元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ハンドクリーム万能説
 秋冬に備えて買ったハンドクリームですが、薬用で一番刺激の少ない、余計なものは何も入っていない最低限の物を選んで買っても、毎年余らせるわけです。(無駄なし度で言えば年がら年中使えて安心のワセリンが一番なわけですが、冬は固まるので致し方なく。)
 そりゃなるべく肌には何も付けずに越した事がないと思ってるから、消費も進まんわけですが…。

 まぁ大体毎度冬の終わりに駆け込みでガンガン消費に努める事となります。シーズン越して保管しようとは思わないのね。
アトピー的な手荒れ部分以外の手の保湿は勿論、ボディのカサつき、顔にも塗っちゃう。
そうすると専用品よりも何故かしら調子良く肌が仕上がっちゃう事に気づいた。ボディクリームも美容クリームも要らんぞこれ…。(なおニベアにあらず。かつアトピー的な部分には相変わらず刺激になるのでこちらはワセリンが基本。)
 極めつけは髪の毛にも。
アウトバストリートメント的に使うと、これもトリートメント要らずにするっするになる。
こいつ一体何なのさ…。
(結局の所、シリコンの効果じゃなかろうか―と思ったら別にシリコン系入ってなかったわ。)

 べた付かない点ではワセリンよりいいかもです。オールマイティにいけるし。
これでアトピー部分にさえ刺激が無ければ、もうこの一品で年中過ごすのに…。結局ワセリンは別途必須かぁ、ちぇっ。
 あ、あとハンドクリームは革製品の手入れにも使えちゃったりもします。結構万能なんだなぁと感心しちゃいました。ワセリンみたく家具のお手入れも出来たり…はどうなんだろうな。
野比家の借金

 野比家を基に、お金の勉強をしようと言うちょっと変わった本。
発売当時から少しは経っているので、現代に則しているかは不明だけど、まぁペラペラと―。

 で、最初に野比家でどうモデルにするんだと思っていたら、なんてことはない、単にお金の仕組みを話す時に、名前を野比家を当てはめるだけで、『もし株を運用したら』とか、全然ない話まで仮定で説明に使うだけ。…何なんだよ、それは…。
 まぁ過去と未来がわかるドラえもんの世界ですから、子どもが出来たら、とかはやり易かろうが、それならサザエさんとかでも出来るわけで―。

 あと、話している内容はきちんとした経済なんだけど、資産価値と言う市場の話に視点を置いているから、例えば持ち家があったとして、それの価値が減っていく…って言ったって、住む場所と言う確保の心理的価値を組み込んでないから比較が微妙。
個人的には私も賃貸派ですけど、未来的に古い家の資産価値が下がっていたら運用的に負けって言われても、住む場所確保してるだけで価値があると思うんだけどな…。他人の土地には勝手に住めないし、屋根だって壁だって箱が要るんだぜ??
(一応、賃貸に住んでる場合との経費の比較もしてはいる。が、これは著者も言う様に、それぞれの派閥で好きに書き換える事の出来る想定ストーリなので、どちらを信じるべきと言うのは断定しにくい。)
 あと、借金をして家を買って資産価値が下がると言うのに対して、賃貸派はその間に現金を運用して資産価値を上げると言う前提なので、資産運用に失敗、あるいは資産運用など何もしてなくても条件変わっちゃうね。

 他、結婚するべき?子どもにかかるお金は?転職は?と人生の大きな問題をお金に絡めていくつか。
 まぁ、これも著者が言っている事だけど、何が正解かなんて人それぞれだから、この本を読んで文句を言ってもいいから、自分の人生設計に目を向けようよと言うのが目的らしく、中身については二の次かもしれない。
 …最終的には、何をやったってどうなるかわからない、と言うのが脳裏をかすめたなぁ。
開き直ってもいけないと思う、お金の話でした。
湯シャンもうすぐ2年
 気が付けば。
もう当たり前の様に湯シャンが通常営業となっておりますが、それが通常となったが故に、イレギュラーの日も現れ始めました。
 例えば体調不良でお風呂を飛ばしてしまった日とか、だらけておざなりに洗ってしまった日。
次の日丁寧に洗うとか、湯温をあげるとかですぐ戻せるんですが、それでもなおかつ二日連続で、悠長に洗っていられない日とか。面倒(ry
 そんな場合は、トリートメントorシャンプーを使用して手抜きする事もあるわけです。
トリートメントは月に二度、シャンプーは薄めたやつを月に一度あるかないかくらいですが、手が荒れない範囲なら別に使っても問題ないですしね。
やっぱりちゃっちゃとシャンプーやトリートメントを使う方が手間はかからんのですよ。その圧倒的速さと仕上がりや香りは好きだし。
 湯シャンは丁寧に、その都度の状態を見つつ温度や洗い方を変えて仕上げる小細工が要るので、面倒っちゃ面倒。
良い事は、本当に手が荒れないのと洗剤残りが絶対ないのと、たまーに白髪が治ってる所?
…ううむ、手さえ丈夫ならなぁ…。
(掃除だって皿洗いだっていくらでも出来るのに。)

