモナーにしてみたら入り口にもないよ。普通に共存出来るレベル。
(そしてパラレルでもいいから、野獣のままお姫様と仲睦まじく暮らしましたラストの作品はないのか。その展開も萌えるだろう。)
 とりあえず最初から猛々しくはない野獣なので、王子に戻った時も違和感なくてそこはセーフ。
 むしろ一緒に戻った召使たちのど派手な出で立ちに驚いたよ。…着飾り過ぎ。
(とは言え冒頭の舞踏会のシーンからして派手なのは解ってましたが。あれは凄い綺麗だったなぁ。うん。)

 キャラ的にはガストンの相棒ル・フウがいい味出してます。…小回りの利くデブは最強だと思う。
 と言うかこの人、気弱な割には上手い事ガストンを操れるし、口も立つし、基本的に優しいし、自立心さえあれば、ガストンなんかの何百倍もいい男だと思うんですがね。
 最後、ガストンを諫めないまでも決裂するかと思ったんだけど、やっぱりガストンが好きなんだね、この人。気が良すぎてもう。
ガストンは友人に恵まれ過ぎですわ。
(ところでガストンはすっきりと死亡退場でしたが、ディズニー映画でも人死にが出るのかとちょっと意外に思った。)
 ガストンはガストンで、戦時ならば一生英雄で行けたんでしょうねぇ…。この人の性格は、周りではやし立てる村人と言う環境もダメだった気がする。
城に向かうまでの村人は、集団と言う怖さが表現されていて本当、げんなりした。

 ―あと最後まで野獣の名前が解らないわけですが、ベルはいつも何と呼んでいたんだろう。城での再会シーンとか、不便な状況だったろうに…。

 ひとまず十分満足な実写映画だったと思います。
TV『ざわざわ森のがんこちゃん』放送20周年スペシャル エピソード0~ざわざわ森とさばくのひみつ~
 何観てんだよ、って。
いやいやいや、なんか急に気になる画像が目に入っちゃって、どういう事なんだと検索しちゃったわ。
がんこちゃんに…人間が出演してるだと?!

 ―幸い公式で配信されてましたので、つい観ちゃったんですが、相当怖いと言うか、SFと言うか、ディストピアな話でした。元々がんこちゃんって、設定からしてダークだからね。
 人間の滅亡したあと、遺伝子を操作されたっぽいがんこちゃんたち動物が、今の世界を作っている的な。
 で、単に人間が滅亡したSFの話を本編で語るのかと思いきや、それよりずっと衝撃的な話でした。

 あらすじで言うと、がんこちゃんタイムスリップ(突っ込む所ではない)→砂の巨人に襲われている人間の兄妹に会う→砂の巨人を意に介さない最強がんこちゃん→兄妹の母は消えている、父は水を探しに砂漠を彷徨い中→仲良くなったものの、兄、消える→残された妹、しかしお留守番続行でがんこちゃんは元の世界へと帰る―。
 これ、どういう事かと言うと、この世界の人間は、死ぬと砂になっちゃうんですね。ざわざわ森の外を囲む果て無き砂漠の砂はつまり、すべて過去に死んだ人間。
 何せ兄が消えた後はベッドに砂の山。(淡々と掃除するお掃除ロボット。母親もいきなり消えてその時砂の山があったらしい。)
父親もざわざわ森を見つけた所で倒れて砂になったっぽい描写。
 何よりも外へ出かける妹へ、兄が「バイバイ」って言うんだけど、普通は「いってらっしゃい」の流れだろうに、兄は自分の死期を知っていたんだろうか。(考察されていたのが、ベッドで見えない下半身はその時すでに砂になりかけていたと言う怖いもので、正解っぽくて震える。)
 発症の原因は不明なんだけど、『楽しい』『嬉しい』などのプラスの感情を感じると砂になるっぽい?父親は水を見つけて「これで子供たちが助かる!」と喜んだ瞬間倒れちゃったし。
 しかしそうだとすると大人よりも子供の方が危ない世界だよね。この兄妹は、とことん楽しみが制限された生活を強いられていた。
特に妹ちゃんは親から感情が無い様に無い様に育てられて、無口。
砂の巨人はそうすると病気の象徴って所かね…。出来るならあれが人間の慣れの果てとは思いたくない。
 切ない事に、兄の方の楽しいは、友達なんていない所、がんこちゃんが来て、味気ない栄養食よりもサボテンの天ぷらが美味しい事を教えてくれて―と、引き金ががんこちゃんとの出会いになっちゃう所。
 しかしそうすると感情のない妹も、がんこちゃんに出遭って初めて笑ったりしたので、もう発症確実なんですよね…。(そうでなくともタイムスリップもので、お別れ前提ですから。)
 未来の世界でがんこちゃんが兄妹がどうしているかな、また会いたいなと思った瞬間、足に絡み付く砂漠の砂。これ、確実に兄妹の砂ですよね。
このディストピア感ときたら…。
砂の奇病の詳細までは語られてませんが、想像するに余りあるこの虚無感。

