元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
『物』の冥利って何だろう
 うちにはバッグ塚がある。
塚と呼ばせてください。
 うちには家人らがため込んでいるバッグ類がやたらとあるのです。
所謂ブランドものですね。海外旅行に行けば買い、国内でも勿論何気に買い―。
私はあまりブランド物どうのと言うのが無いんですが、家人らは好きなんでしょうね。
 ただ、使うなら良い。かつちゃんと手入れもするなら。
もー、掃除中に出て来るバッグ類、ほぼカビで全滅してるんですよ。
その度に拭いて、風を通してまた仕舞い込んでいる。
 使う事なんてほぼないですよ。年に一回あるかないか。いや、ないやつの方が多い。
でも捨てるという事はしないんですよね。
 傷とか、内布ボロボロとか、みっともないから止めなさいよと思うんですが、溜め込んでいる。

 で、考えてみれば通勤組の私の方がよっぽどそういったバッグを使う機会が多いじゃないか。ならば

私が使う―。(謎の使命感。)

 いやー、使わず死蔵が一番勿体ない事ですよ。それよりも使わないから処分の方がよっぽど理に適ってる。もうね、管理出来ないものを持つな、と。コレクションじゃあるまいし。
 幸いと言うか何というか、家人らは私物貸し借りまるでOK、何なら私にまで買ってくる勢いな太っ腹体質なので、私が使う事は何の問題もありません。
今ある自分のカバン…あと少しで買い替え寸前なんだけど、ちょっと仕舞っておいて、先にこのバッグ共に日の目を見せてやるかぁ。(;^ω^)
 とりあえず自分の物じゃないから所持数にも影響ないし、でも新しいバッグがごろごろと言う不思議な状態になりました。(でもひとまず一つでいいよ…活用してあげられないよ…。)
 今の時期使えそうなもので荷物(主に本)が入りそうなそこそこの大きさの物をチョイスしたら、「お目が高い。一番高いやつだわ」とか抜かされました。…ヴィトンかよ。私が持つには浮くなぁ…。(´-ω-`;)
「いい?!無駄に寝かせてるから私が使い倒してそれで処分しちゃうんだからねっ?!いいのねっ?!(; ・`д・´)」
と言い聞かせて持ち出したのですが、全然OKって、本当に何の執着があって置いてあるんだよ…。値段なのかよぉ…。(;´Д`)

 てなわけで手持ちバッグ、使い倒して成仏させるまで新しいのは買わないゾ計画は一時停止。危ない危ない、もう少し経ってから思いついてたら、新しいカバン買い替えてた所だわ。
 いやー、しかしブランドバッグは手入れさえすれば結構持っちゃうから消費(?)しきる自信はないんだけどね。
毎度掃除の度に放置されてるバッグを見てたら、哀れに思えてきちゃってなぁ…。(なお自分の好みとは全く違う領域のバッグなんですけど、何やってんでしょーね、私。)

 『物』の冥利って何だろう。使わず(自称大事に)に仕舞い込んで置く、大事に扱わず使い倒す、うちは少なくともこれらなので違うよな。
大事に(好きで)使うってのが冥利だよねぇ…やっぱり。(._.)
まとめてみた
 公共料金の支払いだのなんだの、今まではいくつかの口座に散らばっていました。
家人預けの物や、完全プライべート用とか、家に近い、職場に近いなど…。
 数年に一回くらい、口座やキャッシュカードなど、見直しをはかって整理するんですが、今回はふと思い立って家中の引き落とし記録を再確認で洗い出し。
『よし、もうただひとつの口座の残高さえ気にするようにすればいいか』とひたすら一つの口座に集めてみました。(大雑把。)
 さらにクレジットカード集中とか、凝縮凝縮。これで使わなくなった口座やカードを解約します。

 いやぁ、物にしろ口座にしろ、年々管理し切れる数が減っていくもんだねぇ…としみじみ。
まぁ、記憶力の減少はおいといて、ライフハックと自分に言い聞かせます。
お楽しみ袋
 前回逃した図書館のお楽しみ袋を今回はとうとうGET。
タイトルが解らない本が数冊、ある程度のテーマに沿って貸し出されます。
何でこんなに面白い企画なのに利用者の食いつきは少ないのか…。
喜び勇んでカウンターに持っていったら、凄い喜ばれました。
 渡される時も封をされた袋に入って渡されるので、中身は開けてからのお楽しみとか、ちょっとワクワクしましたよ。(*ノωノ)
 読みたい本がこれと言ってない時とか、自分の選びそうにない本と出会うとか、半強制的、運命的な読書を求めている時、他人にセレクトしてもらうとか最高じゃないですか。
 自分に合ったものを選んでもらうのもいいけど、全く知らないからこそと言う路線も捨てがたいし、こんな風にテーマのみ指定って言うのが失敗も少なくていい。
積極的に利用して行きたいねぇ。
のんべんだらり
 早々に初詣を終え、そのままご機嫌で散歩突入。
汗だくで帰ってきて正月っぽく『酒風呂』でお清め終了。
御馳走食って只今―寝正月モードに入りました~。うわー、いつも通り。
 さぁ、だらけるぞぅ。
明けましておめでとうございます
 今年もまた0時のカウントダウン時には「年越し?眠いんで」と普通に11時頃には耐えられなくなり就寝していた私です。どこのお子様か。
 いや、むしろ子供の頃は親に「年越しまで起きていろ」と言われていて眠いのを我慢しつつ起きていた気がします。(解る様な解らない様な御言い付け。)
 大人になってからは自由を噛みしめつつ寝こけています。ふふふふふ…大晦日だからって、正月だからって浮かれ要素がひとつもない淡々としたもんだわ。
 今年はとうとう年越しそばを用意するのも忘れましてね。素で。
慌てて夕食の鍋の締めにうどんを食べる事で手を打ちました。どっとはらい。
(悪気なく普通にお年玉や年賀状の事も意識にありません。慌ててその場で対処する事になるもんで、お年玉袋とか、もう普段仕様のミニ封筒とかだよ。)

 ―で、超早朝に目が冷めちゃってこれを書いてるわけですね。
本日は寒うございます。
初詣は早朝に限るし、暗い今の内から行くのもありだなぁ。
そのまま散歩しちゃおうかしら、わくわく。
 本年も平熱のまま、宜しくお願いいたします。