元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
文豪ゲット
 あれから中原中也と新見南吉、乱歩をゲットしました。
泉鏡花と太宰はかすりもせん。
あ、はい、ゲームの話です。

 なお本の方は夏目漱石と芥川龍之介をちょっとだけ試したんですが、相変わらず文体に違和感がありなんら琴線にひっかかる事がありませんでした。
私にとって言葉ってすごく大事なファクターでして、普段の言葉使いで無ければもう時代小説だの、古典だの、ちょっと前のものでも、すんなり入ってこないんですよね。永久に外国語で原書読めないタイプですわ。

 ところでゲームで花袋さんを喪失してしまったのですが、アレ?このゲームの喪失って消えてなくなる事じゃないの??はて…消えない。(HPは0までいってないんですが、そうすると消えるんだろうか。)もしかしてウィズ方式じゃないのか、だとしたらちょろい…。
 てか、喪失って単語の意味をちゃんと書いていてほしい。普通はロストだろう、ロスト。灰。(心身喪失の方なんだろうか?)
文豪尽くし
 最近近代日本文学の辺りにはまってあらすじ網羅している所なんですが、そういやぁ文豪たちが主人公のゲームがあったっけ。
確か設定が素敵だった気がして、始めてみました。
 文学書が化け物に憑りつかれ浸食されて行き、文字が消え人々の記憶から名著が失われてしまう、それを止めると言う設定ですね。本から召喚された文豪たちが文字の力を武器に変え、侵された本に入り込み退治して行きます。
…くそぅ、本好きには堪らんファンタジーやで。

 当然実在の文豪たちがガンガン出てきます。いや、逆に言えば架空の人物がおりません。
仮にこれが作品のキャラ達としても食いつく設定ですが、著作権的にここら辺どうなってるんでしょうね。実在の人間系は。
 ちなみにこのゲーム、絵が美麗、明治辺りのセピアな雰囲気と文字が侵食されて行く独特の表現が異世界感を盛り上げてくれますし、食事絵(文豪はグルメが多いもんで、食事を与える必要がある)なんて実写と見まごうばかりのシズル感溢れるよだれもんの絵です。
 音楽も良かった。ついでに声優もがっつり。(合ってないと言えば合ってない人も居るんだけど…。)
 何よりもう笑うしかないのが、やはり実在の人名でキャラを呼ばざる得ない事。
「中也来いっ!」とか「志賀直哉撃たれ弱っ」とか「夏目先生、戦闘のセリフ怖ぇ…」とか…脳内自分ツッコミ不可避。

 個人的に外見が一番好きなのは鴎外(白軍服に白衣と言う軍医姿)。谷崎はオカマはやめていただきたい。
喋りが良かったのはオダサク。(作品のせいかバリバリの大阪弁。)戦闘シーンの口の悪さはあれだけど。
 しかし外見について言えば、どうして夏目先生と中也は誰が描いてもあの感じなんだろう。
他の文豪たちも写真は出回っているだろうに、全っ然違うビジュアル系に変化させられていて見る影もないのに、この二人はぶれない様子。新見南吉なんてショタだぜ…。

 あと正岡子規が野球野球うるさい。聞き取れないんだけど、借金がどうの叫んでる人、いない?(笑)
こう言う小ネタぶっ込んでくるだけあって、このゲーム、各文豪たちの師弟関係だとか仲の良い悪い、文壇会派別で組み合わせ毎に攻撃や会話が変わります。―えらいまた文学オタク向けだなっ?!
 あと、ステージがそれぞれ作品名になっていて、ちょっとしたクイズ状態。
ああ、これで文学好きが増えると良いねぇ。

 なお、今の所メイン戦力として芥川と志賀直哉、夏目先生あたりを育てて行きたい。地味に中島敦とか中野重治もいいんだけど、どうしても文豪ごとにレア度があって、成長的に個人の好き嫌いの反映が難しいんだよなぁ。何故か永井荷風が常にぶっちぎりで強くなっていってしまう…。
 泉鏡花と中原中也、乱歩や宮沢賢治あたりも欲しいんだけど出てきません☆
 ところでこのキャラパラメーターに、精神と言う項目がありまして、安定とか、やや安定とか書いてあるんで最初は「休ませたりして回復するんだろうか…」と思っていたら何の冗談か、キャラ毎に固定のパラメーターでした。
当然芥川は『不安定』で、なんつーか、おい…。
 あとは居ない様なんだけど、個人的には川端康成や柳田国男、小泉八雲、女流作家とかも入れて欲しい。さすがに金田一京助はダメか?啄木つながりで…。
 そしてこのゲーム、意外とシビアでいったんロストするとキャラが戻ってこない恐怖のウィザードリー方式であった。カードゲーでこれは鬼。
シムシティ
 さて、春の忙しい間、基本、湯シャンの話ばかりしてますが、ある意味この話題が今一番時間のかからない話題だったりします。
なんせ時間がかかる読書は元より進まねーわ、忙しさで体力が切れて散歩もなかなか出来ねーわ、外出なんてとてもとても。
その点、湯シャンはえらい時に始めちゃったなぁなんて思いながらも、毎日絶対の事なので、書くのに事欠かない。
手間だけどそれこそ日記としてだらだら書き記しています。
4、5月の間はそうそうゆっくりしていられないだろうからね。

