FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
缶詰めぎりぎり
 おっと、しばらくローリングストックを忘れがちだったせいで、非常用の缶詰の賞味期限が近づいてました。
…五日前に思い出すギリギリプレイ…。
 慌てて料理に使うわけですが、献立が考え物ですよね。(;'∀')
普通におつまみ的に食えって話なんですが、缶詰って大体自分が食べなれないものばかりなので、つい日和ってしまいます。
 今のところハズレのない缶詰はパンの缶詰だと思うわ。(苦笑)


アウシュヴィッツの歯科医

 この単語を聞いただけで、ナチスの事しか思いつかない地名なんですが…。
その通りユダヤ人強制収容所の話です。
 表紙も分かりやすく、歯医者―と言うのはナチス側の要員ではなく、収容された側のユダヤ人の語り手なんです。
正確には歯医者見習い。
 しかし過酷な戦況下の中では、見習いだろうが貴重な医師です。彼はろくな道具も知識もない中、経験だけで乱暴ながらも技術を身に着けていきます。
 けれど何より上記を聞いても覆されるイメージは、貴重な医者だからと言って彼がなんら優遇もされない『囚人』と言う身分である事です。

 そもそも収容される事からして理不尽なものですから、収容される前から始まる人種差別、国からだけでなく近隣住人からの手のひら返し、道行く見知らぬ人間からの罵りや暴力、収容される前から地獄は始まっています。
この地獄は果てる事を知らず、収容所の中でも気晴らしのために、或いはその意識すらないままの『当たり前の日常』の如く、鞭を振るわれ無抵抗に殺され…。
 今現在の私たちはすでにアウシュビッツが何であったかを知っているので内容は想像通りなのですが、当時、そこで何が行われていたのか、他国(自国の中でも)は知らずにいたわけです。話を聞いても信じられぬ様子。
 少しだけ思いもよらなかったのが彼らの『他国は何をしてるんだ?ここで何が起こっているのか知らないのか』と他国の参入が当たり前のようなセリフ。
…うーん、当時の情勢まで詳しくわからないからあれだけど、外国の人=助けてくれる人、だったんだろうか?
 所がその他国の人もユダヤ人を差別するという夢も希望もない現実。
(ここら辺、何がそんなにこの人種差別の感情を空き起こしたのかわからないんだけど、昔土地だの金だの取られただとか前の戦争を始めたのはお前らだとかなんだか??そういうセリフはありましたが。)
 それどころか同じユダヤ人でもどこの国のユダヤ人かでさらにカーストが…。(ユダヤ人ってそんなに各国に散らばっているのか。移民??)
 何にせよナチスはアーリア人こそ至高、です。
中にはナチスの中でさえ上のやり方に不満を持つ者はいましたから、出来る範囲での優しさを見せる者もいるのですが、戦争脳、選民脳になっている人間たちの勢いと権力が段違いなので、語り手の周囲でもバンバン知人は死に、自分も何度も死にかけます。

 一つ一つのエピソード自体は想像できるものですが、この本、とにかく記憶が細かい。
よくここまで事細かに覚えているなと言う描写と周囲の人間の動きやセリフ。
(この方、語る事で当時の悲劇を訴えている方なんですが、声を失う恐れがあって、本にするしかないとこの一冊に打ち込んだ。その熱意が詰まっている。)
 単純に何をされた、というよりもその合間の普段の日常や虐待そのものでない事柄の些細な描写が現実感ありすぎて、かえって拷問のシーンを強調しています。不思議…と言うか、体験談と言うものの圧倒的な凄みですね。
 それからこの状況下での彼らの信仰心の揺らぎも読みどころでした。同じく選民思想が宗教は宗教であるのですが、彼らの場合、自分たちが助かると言うよりは、神を信じる事が出来るという意味での選ばれた民と言う感じらしく、それが故の助けてくれない神に対する意義を死地でどう捉えたのか―ここら辺の語り手以外も含むユダヤ人の反応も興味深いものでした。

 戦争が終ってからの一幕もあり、始まる前から、終わった後まで、戦争と言うものの影響力、奪っていくものの悲惨さだけでなく多様さも解る本だと思います。
夏バテがひどい
 今年の暑さは、去年がちょっとマシなだけありまた随分と堪えます。
あまりにバテるもんだから、通院日すら気力体力がなく飛ばしてしまい、図書館も然り。
そして体力のある一時期にどっと(薬もらうために)病院巡り…と、またまた読む本がないという悪循環。OTL

