元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
単行本ここまで読んだ自分メモ134

 8,9巻と。
気が付いたらもう10巻発売間近でした。
7巻がイルベックの話がややこしかったのですが、ようやく日常に戻ったかなぁ、と。
とは言えヴィアンカさんが乗り込んでくるのでまたなかなかの波乱万丈なわけですが…。
 ヴィアンカさんは個人的には大好きと言うか理解しやすいタイプなのですが、コーセルテル世界では若干浮きやすいダークさと言うか意地の悪さがあるので、根は良い人だとしても周囲が物凄く優しい心持ちの人ばかりで初めて認めてもらえる性格してると思う。
人の心を汲まない人相手だと喧嘩にしかならんと言うか。
(まぁテレパスかよと言うくらいの性善説の塊ですがね、コーセルテルの住人は。)
それにしても頭が良いだけに嘲笑顔が本気で性悪に見える…。
 あと地竜守長はちょろすぎておかしい。
 そしてジェンの所のお話が進んでいて嬉しいなぁ。
喧嘩しまくりだけどいい連れ合いになりそうなんだけど。
 カップル系でいえば夏の精霊と水子竜。その歳の差はおかしくないか、どこに惚れるんだと言う若干の引きがあ入りながらもちょっと微笑ましくはあるエピソード。
しかし水竜(竜術士含む)家が理想のタイプと全く逆の人を好きになると言う話を聞いて、気が付かなかったが実にその通りだなと思った。ぉぉぉ…。
 そして大きくなったメオも出てきて、えらくかっこよくなってて感慨深い。

 さて次は10巻。
特装版で予約注文したから小冊子も楽しみだ☆
引っ越しをするなら
 この間物入れの整理をした時に、棚を拭き掃除するために一度物入れの中の物を全部部屋に出して思いました。
…もし自分が引っ越しするとして、はたして段ボール何個分で引っ越し出来るのかしら、と。
 最低限の荷物で移動するとしたら、私物…は少ない方だと思うけど、ただ問題は他の生活用品だよねー。
台所用品や風呂トイレ用品、カーテンとか布団とかも嵩張るし、…うーん、想像が付かん。
 ただ、少ない人で段ボール3から平均10個くらいが一人暮らしの場合の相場のようで、段ボールの大きさが想像出来ないんであれなんだけど、10個に収まるとは思えんなぁ…。(^^;)
何を持っていくか、現地で買うかにもよるんだろうか?
 なんぞそれでマイカーで引っ越しのだ、宅急便で引っ越しだの、引っ越し会社を使うより安く済むラインがあるようで、こういうのって気になるぅ~。(*ノωノ)
 ―まぁ少なくとも非常用の水とか缶詰とかはマジ新居で買い直せって話だろうな。くそ重いし。
そうなるといざ引っ越し前の数週間は非常食を食いまくる羽目になりそうで、プチサバイバルですなぁ…。(^^;)

 ちなみに自分がもし一人暮らしするとしたら、欲しい家電は冷蔵庫、レンジと炊飯器、洗濯機、スティック型掃除機、エアコンって感じでしょうか。あとは時期になってから扇風機を買い直し、要スペースと相談でシュレッダーの方がTVよりも順位が上だなぁ。
使用頻度は少ないけど、シュレッダー作業って手でやると辛いもん。
 まぁこういった妄想も楽しいもんです。
只今の鞄ラインナップ
 いやはや、長い戦いでした。
無事手元にバッグが届く。
うん、合格!吟味した甲斐があり、第一印象もチェックもOK。あとは使用して行く事で最後の審査ですが…これは長い目で見たい所。
 しかしこれで晴れてオンオフ両用、小中大の色もバラバラ鞄を揃える事が出来ました。
赤系、青系、緑系なんだけど、今回引退は茶系だったので、とうとう定番の黒、茶系をやめたか…私にしては珍しい。
 この先次にヘタるのは一番小さい赤系鞄なんですが、これはもう買い替える予定がないので、数年はカバン地獄と付き合わないで良さそう。
て感じで今の鞄ラインナップ。

☆フォーマルバッグ(黒)冠婚葬祭用。気付いたらほとんど使わないのに汚くなっていたのだが、手入れしてみたら復活。まだまだいける。
☆革ボストン鞄(赤)ヘビロテ用。固くて小さいめ。この間洗ったったやつ。
☆ショルダーバッグ(青)ヘビロテ用。A4が入るぞ。
☆ナイロンバッグ(緑)旅行用。デカくて軽い。荷物の多い日も安心。
☆リュック(紺)手ぶら用。町も田舎も散歩も関係なく多用。
☆革ウェストバッグ(白)手ぶら用。最低限の物を入れる時だけ。
☆トートバッグ(茶)ちょっとした用。お弁当や水筒入れとなったり、ちょっとした用足しの時に。

 相変わらず後はエコバッグとか図書館バッグなので数に入れてないですが、自分の理想としてはあとヘビロテ用をひとつに集約したくらいでちょっとはすっきりするかなぁ、と。
多分手ぶら用とか言う『手ぶら礼賛』をやめればすぐに半分くらいにはなりそうなのにね。(苦笑)
 まぁ、あれだけあったポーチ類はいまやすっきりしたので、カバンだってその内落ち着いていくはずです。

 少なくともようやく物の過不足なしラインが来たら、「ここだ!」と分かるようになってきました。
カバンはねー、まだ持て余してる感がするんだ。
 まぁ急ぐ事もないのでゆっくりいくわ。
良い匂い
 今年はもう肩を気遣ってベッドの配置変えをやめて夏配置のままなんですが、そのせいかベットの真横から良い匂いがします。
カーテンです。先日カーテンを洗ったのでカーテンから良い匂いが漂ってくるんです。(いや、そりゃ夏でも洗えば匂ってくるはずなんですが、エアコン暖房の風向き加減ですかね?)
うむ、柔軟剤の匂い…。
 服に匂いが付くのは、例え良い匂いと言われているものでも嫌いなんですが、タオルやらカーテンは良い匂いと感じるのね。
不思議。
 あれかなー、体臭と混ざると香水は変化しますって言うくらいだから、私の体臭と柔軟剤が合わんのだろうか。
それか外部からの匂い情報を鈍らせたくないから、匂いを極力身にまといたくないとか。(野生動物か。)
 このタイトルのくせに、体臭だの野生だの、獣臭い話になり終る。おかしい…。
カラス屋の双眼鏡

 おー、『カラスの教科書』の人かぁ!あれは面白かったからね。早速手に取る。

 今回もカラス愛に溢れるお話で、序文から興味津々、早々と吸い込まれました。
この人から見た他の『~屋』こと各ニッチでマイナーな一点突破の専門家達も、面白いくらいに自分の専門に詳しくて能力が高すぎる。
 今回はカラス始め、他の鳥や趣味の蛇など、色んな話を聞けて、果てはオカルト話まで?!
うーん、やっぱり楽しい文章です。書き手として上手いよ。