 ところでこの妹の名前が『スイ』って言って、変わった名前にするんだなぁと思っていたら、NHKの他の番組で、スイちゃんって女の子がいるんですが、お友達がサボテンとイスと言う、この話に出て来るキーワードと一緒で都市伝説っぽくて怖い。(だってがんこちゃん、サボテンの天ぷらはいいとしても、ソファの存在を知らないかのような『椅子クローズアップ』発言だよ。シナリオ的に浮いてるんだけど…。)
大体なんであの番組、幼女とサボテンとイスと言う妙なコンビなんだと思っていたら…。
 あの世界はがんこちゃんが帰ってしまった後、砂になるまでの間、スイちゃんが人間一人で暮らしていた世界観だと聞いて、うわーってなった。
 えらい濃ゆい子供番組を観てしまった…。これだから侮れんよ、教育TVは。
キングスマン

 B級だと言われているんですが、ふとした折りにこれのアクションシーンを見ちゃいましてねぇ。
…うっわ、何これ。超絶カッコいいんですけど。
 スーツ紳士のキレキレアクションです。スパイですよ、あなた。(007には何の反応もしない私ですが、こっちは反応した。)

 問題のアクションシーンですが、身分を隠している上で、相手は素人ゴロツキ。故に鮮やかに決まりまくるんですが、何せスマート。かつ小悪党に対してすっきりする。
 また武器が傘とか、動きの綺麗さが違った。
 思うに007や他のアクションものにそうはまった事はないのですが、自分の好みがわかった気がする。
戦闘シーンを見たいと言うわけではないらしい。
ドンパチは要らないと思っているもの。
銃火器よりも刀や徒手歓迎。
 またずっと早けりゃいいってもんじゃない、丁々発止の目にも止まらぬスピードアクションは訳が分からないまま終わるから、技が止めで綺麗に決まった所まで観たい。
あのリズム感っていいよね。それ自体は早くていいんだけど、その中にある緩急が大事。
 空白があってこそ、早さも活きる。互いに惹き合う。強ボタン連打コンボはめ技ラッシュで決めるとか、ありえない。
溜めって静は大事ですよ。
 だから強い者同士の対戦よりも、すごく強い一人対烏合集団って方が見ていて楽しいな。
ハラハラ感とか要らんのよね。
単純に綺麗な動きを見たいショー感覚。
 だからこのキングスマンのアクションシーンは、涼しい顔でそれをやってのけるダンディなスーツ姿の(これがまたポイント高い)紳士がスマート過ぎて、すっかりハートを射抜かれちゃいました。
 そしてそのシーンだけで落ちて、DVDポチっちゃってる私。(ぇ?2も今年映画化ですって?やだ、観に行くわ。)

