元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
閉じた本

 あらすじを聞いた時に『ミザリー』かと思った。
 えーと、盲目になった小説家の元に青年助手が雇われたんだけど、どうも青年の動きが怪しい…と言うお話。
タイトルの妙にもやられたし、どういう展開かが気になって読んでみる。
 しかし最初の扉に書かれていた一文が、読み方によってはどんでん返しがお約束通り、みたいにも読めてまさかな、となる。

 そしていわゆるラストに向かうわけですが、えーと、想像通りやっぱりミザリーやん、過去の憎悪とか後出しすぎるしフェアじゃないなぁ~―と言う中からの、もう一丁どんでん返し。
 ―これだ、これがないと、ここで終わってたら駄作すぎると本当のラストに期待する。
のだが、…あー…まぁ、そんなに驚きがないというか。

 閉じた本、いやこの場合は原題の方がしっくりくるんだろうか?
 結局殺された盲目の小説家は字が書けましたってオチなんだけど、私は最初、盲目の小説家がインクなしで字を書いていて、青年から見たら真っ白なノートだから気が付かなかった、これぞ『閉じられた本』!と言うオチかと思いきや、普通にインクで書いてあって…。
 えー…単にこの日記が見つからなかったってだけ??え?と大層がっかりのオチ。

 途中、青年が明らかな嘘を盲目の小説家に世間のニュースや風景として教えるあたりはまだワクワクしたんだがなぁ。著作を奪うとか、別の世界を教え込んで何か企んでる、とか。
 ちょっとありきたりのお話で終わった気がします。残念。
花のお江戸ぐらし 現代っ子が体験!

 江戸のテーマパークに務める男女4人がいきなり江戸時代にタイムリープ。
そこではそれぞれがちゃんと肉体と記憶を持って別の人生を暮らしており、でも現代に帰りたい―。
と言う設定。
 まぁ短編連作なんで一話毎にちゃんと帰れます。(理由はない。)

 江戸の風俗と言うよりはストーリー性の方が強いかな。
主人公の高校生アルバイターの女の子が現代との違いに一喜一憂して江戸の事だけじゃなく生き方を学んでいく感じ。
 もぐらさんの真面目な話の時の漫画に近くて、ギャグは少な目。
何気に
 タンスを覗くと、並んだ下着の中、妙にくたびれた下着とそうじゃない下着がえらい両極端に見えました。…あら?同じ時期に入れ替えたのに、気に入ったやつばかり使ってたせいか?
 繊細と言うか柔すぎて爪に引っかかっただけでダメージが来まくるやつとか、同じサイズ表示でもメーカーによって合う合わないもあったし。(普通の服と違って下着って試着が面倒。)

 まぁ仕方ない。じゃあそろそろ買い替えちゃうかぁ??と調べてみると半年前にも同じ事してるな。(;'∀')
…うん、ボーナス時期やん??あと今回はハズレが多かっただけさ。
 と言うわけで三分の二くらい入れ替えたい所だが、そこまで気に入ったものがなかったので、粛々とちょっとだけ買い替える。

 タンスの中の断捨離を徹底してからは本当に物の新陳代謝が早いので、気分転換には最高だね。
言うても『失敗0の買い物』と言う達人域にはほど遠いけどさ。
おかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみた 

 もぐらさんのシリーズはたくさんあるけど、とりあえず適当に選んで読んでみた。
江戸シリーズが先にあるけど、まぁこれから。

 税の取り方や、官位を買う意味、果ては長男相続の話まで、脊髄反射で「不公平!」と思う様な制度も、実はきちんと考えられていたという話が良い。
例えばじゃあ長男でなく全子供に平等分配や、一番相応しい者に相続とか、シミュレーションしてみるとどえらい世界になるようで、これは怖いなぁ。

 考察もきちんとした専門家の監修でなく、ご本人が大量の参考文献を読んで漫画を描いているようで、え、凄くない??
絵もちょっとこなれてきた感じ(多分一番新作?)で、県民性漫画以外に、歴史ものもいけるのねぇと感心した一冊。
コスメの話②
 はい、ただ今の私の日常お気に入りスキンケア&コスメです。
スプレー水→日焼け止め→ベビーパウダー、リップ。以上。(*‘∀‘)ノアハハハハ

とうとう化粧水、ミネラルパウダーすら辞めやがった。

(化粧ちゃんとしないといけない日はファンデ&アイシャドウしますよ。)
 いやぁ、まず化粧水ですがね、そもそも拭き取り化粧水しかなかったんで保湿用ですらなかったんですが、洗顔は水で出来るんだからスプレー水でもいいよね?となりました。
 洗剤に触れたくない病のせいか、もはや風呂上がりでもお肌が突っ張る事などなし。
 更に家人が『米のとぎ汁』にはまり出してくれたおかげで私の洗髪洗顔も大体これで済むように。
なんか懐古派!!(なお、予想を超える洗浄力と言うか、連続でこれで髪を洗うとぎっちぎちになるので、湯シャンと組み合わせ+たまにトリートメントの組み合わせに落ち着いてます。)

 ―と言うわけで米と水と言う原点回帰により、ここからいきなり日焼け止め→ベビーパウダーで完成です。
うん、ルースパウダーは白くなるし、ミネラルパウダーやファンデはハンカチ汚れるし色合わせるの面倒だし、所がベビーパウダーは意外と白くもならず、色合わせなど必要なく十分すぎる能力を発揮してくれるんですね。
へぇ~。
 それになんと言ってももはやつけてないのと同じ軽さ!これが素敵すぎた。(*ノωノ)
日焼け止めだけだとテカるし化粧してないの丸わかりだけど、ベビーパウダーは化粧直しもなく一日テカりを抑えてくれるし、とりあえず何かフェイスパウダーくらいはしてるっぽい感が出るのでこりゃ楽だな、と。
 …おまけにあの缶のまま超お安く売ってるからコスパが最強すぎるわ、使い切れないわ…。
 ハンカチも汚れないし、夏はこれで十分だなと感じます。(なおカバー力は勿論ないので、化けたい人には不向き。)
夏はどうしたってカバー力より崩れ対策とかハンカチの汚れ対策が先に立ちますからね。
(落ちる化粧がないと化粧崩れと無縁で快適なのです。崩れた化粧とすっぴんとだったら、すっぴんの方がマシだもんね?)
 早く夏、終われ~。