この私が日々の掃除までさぼる始末。

うう…今年はもう体第一、熱中症を侮らず家では始終エアコンをつけ続けています。
(…外に出た時の差で余計に虚弱になる諸刃の剣ですが…。)
 早く秋になって、散歩とか健康な事をやりたいです。

 何よりひどいのが、最近の昼ごはんが

かき氷

と言うひどさ。
 小豆、みぞれ、金時、抹茶の氷菓から始まって、最近はラクトアイスにまで発展してきました。もうすぐもっと乳成分アップしてアイスクリームまでいく気がします。
 やべぇ、もうこれ夏バテじゃなくスイーツ方向にダメ路線だ。

 史上最悪にダメダメな夏なのでした。
ほんまにオレはアホやろか

 水木しげるさんの自伝。
あの人の少年時代は別の本で読んだのだけど、その後『ゲゲゲの鬼太郎』が世に出るまでの色々。
 しかしこの人、イライラと怒っている所が中々想像出来ないもんで、文中に『怒鳴った』とか書いてあってもピンとこない。
自分で自分をぼーっとしていて泰然としている風に書いてるから、何かそういう所とは対極に居るような気しかしない。
 それでいて貧乏どころか戦争中のラバウルでも現地人と馴染んで土地までもらえるという不思議な生活能力で、生命力が強すぎる。
 日本に帰ってきてからも極貧生活の中で、良く生き延びてるなぁ、と。(すでに片腕状態。)

 紙芝居絵師から貸本描き、漫画描きと。
描いても描いても給料すらもらえない事もある。
 そして『ハカバキタロー』と言う誰かが紙芝居でやってるのを真似て『墓場の鬼太郎』作ったとか、彼がオリジナルにしてからも他の誰かに盗られた(?)とか
まぁその頃のどさくさとは言え、鬼太郎が空手家だったり、紆余曲折が激しくて驚く。
 ちゃんちゃんこ着せたり、何よりネズミ男を出したり、妖怪ものにした功績が今の『鬼太郎』だから何も言えんが。

 ただ、鬼太郎が売れ出すあたりはすごくさらっとしか書いてない。食うや食わず時代の事がほとんどで、それも御大らしい自伝なのかなぁ、と。
こっちとしてはどういう経緯で売れたのかも知りたいんだけどね。

 さらっと完読。
フリーの猫カフェ
 人呼んで『姉の留守宅』。(おい)
じわじわと買い物や家事のついでに姉の留守宅(在宅時もあるが)に入り込み、飼い猫のくせに主人が抱いても抗議するという猫を懐柔させようと躍起になってます。
 行く度にレーザーポインターで遊び続け、最近この光は私が操ってるんじゃないか説に疑い持ちつつも、動き出すともう夢中ですぐに私の存在を忘れるこの猫。
移動すると追って来たり、くつろいでいると近づいては寝ころび腹を見せるくせに、手は体に近づけさせん小悪魔です。

 しかし今日はさんざん遊びで疲れさせ、光で誘っている内に誤魔化してタッチ。(するっ)
ベッドに追い詰め死角から手でナデナデ。(いにゃ~ん、と短く抗議の声。)
 果ては同じく触らせてもらえない母に隙を見せて捕まえられ、そのままよこされ抱っこしてちょいとナデナデ。(はっとしてダッシュで離れる。が、一定距離以上逃げない。)

ふふふふふ、とりあえず反撃をしないって優しいなぁ、こいつぅ★

いやならいやで『シャーッ!』とか『フゥーッ!』とか引っ掻くとかないのね。

 何と言うか割りとこの猫、私の前ではよく鳴きます。
子猫時代から私が鳴き真似をするといつも答えていましたし、猫語を解するとでも思っているのか。(一番最初に鳴き声真似た時はめちゃくちゃびっくりした様子で返事して凝視してた。)
 しかし長く鳴くとかうるさく鳴くのは一切なく、短く、消え入りそうなか細い声で『…にゃっ』とか『うぁん』とか。切っているというより前後がフェードアウトの空気音なんですよね。くっそ可愛い声で。
 とりあえず遊びの催促らしいのと、抗議の声は雰囲気でわかるが…。

 ―ここまでさせるくせに抱っこどころかナデナデも拒否とかどうしてなんでしょうねぇ…??構いすぎ?それは解るが、姉以外(姉ですら)基本触らせないってどういう事だろ。
(寂しい思いをしながら甥っ子が寝てる顔面に光を這わせ、猫が平気で踏みに行くのを見て、「いーなぁ…触ってもらえて…」とか思っている私。ひどい絵面。(笑))