 すぐさまワクワクして観たのですが、これ…いいわぁ。
凄いよ。
シリアスじゃない、だけどバカバカしいわけでもない。
 ちゃんとストーリーが練り込まれてて、何が一番良かったって、スパイの見せ方として、熟練の紳士と今からスパイになる特訓を受ける少年(青年?)とが二つ看板な所。
 一人のスパイの人生を一から教えるとなると時間ばかりかかるけど、同時進行で若さと老熟の両方見せるってのが良かった。(これ、インタビュー画面でここら辺狙ってたって言ってたからさすがだと思う。)
 さらに漫画(があるらしい)と設定を変えているようで、それがかえって良かった。
教える方と教えられる方があくまで他人って所。(血縁だとあまりストーリーが生まれないよね。)
 さらにさらには悪役に気を使っているとも言っていて、それもドンピシャでハマりました。
もう映画作る側の罠に全部引っかかってる。
 ここの悪役は金持ちで過激思想の持ち主の癖に、ある意味真実と彼なりの正義を貫いていて、私利私欲で動いているわけじゃないんだな。
 さらには、血を見るのが大っ嫌いで、少なくとも自分で直接人を殺すシーンは気弱に吐きそうになってていて、冷徹なタイプでも、バーバリアンタイプではない。
どこか親しみを覚えそうにもなるのは黒人役者の独特の空気感かなぁ。
 そして最初は全員がスパイ仲間と思ってたもんで、この黒人さん共々、両足刃物の義足の黒髪少女も敵側で驚く。
 またこの子がめっちゃ美人な上、足技アクションが凄いんだ。
空中戦もブレイクダンス張りの動きも、義足リーチ分刃物がバンバン活かされてる。
 多分アスリート用の義足だと思うんだけど、あの独特のカモシカの様な走る時ぴょんぴょんしなる感じの義足。
すっごくスタイリッシュで、普通のキャラよりもはるかに良いデザインになってる。
 一方味方側も、スパイたちの執事役は頼りがいになるし(やはり紳士)、女の子がいるのもいいな。

 また何よりも謎のスパイ集団って、大抵問答無用の大富豪が私的にやってるとかで金の出所を設定しちゃいますが、この映画は違った。
成り立ちを聞いて、おかしくないなって思えたもん。凄いわこの理屈付け。
(高級テーラーが、大戦で跡継ぎを失い継ぐ者が居なくなったたくさんの富豪たちの遺産を寄付され、運営する事になったと言うやつ。スーツは仕立てるもの、馴染の店の特別さとが成り立つお国柄を上手く扱ってる。)

 そして肝心の事件の展開も、次に何が起こるか正しく予想もつかずで、ハラハラしぱなっし。
幾シーンも同時進行で息つく暇がない。
 何よりも心底驚いたのは、熟練スパイ主人公の方の教会乱闘シーン。
最初見た時ポカーンとした。
え…ナニコレ、と。
 解ってみればなるほどなんだけど、取り返しがつかないような展開で、まさかの退場。
そこから新入りスパイが主役張っていくってのがまた熱い展開。
成程なぁ、新旧交代劇まで入れちゃうのか!
 もうね、だれるシーンは一切なし。
窮地の逃れ方もおお、と思わせるし、アクションシーンが畳みかけるように見所だらけ。

 グロはあるけども過剰なものが無いため、(あってもコメディ処理を入れていて)安心して見れた。
飛んだ拾いものをしましたよ。買って良かった~。
いや、本当、2も観に行こう。
映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
 周囲の評判が良く、ハリポタシリーズは全部映画館で見てきたのでこれも気になっていたのですが、なんとなくズルズル。
今回晴れてお誘いがあったので観に行ってきました。

 端的に言って、その周囲の人の感想が皆『全部パン屋の人が持っていく話』と言っていたのですが、確かにその通りでした。
…もはやあれはパン屋の人が主人公だろう。その目線で見た方が王道心温まるファンタジーラブストーリーで終るわ。
 同じ様に、誰の目線で見るかで相当テイストが変わっていく不思議な映画だと思いました。
主人公目線だと、冒険ものだし、妹ちゃん目線だと、心を読めるだけで過去回想もあればすぐ切ない系の話になるし、孤児院の青年目線だと魔女狩りと虐待のダークファンタジーものだし…。
 所でちゃんと把握出来なかったんだけど、一応のラスボス、あの企んでいる人の正体って何だったの?
あれ?一番肝心な所見逃してる??
 まぁ彼の思想はおかしいが主張の気持ちは解るよね。誰のための法律か、って。長い目で見ればそれが自分たちのためだとも言えるんだけど、どう捉えるかで道がこんなにも違えちゃうもんなんだなぁ。
 でも孤児院のマザーと違って、彼の方は同じ人を人とも思っていない行動を取ってたとしても、マザーよりも大分マシに見えるわ。あの魔女狩りマザーは思想も信念も未来もなく、単純に自分の鬱屈したものを周囲に当たり散らしているだけだもんな…。
この映画で数少ない死亡者の内だけど、同情が湧かん。