 で、さらにいろいろな事が捗らない理由の一つに、コマ切れ時間でも出来るスマホのゲームをやって貴重な時間を潰していると言うのがありました。

シムシティです。

…箱庭好きはもうハマらざる得ないのよ、これ…。
ゲーム性とかいいから、設計させろ、町をさ。
(間取りソフトも大好物です。(笑))
以前の携帯にも落としてたなぁ、これ。
 今やってるゲームの少しだけ気にくわない所は、一からやり直しと言うクリア機能がない事。
おい、常に続きからか…。
 街並みを一気に変えたい時、デストロイ&ビルドの繰り返しですよ。コインないのにぃ~…。

 で、なんでそんなに町を変えたいって、遊びながらなんで、自分の好きな町は勿論、気まぐれに漫画の町を再現とか、そう言う方法でも遊んでいるから。
町の名前も変えれるし、建物も諸外国風があるから、やろうと思えば何とかなる。
ほほぅ…日本風もあるのか…。
まぁ建ててて楽しいのはゴシック系だが。
 ところで固定の建物が邪魔です。私にまっさらな地形をくれ。せめて潰させろと。(笑)

 しかしマップが広大過ぎて、無課金だとまず完成しない様な無理ゲーとなっています。
まぁ自分が利益無視で好きな建物ばかり建てちゃうせいもあるんだけどね。
 あと誰かとオンラインで繋がらないと達成出来ないタスクもあって、は、箱庭作りなのにぼっちプレイが出来ないとか…っ。(´Д`;)
 ちまちまやります。
で、ブロードバンドって何?
 さて、ここでおさらいしておきましょう。
うちの場合、ナローバンドは間違いなく定義通りのナローバンドだったのですが、逆にブロードバンドってどこからがブロードバンド?
 これがまた定義ない様なのねぇ…。
まぁその時代によって上位とされる速度がブロードバンドと呼ばれるのが一般的と言う事でしょうか。
 そうかと思えば4Mbpsもありゃぁ不自由なくネットライフを送れるから、それ以上あっても意味ないよと言う説があり、片方ではいや、1Gbps以上で初めてブロードバンドと言う声もある。
なんだその差…。4M~1Gって、幅あり過ぎだろう…。
 まぁこれは、世界各国の話も混じっているので、通信技術が比較的恵まれている日本ではどうだろうね?
不自由なくったって、ゲームするとかになってくると10Mくらい欲しいとか、いろいろあるみたいだし。

 最新事情じゃないけど、調べてみると世界の平均接続速度は4.6Mbpsくらい。
日本は15Mbpsくらいとの事。
なお今日本で提供される最速バンドって、2Gbpsくらいはあるみたいね。実測値は不明ですが。
 となると320M、ベストエフォートの名の元に、勢い削がれてもかなり快適に過ごせそうな数値ではあるな。
これで数年はまた何も考えずにあぐらかけそうだ。
工事の日が楽しみです。
恋愛ゲー
 唐突に乙女ゲー。
とある動画サイトの実況が余りに面白くて、その実況では触れられなかった一キャラのGOODENDを見るためだけに、思わずやってしまいました。

 うん、このゲームね、元が乙女ゲーとは程遠い、キャラ的にも落とす対象じゃ普通有り得ない、むしろギャグでやってるだろうって言うゲーム設定なんですが、

一周まわって面白過ぎたと言うか―。

(ありましたよねー、鳩乙女ゲーとか。)
 実況のめり出した頃にはギャグとしてでなく、本気でこいつの落ちる所見たいモードに変わってました。(大笑)くそぅ、奴め、どんな顔して主人公に告るんだっ?!最初からぶっちぎり憎たらしいキャラなだけに、勝利感を味わいたいー!!
いやぁ、わずか数十分で憎しみが愛情に変わっていく様を存分に味わいましたよ。笑う。作った人、鬼才。(笑)

 こういうギャグやお遊びで作ったくせに、人の心をわしづかみするシナリオとかズルイですよね。落差に萌えると言うか…いや、狙ってないからこそアコギさがなくて素直にハマれるのか。
 調子こいて他キャラもどんどん攻略中です。
才能の無駄遣いって言うか―素晴らしいよ、製作陣。(拍手)

(ちなみに最近日記がずれていてこちら3月時の話です。全キャラ落とす前に4月が来て、今完全に止まっております、こちらのゲーム進行。OTL)