 しかしトリートメントはまだしも、シャンプーも石鹸も洗剤類も、何したって手が荒れるなぁ。
調子こいて洗髪とか掃除とかで使用しまくると、手袋ごときで防御出来てないらしく、すぐに手がボロボロになる。悲しい。(;´Д`)

 その他健康カテゴリー系はメモ程度に今こんな感じ。
アトピー→上記の感じで洗剤とのイタチゴッコ継続中。まだまだ荒れるけど、全体的に酷さレベルは下がってきているので予防重視で。
爪水虫→あいつら手強過ぎ。まだ3か月程だから効果の程が見えないが、勝機も見えず。効果あるのか見るのに爪を伸ばさないといけないから、結果分かるのがいちいち3ヶ月単位とか、もうね…。
肝斑→飲み薬続けてます。こちらも始めてから4、5か月…か?日々鏡観る度に濃さが違うんで、もう全然解りません。病院でシミが見える写真撮ってくれるんだけど、やっぱり解りません。まぁ長期戦だから…。ビタミン剤は他貧血だの風邪だのにお役立ちなので、このままもらい続けます。
脱毛→ほとんど撲滅したんで、たまーにまだ生き残っているのが出てきた時にちょいと使うだけ。相変わらず痛いけど便利。
新・どの本よもうかな? 5・6年生

 さぁ、子どもじゃないけどその本読もうかな?
児童文学めあてで。

 しかし驚いた事にこの本、5、6年向けなのに絵本から始まってるのよ。へぇ…拘らない所が良いね。
そうなの、対象年齢よりも上の人はすべからくその本を読んで理解し、面白いと思える可能性があるんだものね。
 そして1Pに1冊の本の紹介なんですが、上手いわ。
あらすじ→途中で引いて興味を引く―と言う単純なものでなく、問い掛けを絡めつつ、こちらに話しかけて来るかのように興味を持たせてくれます。
くっ…大概読みたくなるぞ、これ。
 本当、どうしようかと言うくらいにどんな話なのか、続きが気になる本だらけでした。

 この本、ガイドとして優秀過ぎるわ。
大人しく読みたい本リストに書きこんでいくか―。
玉突き整理
 ゆっくり進行していた家人の蔵書整理が、ようやく3分の2くらい虫干しが終わったご様子。
家人は読書大好きなくせに本自体はあまり丁寧に扱わないので、ケースはないわ、ページは折れ曲がってるわ、シミだらけの本ばかりですが、量だけはある。
 再び捨てる本と残す本に分けて、ケースに詰め直し。
各部屋に点在していた本類はこれで一か所に集められそうです。(ベッドの横にとぐろ撒いてる本は見ないふりだ。)
 ひとまず衣装ケース3箱に今読まない本を詰め込んで、積み直しついでに物置の整理になだれ込む。
 朝からなんかやってるなぁと音で気づき、飛び起きて言われもしないのに参戦して、私が誘導したとも言いますな。
あ、あの部屋の箱も持ってこようか?この箱潰しちゃう?ゴミ移動するよ、掃除機掛けるね~、やるよ、やるからさぁ、

この勢い無駄にしないで☆(*‘∀‘)

家人に掃除神が降りてるチャンスは逃さないぜ…。(電気毛布やスリッパや燃えないゴミ系も捨てたった。あと仕舞いこんでると使わない一方だから保管されてた靴も綺麗に下駄箱にIN。大事にしすぎてて手入れしないまま放置とか、一番ダメなやつじゃんねー?)

 で、いわゆる押し入れサイズ衣装ケース。それのハーフサイズがふたつ、今回の整理によって空きました。
ちょうど良かったんで、私の管理している非常食入れに活用させてもらう事に。
 今までは蓋の付いてないケースで押し入れに入れてたから、高さの面で収納を活かしきれてなかったんだよねー。
(とは言え、実際は空間に余裕残して収納する方がいいんだけど。)
 頻繁に出し入れするもんじゃないし、埃を防げるからやっぱり蓋付きが魅力的。
 収納は主食、副食、消耗品と箱3つに分けて家族分全部私の部屋の押し入れに入れているんですが(私が賞味期限管理しているから、いじりやすい)、これらをハーフケース2つに全入れ。
重くなりずぎても困るから、軽いもの、重いものを分散しつつ、まぁ綺麗に収まりました。トイレットペーパーなんて衛生的にも気になってたからケースに入れられてホッとしたわ。
 湿気は…どうなんだろうな、このケース?
まぁひと梅雨越してみないと不明です。

 水だけは押し入れの底が抜けそうなんで別置きのまま。
うん、私の部屋の押し入れは、なんか底がベコベコしてて、ウォークインみたいに足を踏み入れようもんなら、床を踏み抜きかねないんだよ…。(;´Д`)
 でも物を出し入れするためには、一歩踏み入らなきゃいけないので、総重量には常に気を遣います。
缶詰以外は軽いものだけなんだけどね。
 このベコベコは建材が薄いのか、湿気によって弱っているのか、どっちだ?どっちもか?
そろそろ乾燥剤買い込まなきゃいけない季節が来るわ…。(早ぇよ)