 映像の方は安定の違和感のなさですが、ビジュアルで言えば、肝心の魔法生物たち、そんなに魅力的でなかった。
ドラゴンともなると確かに綺麗なんですが、他は綺麗とかカッコいいとか可愛いとか言うのが一切なし。むしろ…気持ち悪いデザインが多い。
うーん、映画の売りの一つだと思うが、好みじゃない。
 逆に魔法界の人外住人らの容姿とかの方が、ちゃんとその種族なりの美しさがあった。
酒場のシーンが一目瞭然。
歌姫が気味悪い癖に同時に妖艶で綺麗とか、情報屋の『居そう』な表情とか。
 モーションだけはいまだに違和感を感じるのでそこだけどうにかなればなぁと思いますが。
 エフェクトは、煙の様な相手が、灰塵撒き散らして収縮拡大、速度も緩急つけて動く様は圧巻で、あのCGは良かった。

 ストーリー的にはこじんまりまとまった単純なお話で、話が大事になる割にはシンプル。
彼の話を『あの本の著者です』と繋げる必要は実際どこにもない気がするのですが、ダンブルドアとか入れ込まないといけないのかねぇ…?
普通に同世界感、とある魔法使いの話、でも足りる気はしました。
 最終的にあの姉とどうなるのか、勝手にくっつけておいて良いんだろうか。時系列が過去形のストーリーって、良い所は気になる所の結果が出ている所だと思うんだ。
 まぁそれ程までにハリポタを調べ上げているわけでないので、読み落としたり誤解したりしている部分は多そうです。
単品の映画としては、可もなく不可もなくと言う感じでした。
映画『ONE PIECE FILM GOLD』
 いつも観てるわけではないんだけど、原作者が絡む映画となるとどうしよっかな~?とかウロウロしていた中、急に見る気になり連れに強引に付き合わせる。
 いやぁ、これがね、良かった。
駄目なところなかったわと言うくらい、密度が高かった。
あれだけの時間に各エピソードの配分がよろしく、色んな話が見れたもの。

 OPから音楽とのシンクロばっちりのカッコいい戦闘シーン。
元々これ系の音楽好きだし、久しぶりにサントラ買ってもいい気になる。
 ゲストキャラらのデザイン好き。まぁ声は声優との差が気になるんだけど、各キャラの個性付けも敵グループとしてまとまり良かったな。
そういうキャラが出てきたら卑怯だと思っていた運気を操るキャラとか、今後の戦闘シーン、期待しますでしょ。
 基本的に舞台がカジノだけに一味の着る服も毎度の映画宜しくとてもスタイリッシュ。進入時の変装類だけはおかしい事になっていたけど、色を揃えてくれる服とか見ていて気持ち良いもの。
 これにナミの昔馴染みとか、テゾーロのフラッシュバック、CPの一部その後、革命軍…と見事にエピソードを埋め込んで来た。
 細かい所で感心したのは、スパンダム(相変わらずの小物臭(笑))が、性格はアレだけど金に対しての反応が結構プライドあって(それでいて空気読むけど)ちょっとへぇ、と思った。
まぁルッチより目立たんでいいんだよと思ってたが、なんでこの二人が宣伝時のメインビジュアルにやたら載っているのかが謎でした。(サボとかは入れないのに?ドレスアップの違いか??)
 とりあえずルッチの電伝虫の切り方は相変わらずだし、この人、海軍トップや天竜人にすらあの態度で大丈夫なの?CPって、そんなに権力あったっけ?世界政府だからなのか天竜人の命令だったからか知らんが、見ていてこっちがヒヤッとした。
(この映画に出てくる天竜人は基本的にモブなのでホッとする。)
 なお付いてきた小冊子でスパンダムの失脚はCP9が焼きを入れたせいだと信じていましたが、これも父親の関係と書いてあってえー??となった。
 このルッチと戦うのがサボなわけでそりゃまた豪勢なんですが、火拳と言われてサボなのがまだまだ馴染無くて違和感の登場シーン。(苦笑)
この二人の戦闘シーンは綺麗そうなのでもっと見たかったんですが、まぁサイドだしね。
でも会話シーンはなんかお互い淡々としていて良かったな。(オマケ冊子に付いていた会話部分はカット??)
 海軍ほどにCPが麦わらの一味や革命軍を捕まえようとか潰そうとか躍起になってない所が、立ち位置の違いや本分の弁え方を持っていて面白い。
 コアラは本当にちょっとしか出ないけど、相変わらず可愛いです。サボと二人の所、本当好きだわ~。
何と言うか、強い人に強いキャラって、良いよね?
 で、一瞬コアラの顔が女狐ちゃんと見分け付かなかったのは内緒ですが、ビジュアルなぁ、女狐ちゃんのデザインは好きでも、かと言って嫌いでもなくなんですが、本業泥棒でよく歌姫稼業でテゾーロに取り入れたなぁ、と。とりあえず歌は良いとしても笑い声だけめちゃくちゃ浮くんでどうにかして下さい。
 昔のシーンではこの子13歳らしいんですが、この世界のローティーン(子供もだけど)のやる事成す事独り立ち根性凄すぎて怖いよ。
命がけ生き様が多いけど、ナミもセットで大概なエピソード。
 てっきり屈辱のアーロン一味に助けられる(見張り付いてないけど、実際ナミ死んだら困るんでしょ?)系かと思ったけど…。

 女狐ちゃんは口八丁な生業だけに、寝返り裏切り…とこの辺りでいい動きをしてくれる。
今回の映画の『騙される方悪い』は本当にこの出し抜き方の手法や流れがいつものドンパチ以外で楽しかった。
小さなところではウソップが相変わらず冴えた勝ち方するしねぇ。
 なおラストの女狐ちゃんの罠はオチが読めていたので私的に残念。あれは読めない方がグッと来ただろうに。
 ちなみに戦闘シーンは、メインのゾロが…囚われのお姫様役だもんなぁ。あ、刀無しはもう剣士としてどうかと思うんでやめて下さい。(苦笑)
 それに基本的に立ち回り上ずっと自由だったサンジ。
サンジですらもうちょっと目立っても良かった。
ラストのルフィとテゾーロの戦闘以外は、今回軽めだなぁ、と。
(所でサンジ、金に浸かるシーン、貴方飛べますよね?)

 他、舞台とか、カーレースとかあるせいだろうか、所々ルパンを思い出したよ~。
車飛ぶところとかジャンプスーツね。そういやイタリア調だったり、女が皆峰不二子級だから?
 全体的に色合いがゴールドを始め派手な色合いなんだけど、CG処理がしっくり来てるので、ペタッとした下品な感じにはなっておらず、また、線や動きが綺麗なのでビジュアルも良かった。一番最初に金粉が降ってくるシーンなんかCGならではだよね。(なお一も二もなく体に付いたら厄介だから日傘差してぇ…と思っていたけどそれが正解で笑った。)
 キャラ的には毎度ロビンが一番好き。眼鏡…いいね!ロビンは綺麗なお姉さん系だから、ちょっと可愛い格好をする時すら全部良いわ。
次にルッチ。白スーツとかズルすぎ。

 あとね、ED、短過ぎない?
昨今ただでさえ長っい曲を2曲流してエンドロールやるような映画が多いのに、短かった。
スタッフ、そんなので収まりきれる数なんだ?だれなくて良かった~…。動きがなかったしね。
 時間以上にボリュームたっぷりの映画でした。面白かった!